「日式」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日式とは

2017-03-19

国産なんて今はもうないよ、そうあの人はいった。今となっては何もかもが中国製で、国産メリットもない。

海外増田の増え過ぎで増田には日本語はなくなってしまった。スパム制限が緩和されたおかげで記事中国語しか無い。

はてなリソースベータ版である増田が一番であり、それを認めないままはてなトップページの9割がベータ増田と化した。

中国語タイトル中国語格差問題中国語ラーメン批判中国語の嘘記事日式増田とでも書こうものならトラバで即煽られる始末だ。

こうした顛末はてなは自ら望んだ。なぜなら国内増田はすべておじいさん、おばあさんになってしまったのだから

足りない人員はほかから引っ張ってくるしかない。はてなメインコンテンツが他ならぬ中華増田である以上だ。

ある時JKと名乗る人物煽り気味の記事を書いた。自分記憶が正しいならば、あれはもう50年も前のことだったはず。

まりJK中の人は婆さんであり、おそらくJKではない。

自分ばかりか周囲の中国人すら煽らないJKは奔放に振る舞ったが、日がたつにつれてJK老師と呼ばれるようになっていった。

それはかつて有名なAV女優中国圏にて人気を博したことと似ていた。

JK老師、と呼ばれたおかしな語感はそのまま拡散してゆきJK老師伝説となった。

自分嫉妬した。JK老師は日文を書きながら中文文化にてブレイクを起こすことに成功したのだ。

日本サイトであるはてな日本人である自分が何も書けなかったのに、彼女はそのままの姿で認められている。

そういえば、このPCは何年前のものだろうとふと関係のない出来事が頭をかすめた。

玄関にはラブレターが詰め込まれ、目の前には白骨死体があった。

自分は浮遊しているようにも感じたし、PCはずっと動いていないようにも思えた。

あれはしかし、現実ではなかったのか。目の前のディスプレイ特にちらつきもせず60Hzの増田を映し続けている。

自分」の記憶は少々まだらだ。たくさんの増田が冷たい天井から透けて見える。

そう言えば自分JK老師だった、と思った瞬間に何かが変わり、日式記事に目をやった。

JKは「私」が眠っているときに顔を出し、JKが眠っているときに私は顔を出し、JKも私もいない時は白骨死体記事を書いている。

そうじゃないとほら、こんなに大量の中文、一体誰が書くんだい?

2014-01-30

愛国心とは・・・

どっかで聞いた話だけども。

アメリカ人愛国心とは、合衆国市民とのあいだで交わされている契約にもとづいた国家運営システム、それを市民ひとりひとりが主体的に動かしていることへの誇りだという。自分らの手ですばらしき国をつくっておるのだーーっていう職人めいたプライドだ。それなら余人でもまあ理解はできるでしょう。それは住んでいる土地への郷土愛ではなくてアメリカ合衆国という共同体システムへの愛だ。日本のそれとは感覚がちがうのも道理です。

日本国における愛国心とは、日本という国、ならびに世界一歴史をもつ天皇家を、ひたすらひたすら盲信していく姿勢です。はじめに愛ありきなんすよね。愛せねばならない、とまで言いかねん。「なんで?なんで愛さないといけないの?」っていう疑問にたいする答えが、はたして納得できるものであった試しがありましょうか。愛国心なんてモダンなことばで着飾ってはいるけどもうほとんど信仰であるように見える。てか神道だわ、まさしく。

かように、日式愛国心とはもはや宗教なんで合理的説明ができない。愛国者たちは必死こいて屁理屈こねるかもしれないが、煮詰めてしまえば「愛国行為のものが尊い。黙らっさい」という態度である日本人ならなにがなんでも絶対国を愛せねばならないとすら思ってる。自民党改憲案に実際そう書いているし。公明党創価学会だが自民党国家神道じゃねーか、笑えねえ……。おまけにその体現者が今の首相だと思うと比較的死にたくなる。マジであいつどうにかしろよ。

生まれた場所を愛するという人間ならだれもが持ちうる当たり前の感覚、それは愛国心じゃなくて郷土愛国家というシステム郷土という場所とを混同して考えるからどんどん意味不明な方向に暴走ちゃうのをもっと自覚的になってほしいなっておもいます郷土永遠だが、国家とはたんなる組織やで。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん