「何度」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 何度とは

2011-06-05

出戻り臨職は愚痴るし自虐する

2年前、新卒の時にさ、恥ずかしながらどこにも内定がなかったから、市役所の臨時職員になった。

あっぱらぱーな性格だもんだからほとんどなーんにもせずに任期終了、晴れて無職新年度突入

色んなところに面接に行ったけど、世の中職歴がないヤツには厳しい。当然か。

ぬるぬるーの市役所の、しかも臨職なんて職歴になるはずがなく、最終学歴は三流大。

でも働かなくちゃいけないから、何度面接に行ったけど、30社くらい受けて心が折れた。

本当は100社くらい受けてから折るべきだよねー。でもメンタル弱いんだ、すまんすまん。

どこぞの公社さまには、「君の受け応えはマニュアル通りでつまらん!」って言われてさー、涙出るくらい悔しかった。

絶対受かっただろう!って確信したところから1日後に履歴書が帰ってきたときは、泣き笑ったよ。

心折れた、でも働き口は見つからない。だから派遣会社の門を叩いた。

みんな派遣を非難するけど、ある程度の能力があれば誰かれ構わず雇ってくれるから、私にはとっても有難かった。

社会歯車になれるって嬉しい。……この気持ちが分からない人はたぶん幸せなんだろうな、と勝手に思う。

だけど雇われた先が問題でさ、説明不十分なのに質問すると「前に教えたじゃないですかー!」って言って怒る上司がいた。

まあこの件については前にも増田に書いたので、この文脈だけで分かる人がいるかもしれない。

あれから意地になって仕事覚えて、大きい案件も任せられるようになった。すぐ怒る人も含め、上司の信頼も得られたよ。

正社員並の待遇与えられる寸前までいった。話も進んでいた。

だけど、派遣先のトップがそんなこと出来ないって鶴の一声出しちゃって、なくなったけれど。

そんな折に、市役所さんから「また働いてみない?」って声を掛けられたので、ホイホイ受けてしまった。

臨時と言え、その時働いていた派遣先よりいい条件だったし。

役所の人って、人を使うのに慣れているなって思う。

それっくらいのこと、人の手使わずにお前がしろよ!と内心で叫ぶこと数回。

例えばプリンタの紙がなくなったとか、ゴミを捨てないとか。

そういうところに気を使ってお仕事しておまんま食べてる私ですので、文句は言えません。

私の本来の仕事も(ルーチンワーク)、全く難しくないし、時間も掛からいから、手の空いてる誰かがやればいいと思う。

毎年臨時職員がやっている仕事だけど、正直この作業に月15万円払う必要性は感じられない。

財源不足というけれど、それならここから削るべき。それで仕事をしている私ですので、文句は言えませんが。

この1、2年ですっかりネガティブな思考になったので、人の言葉もすっかり捻くれて捉えるようになった。

Aさんなら民間で十分働けるって、散々落ちまくった私に対する皮肉か。それとも早くここから出ていけってか?

この前の飲み会、前任者のBさんが来ていたけれど、来年戻って来てよ、なんて言っている様子を見ると、要らないって言われているような気がするよ。

ひとつ下の正職員の女の子がいて、その子が研修云々と言っていたり、笑っていたりすると、私にもこういう道があったのかも、と僻みに近いことを考えるけれど、どうにもならないので黙っている。

ただ今の状況を素直に受け入れて、それからどうにかするしかない。何をどうしたらいいか、分からないけれど。

 

何を技能を付ければいいのだと思う。それか、まだ年齢要件は満たしているから、公務員を目指すとか。

だけど、私の中には、何よりにも先立って諦めがある。もうどうにもならない、私には何もないという、諦め。

それを口にすると、そんなことない、という言葉が返ってくる。それは嬉しい

甘い返事を期待しているから、諦めの言葉を周りに漏らしているのかもしれない。その点に関して、私は最低の人間だと思う。

だけど、いくら他人がどうにかなる、とか、通用する、という言葉を掛けてくれたとしても、

それは違う、そんなの全く事実じゃない、と、私はいつもその優しさを否定する。

たぶん、私は、誰かに否定して欲しいのだと思う。

最近の私は、いつも自身を否定している。何もない、何も出来ない、空っぽ人間。それが私。

正職員の人たちと比べちゃいけない。だけど比べて、改めて何もない人間だと悟る。

それはとても辛く苦しいことだが、それをしなければ自分立ち位置が確認出来ない。

自分を否定した先で、自分がどうしたいのか、私自身分かっていないのだと思う。

諦めを口にして、諦めたまま楽に底辺で生きていくのか、それともネガティブな思考をバネにして這い上がろうとするのか。

どっちがいいんだろうね。分からんまま終わる。

ヤンキー」の定義分からん

既に情報源が古い気もするが、「ヤンキー文化」について触れているような記事を何度か見たことがある。

地元志向」とか「身の丈にあった生活」とかをピックアップして触れたような内容である

で、自分と照らし合わせてみた。「地元志向」とか「身の丈にあった生活」とかいう考え方には当てはまると思う。

ではヤンキーかといわれると、自分学生時代はそのイメージとはかけ離れていた。

別に優等生はないが、そこそこの真面目キャラを演じ、校則は守るほうだったので、おそらく先生からも悪い印象はもたれてなかっただろう。どっちかというとオタクっぽく見えるが、実際はそこまでないというタイプともいえる。

自分長男で、地域の繋がりや家族も大事にするもんだと思って育ってきたので、ずっとここで暮らしていくというのが大前提だった。

大学は県外に進学したものの、運良く地元就職を決め、Uターンし現在に至る。

前述の通りいわゆるオタクとも違い、テレビネットで自宅での娯楽には困らないという感覚たま友達とも会うとき、昼なら中学高校の頃からの馴染みの店かファミレス、夜なら居酒屋仕事の関係で専門的な本が必要なとき都市部書店に行くかネットで買うかになるが、他の買い物は地元で十分という感覚。車は移動手段という感覚。基本趣味に金はかけないというより、趣味は何かと聞かれてもわからない。

さて、ちょっと前の同窓会でのこと。

いわゆる典型的ヤンキー上がりの奴を見ながら一人が「あいつ、一生この町から出ていけないタイプだろうな」という趣旨の発言。

非常に違和感があった。この発言の背景に、どういう前提があるのだろうかと、問い詰めたくて仕方なかった。(勿論やめておいたが)

ついでに、自分はどう見られているのかも気になった。

で、そのときに丁度、前述の「ヤンキー文化」の話を思い出して、こう思ったのである

「そもそも、ヤンキー定義って何ですか?」

2011-06-04

http://anond.hatelabo.jp/20110604152000

おれは記事を消したりする習慣はないから、何度も書いていると思うならそのURLを指摘してくれ。

http://anond.hatelabo.jp/20110604151612

何度同じことを書いているのだろうか・・・

http://anond.hatelabo.jp/20110604113237

太陽電池disるのはいいが、なぜそこでバイオマスや藻油に期待するのか。

バイオマスなんてあんた、バイオマス研究会自体が「農業分野のエネルギー自給率を上げられればいいね」と言っている程度の資源量だぞ。

藻油はまだそういう藻類が発見されましたという段階。http://anond.hatelabo.jp/20110604121610も突っ込んでいるが、藻から油をとったほうがエネルギー効率が上というのもちょっとありえないことに思える。太陽電池の製造にかかったエネルギーと生涯生産電気量を、藻を生育させるのにかかった時間と得られる熱量と比較しているのだろうか。

では、資源量が多く、効率がよくてすぐにでも実用可能な発電方法はないのか。

ありますそうです石炭IGCCです。火力発電としては2番目に効率のいい新しい発電様式です

おれ増田何度石炭IGCC押してるんだけど、誰一人として反応しないのな。

床屋で散髪される時の小テクニック

髪の毛が伸びてボサボサになってきたら髪の毛を切りに行こう。

しかし、世の中には切ったばかりの髪の毛が自分に似合わない状態に憂う人も多いはずだ。

また、散髪中の何気ない雑談が鬱陶しいという人もいるだろう。

そこで今回はちょっとしたテクニックをメモしようと思う。テクニックといっても簡単だ。

美容師に「今日はどうされますか」と訊かれたらこう答えれば良い。

証明写真を撮るので普通髪型にしてください」

余程変な美容師でない限り、それなりにフォーマル髪型にしてくれるはずだ。

それに、何度もこの手を使っていれば「ああ、この人今のご時勢で職探し大変なんだな」と思われる。

意図的に気まずい空間を作り出して相手からの話をシャットダウンできるという寸法。

ただ、これだけでは完璧はない。

パスポート取るんですか?」などと見当違いな事を訊かれたりする可能性を完全に排除できないからだ。

他の増田も良いアイディアがあったら教えてほしい。以上。

http://anond.hatelabo.jp/20110604014616

からさあ,

そんなこと誰でもわかってるって言ってんだろ何度も言わせんな


お前は人生に直結するってわかってたら死ぬほど勉強努力”だけ”して東大行くのか?飯も食うだろ恋愛もする部活もするだらうが。

マクロで考えりゃそうだが、人間もっとミクロな生活の積み重ねだろ、お前の言ってることは貴族ニートロボット理想論だって言ってんの


人間生きてる時間限られてんだ。いろいろ他にもやることあるだろうが、選挙よりも近くのわけわからん原発よりも、人事異動とか家庭内のごたごたとか親戚のなんたらがあるだろう。

それより、毎日仕事して飯作って洗濯して、どこにそんな多大な努力とやらをする余裕がある?


そういう多大な努力マスコミとか政治家とか官僚とか東電とか東芝とかで分担してんじゃねーか、だから国民自分の役割見つけてそれに没頭して、他の分野は専門家のこと信じて与えられた選択肢から選んでるんだろ?

役割を怠った奴に文句を言って何が悪いんだよ、今役割を果たしてないのは政治家だろ、東電だろ。歯車が止まった時に文句を言うのがあるべき姿じゃねーか。

お前の言ってることはおままごとなんだよ、ガキならガキで考えてもっとましな言葉を吐け

2011-06-03

http://anond.hatelabo.jp/20110603101456

生まれる子供性差が偏ってる(女児が生まれると親がさっさと売り飛ばしてしまう)ケースが中国社会問題になってるって報道中国内外のメディアが報じてるのを何度か見かけるんだが。

で、当然だが周囲は男ばかりになってしまって、結婚する女性がいないもんだから人身売買に手を出した都市部から若い女性(少女)を拉致ったりするケースも多々あるらしい

よく分からんのなら以下を開いてみ。

その事実に気がついたのがあまりにも唐突かつ脈絡の無いことだったので、わたしは心底びっくりした

夜中に一人でテレビを見ていた最中のことだった。マグカップに紅茶を満たして、いやにCMが挟まれるアクション映画を眺めていたわたしは、ふいにわたしという内実が空虚であることを悟った。

それはもう天啓というか、ピンと光り輝く雫が頭の上に垂れてきたような発見であり、驚愕に眼を見張るだとか愕然のあまり硬直してしまうなんていう身体的反応をも許さず、呆れんばかりの正当性でもってわたしの身に降り掛かった。否定することも拒否することも叶わない。ただひたすらに、ああそうなんだ、と納得することしかできなかった。

わたしという人間は、その精神の底に到底見過ごすことのできない黒穴を孕んでいる。穴は、いわば吸引力を持たないブラックホールのようなもので、わたしが見たり聞いたり触れたりして得た感動なり情動をするすると呑みこんでいってしまっている。

思い返せば、わたしは誰かからよく冷めやすい性格をしているよね言われたことが多かった。マグカップをサイドテーブルに置いて記憶の糸を手繰り寄せてみると、出るわ出るわ、級友や部活友達先生サークルの仲間、同僚や上司からも、冷めやすい性格であることを示唆する言葉をたいへん多く頂戴していた。

家族からも頻繁に言われていたくらいだった。ぼんやり映画を眺めながら、わたしはわたしの中にぽっかり開いた黒穴を意識してみる。

膨らみを持った円筒形のわたしの底に、黒い点がちょこんと穿たれているようなイメージ。上の方から注ぎ込まれたたくさんの感情は、円筒形のわたしに認識されながら、やがて黒穴へと近づいていく。ぎゅーっと引き伸ばされるように圧縮されて、底の見えない穴の中へと落ちていく。

なるほど。確かにそういうことになっている。それは紛れもない事実だった。確認はできないけれど、わたしはどうしようもなく確信してしまったのだ。気付かされて、受け止めてしまった。わたしの中にはびっくりするくらい何でも呑み込む黒い穴が存在している。

わたしは、助け出したヒロインを目の前で殺されてしまった主人公をぼんやり見やりながらふと、黒い穴に落っこちた感動や情動はどこへ行ってしまったのだろうなあと思った。わたしの中にある黒穴に落ちたのだから、当然わたしの中にまだ残っていてもいいような気がするのだけれど、なんとなくそれは間違いであるような気がしてならない。

なにせわたしには、受け取ったはずの感動を絶対的に手放してしまっているという実感があったのだ。いや、実感などというあやふやな判断で論じなくてもいい。事実として構造上わたしはそれらのものを汲み取ることができていないのだった。

記憶として、あるいは思い出としてならば、確かに追想することは可能である感傷に浸ることだってできる。身悶えするようなこともいくつかは経験してきたのだから、そう言った記憶を思い返すことなら、わたしにだってきっとできる。たぶん絶対にできる。

でも、追体験だけは絶望的に不可能だ。わたしはその時その時で落ちゆく感動を確かに観測してはいたものの、それがいったいどのような感動なのか、どのような実像を持つ『もの』であるかを、記録すること以外に汲み取ることができなかった。いつどんな時であっても、わたしは落ちゆくものどもについて、実体があるものとして肉体的精神感覚で感じ取ることができなかった。

つまるところ、それらの経験はただただわたしの前を通りすぎていっただけで、最終的に穴に落っこちたのだ。その先のことは全くわからない。どうなってしまったのかなんて今まで考えたこともなかった。

どうしてなのだろう。どうして穴の奥のことがわからないのだろう。考えて、わたしは黒穴の底を覗き込んでみようと意識を傾ける。わたしの中にある黒穴。きっと見つかると信じていた。目の前の画面では派手な爆発が断続的に生じている。誰かが大声で叫び声を上げている。紅茶は半分ほど飲んでしまっていた。結局黒穴の底はちっとも見通せなかった。

不思議なものだ。少し疲れたわたしは眼を閉じて深く息をついた。それからもう一度、不思議なものだと思い直す。わたしの中にあるはずの黒穴は、わたしではないどこかへとその穴をつなげているのである。その精神構造上の不可思議さが奇妙だった。わたしはわたしとして今ここにいるはずなのに、そのわたしの中にわたしではないどこかへとつながる穴が開いている。わたしはわたしであるはずなのに、同時にわたしでない何か、あるいはどこかを内包している。受け皿としてわたしは、決してその穴の行く末を確認できず、ただただ呆然とすることしかできないのである

すごいな。素直に感心した。わたしとわたしの中にあるわたしじゃない黒穴との間に生まれた関係性にひれ伏さんばかりに感心してしまった。不思議なことがあるものだ。三度そう思ってわたしは紅茶をすする。ずるずるずるずると。たいへん美味しく頂く。上手に淹れられたのだ。少なくなっていくのが惜しいくらいだった。空になってからも、寂しい気がして紅茶を吸い込み続けた。どんどんどんどん、吸い込み続けた。するとマグカップが、マグカップを持っていたわたしの手のひらがきゅーっと引き伸ばされて口の中に流れこんできた。音もなくわたしはわたしの身体を呑み込んでいく。するするするすると呑み下していく。右手を、肘を、肩を。喉は一度も嚥下していない。それでも勢い良くずずずと呑みこんで、右胸を下半身を、左脇腹を胃を肺腑を心臓を左腕を両耳を頭蓋を眦を鼻頭を、どんどんと口の中に含んでいく。

ついには口まできゅるるんと吸い込まれて、わたしはわたしの中にあった黒穴になる。黒穴がわたしで、わたしは黒穴の中にありながらまたその中に黒穴を抱いており、何度何度も吸い込み吸い込まれていくことを繰り返している。

わたしという内実は空虚なのだ。

一際大きな爆発音と閃光がテレビから発せられた。はっとして我に返る。いつの間にかマグカップを手にしてぼんやりしてしまっていたようだった。

映画の中で助けだしたヒロインを主人公が抱きしめている。この先彼女は殺されるのだっけ。思ってぼんやり見ていたけれど、結局最後までヒロインは死ぬようなことはなく、悪役は倒されて幸せエンディングを迎えることができた。

チープな物語あんまり面白くなかった、と感想を抱きながら、淹れてから一度も口に付けなかった紅茶を飲もうとマグカップに手を伸ばした

同時にほとんどマグカップが空であることに気がついた。

ほんのりと温もりを宿した陶器の底には、飲み干した紅茶が少しだけ残っていた。

2011-06-02

http://anond.hatelabo.jp/20110602110219

ちょっと待て

お前が言ってるのはまさかアイマス2じゃあねえだろうな?

あれに対するファン達の批判を

「やってない奴が叩いてるだけで本当は良作」だの

メーカーに非がないのに叩かれてた」だのにしたがる奴が何度何度もわいて出るが

きちんとこれまで金も落としてきて2も実際にプレイした人間の声を無視すんじゃねーよ

そんな気の毒な八百屋さんと全然違うだろ。




って言うかこういうインチキ書く奴の話だと

パイナップルの話自体怪しいもんだ。

本当にそんな、理由も無く突然叩かれてつぶれたのか?

本当にニーズのあるものならなんで沖縄で作られなくなってたんだよ?

リバイバル当て込みの思いつきなんかで、店がつぶれるほど仕入れるその八百屋はなんか変じゃねーか?




だいたいそんな、

「10年ぶりにちょっと食ってみっか」「やっぱこれ違うわ」なんかと

アイマスシーンを一緒にしてるのからしておかしいだろ。

たくさんのコアなファンが現役で!イベントにもついて回って、2を心待ちにしてたんだぞ!

「なんとなくリバイバルしてー」「久しぶりに食ったら期待と違うからもういいー」なんてボンヤリしたファンなんか一人もいねーんだよ!

から2に期待して!2に情熱信仰も金も捧げつくす準備は出来てただろ!(それもしらねえか)




ファンが嫌がるだろうことをわかっていながら独りよがりの改変をしまくって

ファンの気持ちを重視って言いながら癇に障るようなことをしまくって。

ファンをなめてるかファンを軽蔑してるかファンを嫌悪してただけだろあんなもんは。

製作プロデューサーや一部スタッフビジネスサービス自己実現を混同したんだよ。




果物の例で言うなら

八百屋パイナップル勝手に変な味の煮付けにして

「私の工夫で画期的においしくなりました」って言いながら売ったようなもんだ。

パイナップル食べたかった人間が買うかそんなもん。

http://anond.hatelabo.jp/20110601223156

いや、あんた偉いよ!!

そうなんだよね、少しでも加害者になる可能性が低くなる手段があるならそっちを選ぶべきだって思う。

私もドライバー歴15年で対人事故はないけど、それは単に今まで無かったってだけでそれ以上の意味はなく、今後の絶対の保障があるわけじゃない。っていうか、壁とかなら何度か擦ってるしw(笑えない)

でもバックモニター付けて笑われるって状況も理解できる。男の人は見栄があるからしょうがないけど、女の人、特に小さい子どものいる人だったらすごく評価されると思うよー。あんまフォローになってない?ゴメンw

2011-06-01

次の仕事もよく考えていないのに今の仕事が嫌だから辞める、みたいなことを個人レベルでやったら非難轟々だけど、国民レベルでは何度何度も繰り返していて、ふしぎ

ファン心理なんてあっけないものから、些細なきっかけでファンを止めてしまうことだってある。

今までも何度もあった。



からこそ、好きでいられる間はめいっぱい好きでいようと思う。

2011-05-30

http://anond.hatelabo.jp/20110530200955

いっそ鬱陶しい嫁だから来るなと思ってくれたほうがいいんですがね。

2度ほど、本当に仕事で行けなかったので旦那だけ行かせたことがあるんですが、「嫁ちゃんに嫌われてるのかしら」と気にしている感じで、「2人でおいで」と何度も言われ、結局行かざるをえない状況になります。いろいろ気を使ってくれ、いらないと言ってもお小遣いをくれようとしたり、すごく仲良くしようと気を使ってくれているのがわかります

いい人ですが、鬱陶しいものは鬱陶しいです

2011-05-28

ロースクールとか。

法学部に入って、適当伊藤塾とか辰巳とか行って、

そんで既習でも未習でもいいか適当ロースクール入って、

司法試験受かって弁護士にでもなろうかな」

そんな風に考えてる法学部生って結構いるんじゃないかなーと思う。

少なくとも俺はそう考えていた。それで実際そうした

学部時代は目立った勉強もせず、予備校も結局行かず。

既習で受ける勇気も無いから未習で取り合えずロー入って。

入ったらなんとかなるかなーみたいな。

純粋未習ですら受かる余地あるんだしなんとかなるんじゃねーみたいな。

甘かった。

本当に考えが甘かった。

お陰で今は怠惰に過ごした四年間のツケを払い続ける毎日である

から、もしかしたいるかもしれない

俺と同じようなことを考えている法学部生に、

理想とは程遠いが実行可能な範囲で最悪の事態を回避できる方法を

ここに書いておこうと思う。

予備校は行かなくて良い。

一番最初に書いたようなことを考えてる奴は俺と同じく

甘ちゃんで根性なしの糞野郎なので、予備校入ってもどーせ行かなくなる。

俺の周りの、結構勉強とか真面目にする奴でもそうだった。

から行かなくて良い。実際、ロー入ってみれば分かるけど

大学受験とかと比べて予備校重要性は、実はそんなに高くない。

勿論、全く必要ないわけじゃないけど必要になるタイミングとかが

違うので、すっごいやる気があるとかじゃなければ学部時代に行く必要はない。

■授業の復習。

まずはこれが一番大事。ほんっとーに。基本だけどマジで

大学の授業とか意味ねーし」みたいなこと言う人いるけど

少なくとも司法試験においては嘘だと思って良い。

大学の授業すっげー役立つ。まじで。現に今俺が実感してる。

四年間やらなかった俺が言うのも説得力ないけど

本当に授業の復習は授業受ける度に毎回やったほうがいい。

一科目30分で良い。それだけでマジで違うから

やることは、先生が大事だって言ったとこを覚える。

あとは定義、条文の趣旨規範判例に書いてある「~~とすべきである

「~~とするのが相当である」とかそんな感じの、理由とか書いてあるとこ)。

これを30分で出来る範囲でいいからやっておこう。

試験対策にもなるし、後々にも繋がるからマジでおすすめ

辰巳の肢別。

いわゆる短答対策に使われる参考書だけど、これをやるといい。

でも普段はやらなくていいよ。どーせやる気ないだろうし、飲み会とか

サークル活動とかで忙しいでしょ? だから授業あるときは復習だけでいい。

やるのは長期休暇。長期休暇で、しかも予定がなくて家で一日ごろごろしてる日。

それだけでいいから、辰巳の肢別をやる。それで、解説に書いてあることを理解する。

理解できなかったら教科書(授業で買わされた奴で良い)を読んで理解する。

欲を言えば、そこで挙がってた判例判例百選に掲載されてる奴だったら、それも読む。

終わったら勿論同じ場所何度も繰り返して読み直す。

■残りの時間は遊び倒す。


授業の復習、肢別、判例百選。

これだけを、しかしこれを充分に行って四年間過ごした

それだけで確実に必要な基礎知識がついてる。

ほんとーにこれだけでいいんだよ。これでも多いって思うかもしれないけど、

ローに入ってからする勉強量と比べたらこれを学部時代にやってるだけで

難易度が天と地ほど違う。

これをサボらず出来たら、未習コースでモラトリアム延長しつつ

そこそこ遊びながら司法試験ストレートで受かる、なんていう

理想的なコースだって多分狙える。本当に。

から、「なんとなくローに行こうかなって考えてる法学部生」よ。

遊んで良いから、授業の復習だけちゃんとやろう。

した青春犠牲にしないで良い人生歩めるから

それだけ。



■書き忘れ

最初に「理想とは程遠いけど~」って言ってるのに最後には「理想のコース狙える」

なんて言ってて矛盾してるんじゃねえのかって思うかもしれないけど、

それは「毎授業復習することが実際すっごいめんどくさいからどうせちゃんとはやらない」

ということも含めて「理想とは程遠いけど~」という表現した

書いてあることを忠実にやれればロースクール入ってからも上位キープできるよ。

ロースクール学生も、半分くらいはちゃんと勉強してない人たちばかりだから

アナウンサーになる夢を諦められない女友達

会社帰りの21時過ぎに不意に携帯が鳴る。

「ちょっと、お願いしたいことがあるんだけど……」

電話の主はA子だった。大学時代女友達で、同い年の社会人2年目。

彼女舞台装置イベントホールを運営するテレビ関連の小会社で働いている。

「あのね、映像を作ってほしいの」

「何に使うの?」

自己PRムービー。××放送に出そうと思って」

「あー。転職すんの? つか、そんなクオリティー高いものを俺は作れないよ?」

大丈夫。尺は短いし、切り貼りしてつなげるだけでいいから。家のパソコンが壊れちゃったの」

「なんだか気が乗らないなぁ……」と思いつつも、

とりあえず、彼女は作業のために家に来ることになった。。




A子は仕事が終わってから、××県アンテナショップに赴きリポートを撮ってきたそうだ。

と言っても、テレビ番組のように大層なものではない。

デジカメ映像モードを使い、アンテナショップの様子と店員にインタビューをしている映像だけ。

本人が映っているものは皆無。A子が撮ったので、手ぶれがひどくお粗末と言わざるを得なかった。

「全部で10分ぐらいあるから、これを切ってつなげて計3分にまとめてほしいの」

彼女は言う。どうやら、この使えない素材を編集して、自己PRムービーにしてほしいとのことのようだ。

××放送のアナウンサー中途採用課題しい

「これ、音声入ってる部分あるけど、音はどうすんの?」

「あとからアテレコすればいいじゃん」

「……わかった。んで、構成は?」

「ちょっと待って、今考えるから

村上春樹のごとく「やれやれ」とつぶやきたい状況ってのはこういうことをいうんだろう。

10分ぐらいの映像素材があっても、半分ぐらいは意味のない絵で雑談をしている話しかなかった。

その部分を使うのはさすがにダメだろう。

結局、××県の米についてかなり時間を割いて聞いているので、それを軸に構成を建てるしかない。

それを彼女に伝えると

「××県は果物が有名だから、そっちがよかったなぁ……」

なんて、ぬかしやがる。「じゃあ、ちゃんとリポートしてこいよ」と心のなかで思いつつ、口には出せなかった。

「ちなみにさ、嫌な予感がするんだけど……。一応聞くね。これ締め切りいつよ?」

「えっとー、明日のお昼まで?」

「やっぱりね……。今夜中に作んなきゃいけないってことかよ」

「えへへ。ごめんごめん」

昔っから彼女は、思いつきで行動する。

多分、××県のアンテナショップインタビューに言ったのも思いつき、

ムービー構成したって行き当たりばったりの思いつきで作る。

しかも、ギリギリ時間がないなかで……だ。

「本気で転職したいんだったら、もっと事前に準備しておけよ」と突っ込みを入れたくなるが、言わなかった。




「そいえばさ、なんで転職しようと思ったわけ? アナウンサーなら就活でさんざん受けたじゃん?」

と、インタビュー映像を切り分けながら、A子に聞いてみる。

もともとA子はアナウンサー志望。容姿もそこそこ悪くはない。

ただし、素人目に見ても決定的に才能はなかった。

滑舌が悪く、インタビュー素材でも何度も噛んでいるし、

機転がきいて面白いことを言えるわけでもない。

A子は、留年までして2年も就活したけれど、キー局はもちろん、地方局にもまったく引っかからかった。

それでも、「テレビ仕事したいから」と、今の会社でつまらなさそうに働いている。

「B子がさぁ……。医学部に受かったじゃん。夢って諦めなければ叶うんだなって……」

B子も共通の友人で僕らと同い年。

1度は大学を出て働いていたけれど、一念発起してもう一度医学部受験して受かったのだ。

医学部に入るのとアナウンサーになるのは違うと思うよ」という言葉を飲み込みつつ、

ただ僕は「そっか……」としか言えなかった。

もう、彼女のなかで『アナウンサー』という職業は憧れて憧れて仕方ない存在なんだろう。

というよりかは、きっと彼女はなまじ容姿がいい分、

アナウンサーになってチヤホヤされる自分」というものに憧れている節がある気がする。

叱られることなく叱咤されることなく、生きてきたようだし。

でも、努力をし続ければいつか叶うというのは幻想だ。

24歳にもなって恥ずかしいと思わないのか。

いや、そんなこと微塵も思わないからこそ、あれだけ下手なインタビューでも

映像作って」と俺のところに持ってこれるんだろう……。

いつになったら、彼女の鼻っ柱は折れるのだろうか。

もう彼女24歳。

挫折は早ければ早いほどいいと思うのだけれど。

それに、諦めることから見える景色もあると思うのにな。

そんなことを思いながらも、「きっとA子は聞く耳などもつまい」と何も言えなかった。




追加でいくつか映像素材を撮り、切り貼りし、アテレコも終えて、

映像が完成した頃には、空は明るくなりつつあった。

「私はい友達を持ったなぁ。これで通ったらあんたのおかげだよ、本当」

と言いながらA子は帰って行った。

あれから、2週間。

選考を通過したという連絡はまだない。

2011-05-25

怒りと苛立ちを言葉に込めて殴りかかるように吐き散らしあう。それは意味あることなのか。そうあるべきか。

言うべきことをどう伝えるか。言いたいことをどう伝えるか。悩ましい。殴り合って友情を生むのも良い。だが俺の言葉は友情を生む殴打になっているのか。

ただ息の根を止めるように、仕留めるためだけに吐いてはいいか。殴り飛ばし、己のために怒る。意味はあるか。

誰かのためを思ってのものか。よりよくするために、よりよくあるために拳を握っているか。殴打の痛みに価値はあるのか。

殴るのはよくないことだ。まずそう教わることだろう。一転して、殴り合いも良いものだと教わる。どちらも理解できる。

臨機応変に殴らなかったり殴ったりしなくちゃいけないのだ。苦労する。人間は難儀だ。



今日も殴るべきか殴らざるべきか逡巡した何度した。悩んだ。そして殴らずに終わった。拳は握られたま明日へ持ち越される。

これまで殴ったり殴らなかったりで後悔した。どちらにしても後悔した。殴らないと心地が悪い。しかし殴っても拳が痛い。相手も痛い。

どこまでいっても疲れる。そんなものさと言われれば言うことも特にない。ただ苛立ちは募る。拳も握る。歯を食いしばって逡巡する。

そして壁を殴る。隣人に殴り返されてまた今日を終える。難儀すぎる。

2011-05-22

あたしで勃つ人ならそれでいい

話が合わなくてもいい

人として尊敬できなくてもいい

安定収入が無くてもいい

あたしで勃つ人ならそれでいい

一度だけじゃなくて何度もあたしで勃つ人

美人の嫁をもつ友達が羨ましい

おまえもあれくらい美人だったら良かったのにとか

おまえの体はここがよくないとか

最近急に老けたんじゃないかとか

おまえは濡れにくくて面倒くさいとか

そういうことを思っても心に閉まっていてくれて

あたしに見えるとこだけいい顔して

あたしで勃ってくれたらそれでいい

下種でもいい

教養がなくてもいい

根性なしでもいい

怠惰でもいい

長続きせずすぐ放り出す人でもいい

お金が無くなったら二人揃ってキチガイのふりでもして生活保護をもらえばいい

子供はいらない

未来を担う存在に見せる背中なんて持ってない

性欲だけ充たしてくれたら

性欲だけ充たしてあげる

肛門を舐めたっていい

顔面に尿を浴びたっていい

あたしで勃ちつづけてくれたら

それだけでいい

http://anond.hatelabo.jp/20110521222816

祖父の葬式から自分葬式へと思考が直結しているけど、その前に増田の両親の葬式があるよ。

何度葬式(特に、喪主に近い立場の親族側)を経験していないと自分の父親や母親葬式の時に色んな段取りが全く分からなくて困る事になるぞ。

本家長男なら尚更色々あって面倒臭いだろう。

それとも自分の父親や母親葬式も欠席する(場合によっては喪主になる事を拒否する)つもりか?

http://anond.hatelabo.jp/20110521230418

そーそー、結局これが一番おおきんじゃなかろうか。

元増田は「自分が死んだ時は~・・・」と書いてるが、

それにしたって後始末を任せる人のお世話になるわけだから

自分が、というより残された人のためのシステムとして

葬式は欠かせないと思う。

悲しむ悲しまないとかではなく。

今までに何度葬式に参加した親族側だったりしたが、

結婚式よりよっぽど有意義なセレモニーなど思うよ。

それはそうと、『本家長男が…』というような封建的な

環境や家柄、地域に育ったのには同情する。

http://anond.hatelabo.jp/20110521094023

そういう視点じゃないんだよね。

公務員(公立学校の教師も含む)が『俺それ嫌いだから』って理由で仕事をサボってよいかどうか」なんだよ。

そもそも国歌斉唱国旗掲揚の際に起立しろという命令が職務として正当なものだという判決は、もう何度高等裁判所最高裁判所で出まくってる。それこそ両手じゃ数え切れないくらいにね。

それをおかしいと思うのは各自の自由だが、現実は違うって事だ。

信号が「止まれ」なのはおかしい(好きな色で進めばいいじゃないか)、車道が左側通行なのはおかしい(好きな車線で走ればいいじゃないか)、大半のトイレ公衆浴場が男女で分けられているのはおかしい(好きな所を利用すればいいじゃないか)、ってのと同レベルなんだよ。「公務員が起立を強制されるのはおかしい」ってのは。

なんでまた義務化とか余計なことをするんだろ。

有権者から選ばれた議員首長というものは、有権者が納めた税金の使い道を決めるのが仕事

つまり、税金で雇われてる彼ら公務員仕事をさぼっていたら処罰するのも彼らの仕事の一つなわけ。

特に大阪あたりはこのサボタージュが各地で長い間横行しているらしいので、是正するために締め付けを厳しくするべきだと知事は考えているわけよ。

君もムカつくだろ? 公務員が命じられた仕事をきちんとしないってのは。

2011-05-21

人がパターン化すると脆弱性が生まれる

http://anond.hatelabo.jp/20110520195901

http://anond.hatelabo.jp/20110521154616

これを見て思い出したですが、数年前から主に2chで見かけるある荒らしが気になっているのでまとめてみました


1. 昔々、あるところに

マルチポストネチケット違反

マルチポストは悪」

と思ってやまない敏感な人たちと、掲示板荒らしたい人たちがいました

2. ある日、掲示板で質問やニュースのような話題が投稿されました

3. 掲示板荒らしたい人が質問やニュース勝手マルチポストしまくりました

4. マルチポストは悪という認識がある敏感な利用者が「マルチポストから無視しろ」と指摘したり、実際に無視、もしくは無視しない人間を叩いたりし質問や話題自体がうやむやにされネットログに流れていきました


さてここですでに荒らしの思う壺なのですが、ここまでの流れがよく起こるようになるとさらに荒れる方向に発展していきます



実は話題提供者の立場で何度か荒らされこの仕組みに気付きました

スレーや無視はやられた方が嫌な思いをするくらいなのでいいのですが、そのパターンを利用して荒れるようにもって行かれるとしばらくは掲示板が機能しなくなります


また、今よりも「原因はマルチポストした人間マルチポストは悪」という認識が住民に深まり、悪循環になります。もし認識が深まらなくても「「マルチポストは悪」と考えている人がいる」という前提で荒らすことができるようになるため、荒らしたい人は焦る必要がありません。




マルチポストに無反応だったり極端な拒絶をする人たちのように、荒らしコピペや「工作員」に反応する人たち、「工作員存在しない」と思ってる人たち、パターン化している人たちは知らない間に荒らしに利用されているのではないでしょうか。




追記


この増田の書き込みを見て「これだから2chダメなんだ。2chオワコン。時代はTwitterFacebook。」とブコメしようとした人は利用されやすい、反応しやすい人かもしれないので注意しましょう。

http://anond.hatelabo.jp/20110520195944

具体例の人は増田コミュニケーションを取りたくてメールしてきてるよ。

その手のクレーマーは話を聞いてくれる相手がサポート対応の人くらいしかいないんだよ。

自分の気に入る形で話を聞いてくれるサポートだったか何度何度も名指しで連絡してくるようになっただけ。

嫌な言葉をぶつけても黙って機嫌をとるような返事をくれる文通相手だと思われてるよ。

変なのに懐かれちゃったね。



とりあえず、

君が今度はちゃんと対応してくれるんだね?

と聞かれた時に「その時その時で変わりますので私が対応するという保証はできません」と嘘でも伝えるべきだった。

これからも続くようなら増田は異動か退社した事にした方がいいんじゃないかな。

2011-05-20

http://anond.hatelabo.jp/20110520144455

自分や知人の名前での検索何度した事はあるけど定期的にはしないな。

増田は神経質な方だと思うよ。

モンスタークレーマーしんどい

乱文になると思うけど、書きたいから書かせてくれ。



うちは小さい会社からカスタマーセンターもなく、分かる人間がその都度 お客さん対応してる。



その中には、クレームもあるんだけど、「建設的なクレーム」と「何を言いたいのか分からないクレーム」がある。

しんどくて困っているのは後者の方。

モンスタークレーマー像はこんな感じ



団塊の世代が多い(50~75歳くらい)

社会に対する鬱憤ストレス)を うちの会社にぶつけているように見える

正義感が異常に強い。自分正義、俺ら=悪 と決めつけている。

・だから自分社会的に良いことをしていると思いこんでいる。

・強い消費者意識を持っている

メールの文面は基本的に長文。メール上部は冷静に書いてるっぽいけど、下にいくにしたがって、汚い単語オンパレード

・言っていることがコロコロ変わり、結局何を聞きたいのか、質問内容が分からない

人格否定をひたすらする



具体例を一つ挙げる。これはメールでのやりとり。

お客さん「商品を買ったんだが、分かりにくい。つか、どこに商品があるんだ?こんな不親切な商品は初めてだ」

俺「はいCR-ROMの中にデータが入っておりまして、それが商品になります。起動や操作方法につきましては説明書がございますので、そちらをご参考ください」

お客さん「取り扱い説明書を見ろ、と君は言うが、それは買ったお客に対してあまりに失礼な発言ではないかね?どこの馬の骨分からんような会社から私は商品を買ったんだよ。そういうお客様に対して説明書を見ろ?君は、お客が不安な気持ちを持ってることがワカランのかね?●0w×tk△q■s0w×tk△q○pl◆ふじこ・・・!70年生きてきてこんな酷い扱いを受けたのは先にも後にも今日が初めてだ(怒!)」

俺「申しわけございません!では、具体的に今どの設定でつまづいてらっしゃいますか?」

お客さん「まだパッケージも開けとらん!君んとこは、いつもそんな対応なのかね?商品を買ったお客様に対して、ありがとうございましたのヒトコトをまずいえんのかね?それで社会人?バカにするんじゃないよ!商品を買ったお客様には、心からありがとうございました電話ハガキで連絡する、これ基本でしょ?何教わってんの?これは最低限のビジネスマナー社会ルールなんだよ。そんなことも知らんのかね?潰れてしまった方が社会のため!どんな教育してんだね、君んとこは!」

俺「すみませんした!!以後、気をつけます!もし、商品が気に入らないものであれば、返金いたしますので仰ってください。」

お客さん「本当に、、、君は何もわかっとらんね。最初から返品どうこういうような商品なら、初めから売るな!バカタレが!まぁ一応使ってはみる。しかし、こんな分かりにくい商品だから、これからも苦労すると思う。その時はオタクに連絡するけど、君が今度はちゃんと対応してくれるんだね?」

俺「はいすみません、だいじょぶです!頑張ります!」

お客さん「ならいい、今回はオオゴトにはしない。たが、君とこの会社がこの先つまらない仕事をするようなら、次は容赦しないよ。わかったね?」



その後、その客は何度も連絡してきては商品や会社ケチをつける。

ケチを付けるだけ付けて、結局うちの商品はあんまり使ってない感じ。取扱説明書もたぶん全く読んでないと思う。

でも、それでもうちの商品を使いたい、という願望はあるっぽくて、

商品を使えない自分に苛立っているというか(説明書読めよ)、フラストレーションが溜まってて

それを業者にぶつけてるようにも見える。

俺としては、数千円の商品なんだし、別に使ってくれなくていいから返金させてくれ、って感じなんだけど。



こんな経験ない?