「ミニコミ誌」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミニコミ誌とは

2017-04-02

オナ禁してわかった。精子くさすぎ問題

11歳で精通して以来14年ぶりに、18日間射精しなかった。

気持ち良く2発抜き、翌朝目覚めて風呂に入ろうとしたとき衝撃を受けた。

おれの精子本当にくさい。

毎日のように励んでいた頃は全く気付かなかったけど、本当に吐きそうになる。

口臭とか汗臭さとはまた違う、刺激臭。

イカくさいとか、金木犀香りとかでは表現できない身の危険を感じる臭い

慣れてしまうと気づけないけど、他の人は絶対に気づいている。

石鹸で一回軽く洗ったくらいでは落ちないから、ケアが雑だとすぐばれると思う。

今日の子生理くさいわーw」とか言ってるやつ、おまえのほうが精子くさいぞ。

今日〇〇君、精子くさいなー」って会話、絶対女子会でもしてるだろ。

 

余談

精子について書いてたらふと思いだした、インターネットコミュニティ歴史を以下に記録する。

アフィブログ騒動を経て今でこそ隆盛を極めている2ch嫌儲板がまだ過疎っていた7年前の話。

独特のまったりした雰囲気と、独自文化極左けいおんスレ花言葉さん、ペンギン博士フリゲスレハワイアン声優生理周期予想)があって居心地が良かったのだが、1日のレス数が100を切るようなあまりの過疎っぷりに危機感を覚えた有志が板起こし運動を始めた。

それがミニコミ誌Zartanの制作くそまらなった)、嫌儲の日といった催しにつながったのだが、最大の盛り上がりを見せていたのは天下一射精会だろう。

これは毎年クリスマスの0時から24時までに何回射精できるかを競う祭で、ライダーと呼ばれる男が30回前後射精していつも優勝していた。回数を競う一方で、日々の射精活動の成果を見せ合う芸術部門もあり、皆思い思いにフィギュアへのぶっかけ画像投稿していた。

その中でも特に称賛を浴びたと同時にドン引きされたのが、「ザータン」と「きのこの山の箱」だ。

ザータンとはザーメンタンクの略で、日々放出した精子を貯めたペットボトルのことだ。確かにこの方法ならティッシュの処理に困ることもないだろうが、黄味がかった精子が一杯に入った2Lペットボトル数本の画像を開いた時は思わず鳥肌がたった。

しかし密封保存されているだけまだましだろう。もう一方は、もう想像がついたとは思うが、射精の的となり干からびたザーメンの層が幾重にも重なって厚さ数センチに達した、きのこの山の箱だ。精子が染み付いたせいで箱全体がヨレヨレになり、箱の中の一種神秘的な白さを完全に失ったザーメンは腐敗した茶色固形物となって、掃除を怠った排水口の様だった。あれに比べたらザータンのほうがまだ清潔だ。画像を思い出すだけで、あの独特の、むせ返るような魚臭さを思い出す。

中に出されまくったまんこは、あの箱と同じ状態になっているはず。

まんこの臭さと中出しの回数は絶対比例している。

2016-11-25

http://anond.hatelabo.jp/20161124235359

申し訳ないが俺はこの意見同意する。

腹の中ではこれだけ考えてて匿名で嫌味エントリーしつつ面と向かってキツイ事さえ言えないなら、静音キーボードでもプレゼントしたらいい。

人面したいんだろう? amazon見てみろよ。

その昔は筆圧が高くて筆記音がウルサイなんて話もあったが、それだけをミニコミ誌匿名で書いて笑い者にしたがる奴なんかいなかった。

オマエは色々小さ過ぎる。

2016-10-14

http://anond.hatelabo.jp/20161014125452

音楽CDの品番があるよ

書籍だってISBNが付くのは流通に載った本だけなんで(ミニコミ誌無料配布本、同人誌などはついてない)

完全に網羅したものというのは存在しない

2016-08-16

ネット文章を書いてあげるのが怖くなった

ちょっとふざけた感じのサイトを作っていた

ふざけると言ってもニューアカとかペダンチックな語りとかと学会みたいな「くだらないものをあえて知的ぶって語る」ノリの「こんなの真に受ける人いないよね」という感じの文章を書いていた。

そのうちサイトに書かれたことを本気にしだす人たちが出てきた

いや、こんなもんまともに読まなくていいよ、ただの衒学なんだし、本をちゃんと積んで読もうねと思ってたが、その頃はまだネットが閉じた空間だったからそんなに被害はなかった

ところがスマートフォンで一気にネットが開かれてしまうと本気に思ってしまう人たちがわんさか押し寄せて、しかtwitter受け売りを話し出すようになってしまった

しかに本だって誤解されるようなこともあるだろうと思うけど、そういう本を読んで基本的な土台を作ってから付け焼き刃に自分文章を使ってるんじゃなくて

ネット上の雑文だけをかき集めて自分の都合の良いパッチワークを作ってる感じが不気味だった

まりにも怖くなってそのサイトは閉鎖したしネットにそうした考察みたいなのを書くのが怖くなった

ちゃんとした論文とふざけた物言いチャンポンみたいな中間文の発表場所ネットがなれるんじゃないかと思ったけど

スマホ普及で大勢の目に強制的に触れられるようになってしまうとそうもいかなくなった

本当の意味での仲間内同人文やミニコミ誌的な閉鎖的な文化が復活したらいいんだけどもう無理みたいで心理的に落ち込んでいる

こんな感じの自分の思いをつらつら述べただけの感想文なら書けるんだけどもう「ちゃんとふざけた論考」が書けなくなるのかと思うと憂鬱になってくる

2015-05-22

マスダーキートン

キートン増田ギリシアローマ時代、競技は生死を賭けた神聖な戦いだったのです……

       観戦し、勝者に金を賭けることも神聖行為とみなされました。

       これが賭博起源ですね。賭博今日遊戯として発展し、一方ではネットサービスになった。

       一定間内に、言及先が燃える燃えないかに魂を賭け合うサービス……

       すなわちはてなブックマークです」



キートン増田「やめておけ。本ブログで発表したほうが、増田より伸びると思っているんだろう。

       だが、ブログデリケートツールだ。

       思ったより読まれないかもしれないし、思い通りの読者層にリーチするとは限らん。

       おまけにブログはアップされるまでに、タイトル、本文、タグづけの三動作……

       その点増田は書く、その一動作(ワンアクション)で終わる」


hagex「あ。大学生……」

キートン増田「哀れな生き物ですよ。一番燃えやすい。」

hagex「いいえ、そんなことないわ……大学生だって追い詰められると、勇敢に戦うのよ」



青二才「僕は一人ぼっちだ!」

キートン増田「それは素晴らしい悟りだ。それを知っていれば誰だって叩ける」



トピ主「あんた、あたしがうす汚いブロガーからブクマする気もしない…そうよね!? 

     そうよね…あたし、ウォッチャーだもんね、炎上屋よ…」

キートン増田「……ひとつだけ言っておく!

       自分ウォッチャーだと思って、そこから単著を出そうとする奴は、ウォッチャーとは言わない!

       それはアルファブロガーだ」



サイバーメガネ増田さん、僕は臆病者になれるでしょうか。

        村長の様な勇気ある臆病者に…」



kotoriko「なあ pha、こうやって人生無駄遣いするのも素晴らしいことじゃないか」


lastline「人間はどんなところでもブックマークできる。こいつに一言言いたいという心さえあれば」


キートン増田ハックル……ウイグル語で、“生きては戻らぬ死のブロガー”という意味なんですよ」


kanose「醜くて気の弱い犬はいじめられる。人間も同じだ」


こうもり「アンビバ女々!二年間………私を許してくれたかい?」

アンビバ女々「こうもり!!のろけを慎め。それから……毎朝、新鮮なミニコミ誌に絡むんだ!!」


荻上チキ人間は年をとる。大人になっただけだよ」

ちきりん「いいえ、マネタイズできなかった子供がここにいるだけよ」


隊長不思議だ……炎上を見ていると何もかも許せる

   自由のない国家も、醜い裏切りも、こんなにも苦しい頭髪も……

   そして死にゆSNS運命も……

   何もかも許して、生きてゆけるような気がする……」


キートン増田「時事性や勢いのあるネタでは、twitterより原始武器……

       たとえば2ちゃんねるのほうが、はるか燃え広がりが速い場合があるって教えたでしょう」


guldeen「いや、申し訳ない。悪いのはこの星なんだ。

     私は紳士なんだが、君のあまりの美しさに勝手にこの星が動いてしまうんだな」


kanose増田さんはあのシロクマを見て、どう思いますか?」

増田世界一幸せシロクマだ。安定した職業、贅沢な知名度、酒、ネットの友人たちからの畏敬。そして極上のキャラ付け……」

kanose「私は不幸なクマだと思いました。ネットに退屈しきっている。感動もない。そして……自分でそのことを知っている」


otune増田、君の戦い方は実にユニークだ!だが、ユニークすぎる!!オフパコは……できないな……」


xevra「匿名にクセのない文体、それにうんこネタは、実際には特定を避けやすく、ウケもいい。

    知ってやっているとすれば、あの男、ただ者ではない……」

xevra「……プリントアウトしてやれ!

    あいつはメンヘラだ」


orangestar「子供の頃、どうしてidはたくさんあるのって、シナモンに聞いたの。

      そしたらシナモンがこんなこと言ったわ…地上の全ての人々にひとつずつidがあるって。

      死んだ人にも、これからまれプロジェクトにも………」



jtのすけ「Mr.増田ブクマで一番大切なのは直観に導かれた大胆な発想だよ。言ってみたまえ!」


ラノベ天狗子供の頃、よくついたらを狩りにいった…最初の獲物はラノベ叩きだった。

      私の打ったRTは、炎上好きの琴線に触れた…叩き屋は足をひきずって逃げていった。

      ただしさを失った本読みは、生きているより不幸だ…だが、私は何もしなかった。

      和解をすべきだったのか…とどめを刺すべきだったのか…未だにわからない」



anigoka「増田さん、あなた、とっても煽り上手ね。でも必殺のうんこジョーク全然面白くなかったわ……」

2014-10-23

家事」は、レベルを上げて物理で殴れ

結構家事愚痴を聞く機会が多い。

まあ、独身時代が長かったか洗濯も炊事も掃除もひと通りは出来るんだが、子育て結構無理ゲーだ。

セーブポイントは無いわ初期パラメータ不明だわ、そもそも進んでるのかも判らん

言いたかないが、やっぱDNAってのはあって、初期シムシティレベルの子から、HoI3のフィンランドみたいな子もいるわけだ。

あのネ、ソ連強いのよ。超大国よ。無理だってアレ。

閑話休題

何が言いたいかって言うとだ、結構な頻度で「家事が辛い」→「家族相談しろ」のコンボになる光景を何度も見た。

それな、はてブが大っ嫌いな精神論じゃんか。

ブラック企業サビ残ってのは、同僚とか上司とか妻or夫に相談したらどうにかなんのか?

ならんだろ。

から、「家事」はレベルを上げて物理で殴れ

洗濯物理で殴る

レベルを上げよう。

ドラム洗濯乾燥機を買え。

洋服はすべて消耗品だと思って、乾燥までやれ。

洋服を見るポイントは、デザインでも価格でもない、乾きやすさだ。

大丈夫だ。日本洗濯乾燥機超優秀で、ネットに入れときほとんど傷まない。

Yシャツは全て形状記憶タイプしろ。文句があるならアイロンを持たせろ。

下着、肌着、その他のカゴに放り込め。畳むな。

ジェルボールいいぞ。計量要らずだ。

テクニックに頼るな。課金しろ

炊事を物理で殴る

レベルを上げよう。

ネットスーパー食材宅配サービスAmazon。買い物を減らす。

炊飯器を買え、電子レンジを買え、電気ポットを買え、食器洗い乾燥機を買え。

冷凍モノやフリーズドライを恐れるな。昔から土曜はカレーの家が多かったんだ。

良いコメ使って豪華食卓でピリピリカリカリするより、無洗米惣菜の方が愛情が残るぞ。

読んだミニコミ誌で鍋拭って食器洗い乾燥機に入れりゃ綺麗になるぞ。予洗い不要

機械に洗わせてる間に、お茶でも飲め。

掃除物理で殴る

レベルを上げよう。

ルンバを買え。

部屋をルンバ様の為に作り変えろ。

大人は床の上にモノを置かなくて生きていける。

子供おもちゃは固めのカゴだ。放り込め。

風呂トイレ洗面玄関は、休みの日のみで良い。

些事に対応する

残念ながら機械(物理)ではどうにもならんこともある。

保育園ノートとか、本を読んでやるとか、宿題を見てやるとかだ。

食器洗い乾燥機の音が煩くておさるのジョージに集中してくれないなら、その時間風呂に入るなり、対応するしか無い。

ただ、干したり取り込んだり食器洗ったり掃除機かけるほんの少しづつの時間機械(物理)が殴ってくれるから

こまめに殴った結果、HPはソコソコ残るぞ。1日1~2時間はかけがえの無い時間だ。

雑音を無視する

出来合いの惣菜冷凍モノじゃ可哀想。そうだろうそうだろう。

部屋は常に清潔に、洋服は手洗いで丁寧に。そのとおりだまさに正論だ。

アンパンマンを見せるより、一緒に遊んであげなきゃ。確かにそれが愛情だ。

安易にローンを組んで借金を背負うより、少しの手間で節約。それが堅実な家計管理だろう。

だが、ソレは持てる者の論理だ。金持ち理屈だ。

体力に差があるのだ。忍耐力や精神力にも差がある。

シワ寄せは常に弱者負担を強いる。家庭においての弱者子供だ。

食器洗い機を買わなかったせいで、ネグレクト離婚に繋がった時に、雑音を発した人間は絶対に責任を取らない。

雑音は無視しよう。大切なのは自分の」家庭だ。

まとめ

6割の家事と、出来合いの惣菜と、子供と寄り添うほんの少しの愛情か、

9割の家事と、家庭の味の食卓と、子供イライラする感情的母親か、

好きな方を選べ。

文句を言うパートナーには、話し合いじゃなくてローン(クレカ)を組ませろ。

そのイライラは、家電量販店レベルを上げれば物理で殴れる。

子供に躾(物理)とかやるよりは、洗い物(機械・残ローン)のがだいぶマシだぞ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん