「ファン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ファンとは

2017-05-27

サンデー漫画家

久米田康治畑健二郎:作中にアニメ漫画のパロネタを入れまくる

東毅エヴァ同人を描いていた

青山剛昌ファンからもらった年賀状の返事に進撃キャライラストを描いていた 自身どうぶつの森アカウント公式アプリ艦これプレイ状況をよく話す 武蔵建造記念にイラストを描いたらしい(未公開) ちはやふるにハマりから紅を作る

椎名高志二次創作絵をツイッターにぽいぽい上げまくる 最近ではかばサーを描いていた 24年組漫画で育ったのでそこらの若い腐女子よりBLに詳しいとか言いながら他アニメBL妄想ツイートする

あと誰だっけ藤木俊か誰かがデビュー後なのに二次創作同人コミケ出展してたような

知ってる範囲でこれだから他の漫画家もたくさん似たようなことやってそう

いまだに土下座事件が有名だけど漫画家の方は案外同人に寛容なイメージ

他誌はどうなんだろうか?ジャンプ漫画家とか二次創作するオタク氏ねみたいな感じなんだろうか

http://anond.hatelabo.jp/20170527124416

そもそも著作権法抵触していないという解釈もできたはず

どこの世界の話?

著作者許可(ないしは)があれば二次創作はかまわないけど、そうでないのは複製権翻案権同一性保持権を明らかに侵害してるけど。

刀剣乱舞版権であるニトロプラス同人誌に関するガイドラインを出していて、過度に営利的なもの以外は認可(むしろファン活動としての二次創作を推奨)している。

で?二次創作禁止してる版権元もあるけど?

今回のようなことが続いて二次創作が縮小するのは、版権だって望んでいないことじゃないの?

それはあなた意見であって、版権元の意見ではありませんよね?

二次創作の扱いも変わってきてるよね

グレーゾーン二次創作書き手学会発表引用されたことを非難するのはダブスタブーメラン」って指摘もあるけど。

特に今回扱われていたみたいな

Web上で無料で読める(営利目的でない)

二次創作小説

場合そもそも著作権法抵触していないという解釈もできたはず。

TPPでの著作権法非親告罪化をめぐっては、コミケ主催団体のみならず版権ホルダー側である日本書籍出版協会からも「二次創作保護を」という意見が出ている。

刀剣乱舞版権であるニトロプラス同人誌に関するガイドラインを出していて、過度に営利的なもの以外は認可(むしろファン活動としての二次創作を推奨)している。

おそ松さんアニメにも二次創作BL同人誌ネタにしたエピソードがあったよね。

商業作家が並行して二次創作同人活動をしているのなんてもう珍しくもないし、二次創作同人誌書き手公式ファンブック企画掲載する作品を依頼されることもよくある。

今回のようなことが続いて二次創作が縮小するのは、版権だって望んでいないことじゃないの?

いつまでも二次創作著作権法違反した悪いことだけど版権元の温情で見逃されているだけだ、権利意識を持つなんて図々しい」という認識でいるのは、もはや時代遅れなのではないかな。

SNSから無許可引用規制しよう

立命館pixiv事件の話である

なんというか他人を思いやれない人たちが居る。

彼らときたら、

無許可での引用により、研究対象迷惑をかけても一切気にせず、

問題ない」

「何が問題なのかわからない」

「公開しているじゃん」

「出典を示すためなら仕方ない」と繰り返すばかり。

その結果として、

書くのを辞めた人がでたり、

公開されていたものが非公開になったり、

論文で取り上げられなかった、他の人も非公開にしはじめたりしても

今後参入する人が非公開デフォルトになって、新しい作品に会いづらくなっても

全く気にしていない

我々はもしかしたら将来出会うかもしれない

作品に会えなくなる可能性もあるわけだ。

彼らのせいで。

もちろんpixiv以外にだって影響が出る。これは困る。

わかった。

彼らが問題がないからやって良いというなら、問題にしようじゃないか

規制するように働きかけよう。

SNSから無許可引用しようとしていたら、クレームをあげよう。

通報しよう。炎上させよう。

許すのは慎重に配慮された研究だけだ。

信頼できる相手だけだ。

研究への影響が出てしまうことになるだろうが、仕方ない。

戦わねばならない。

彼らは問題の再発を止める気がないのだ。

たかだか一部の人に影響出たくらいの認識なのだ

その一部の人ファンにとっては、代わりが効かないというのにな!

そうしなければ、彼らは野原を焼き尽くす。

それ以外で止める方法は無いのだ。

周りが止めろ止めろ言ってるだけでは止まらないのは、

似たような事例を見たことがあるはずだ。


関連:

http://anond.hatelabo.jp/20170528113521

BLAME!原作ファン熱狂したいけどそうはしまいって感じ

なんかハルキストっぽいよな

Twitterオタクの人に、口も文章もめちゃくちゃ攻撃的な人が多いのはなんでだ

死ね殺すって簡単に言うようなやつが人気者だったりするからすごいよ

過激表現えぐい描写をどれだけだだ漏れさせるかのチキンレースでもしてるんだろうか

BBS交流がメインだった時期も変な人はいたけれど、そういう人はファンダムの中でも「ヤバい人」扱いだった気がする

アニメ漫画はまだ好きだけれど、もうファンダムには属せないな

2017-05-26

澤野弘之殿 sisirc

CRISIS 公安機動捜査特捜班 個人的には内容、音楽は勿論のこと今クール一番のドラマだと思っています

やはりBGMというものは素晴らしいと感じます。内容の叙情、悲しみ、激しさいずれをとっても、

脇を盛り上げるには一番のBGM

当初から気になっていた音楽最近サントラが発売となり曲名が判明。その名も「sisirc」もう脱帽です。

感服して言葉も出ません。前半と中盤から後半にかけてのギャップ、そして盛り上がり。

この様な創作が出来る、澤野弘之殿には感謝の思いしかありません。

澤野弘之殿と私の出会いは、そう「医龍」でした。当時のDRAGONもう今でも聞いてしまうほどです。

本当に涙がちょちょ切れる次第です。切なさや激しさ、そして心地よさ。どれをとっても、近年の

作曲家としては抜きん出ておられると個人的には思っています

皆々様におかれましても、当然私より熱心なファンの方もおられる事と存じます

まだまだ澤野弘之殿の初心者である小生に、宜しければ皆様の思い入れのある楽曲を教えていただければと存じます

そして、まだ澤野弘之殿をお知りになられていない皆様にも伝播出来れば、もう私は申し上げることはございません。

駄文、誠に失礼を致しました。

から入った結果

KAT-TUNジャニーズでも結成~人気出てからデビューまでの下積みが長いグループで(だからこそのデビューミリオン

本人たちのヤンキー感はデビュー前後からグループイメージ作りみたいなものだった(ごくせんの影響)

ジャニーズファンのなかでは「ああ見えて優等生」「ああ見えてチャラついてない」だったのに

から入りギリギリを極めた結果、ここまで来てしまった。

ある意味プロとして追及したのだろう…。

残りの3人はスポ根インテリ不思議キャラ→熱血指導キャラなのでどうなるか分からないが

新生KAT-TUNを待っているよ。

「くたばれ読売」について

巨人ファンでも阪神ファンでもないが、

yahooニュースの「鳥谷の流血死球に虎ファン「くたばれ読売コール ネット違和感が出たワケ」をみて言いたくなったのでかきたい


事の顛末はこう。5/24甲子園で行われた阪神巨人戦で5回裏一死三塁で吉川の投げたボール鳥谷顔面を直撃し、吉川危険球退場となった。

鳥谷は鼻骨骨折だったらしいが故障につながらなかったようで、一安心


その後、スタンドから試合で間が開いた時に流れる「くたばれ読売コールが流れてきた。

阪神戦ではよく見る光景だが、鳥谷死球直後ということもありお気に召さない人もいたようで

自力で立ち上がった鳥谷心配して、そして応援するのが先じゃないの?怒るのは分かるけど」

ファンの総意は、くたばれ読売じゃない。頑張れ鳥谷、でしょ」

鳥谷が倒れてるのに『くたばれ読売コール…そこは『がんばれ鳥谷』じゃないのかい?」

さらには阪神ファンというユーザーからも「普通に鳥谷心配しろよって阪神好きだけど思う」「くたばれ読売コール 現地いるけど気分悪い」などと疑問が出ている。

(前述のニュースから引用)らしい。

なにそれ。みんなでの「がんばれ鳥谷コールがなかったことにたいしての疑問は理解できるが、「くたばれ読売」への非難理解できない。

ネットをおつかいになる高貴な人たちは「くたばれ」という下品言葉は使わないらしい。

ヤジとか下品言葉野球試合では何十年も昔からあるし、ましてや「くたばれ読売」という言葉が本当に巨人というチームがなくなってほしいという意味で使っているとは私には思えない。

あほんとに思っている人はゼロではないだろうけどw

結局言いたいのはみんな野球が好きで見に来ているし、その愛情表現の仕方として、応援とか、ヤジとかそれこそこの言葉があるということ。

それは昔から変わらない。先日のあのコールは両軍に檄を飛ばす意味で使われた、そして今までもこれからもそうだろう。

からその表現のやりかたの一つである「くたばれ読売」はそこまで非難対象にするべきだとは思わない。


字面通り理解すればそりゃ非難対象にはなるだろうし非難自体自由だが、それは自分の野暮を明らかにしているということをお忘れなく。


やぼ【野暮】 世情に通ぜず人情機微をわきまえないこと。

広辞苑 第六版)

2017-05-25

BLAME!観て色々感想読んだ

やっぱ自分含めオタクめんどくさいなって思った。

いやまあ、20年を経て初のアニメ化*1ってことでちょっと期待しちゃって、ちょっと違うな感が残るのは分からないでもないんだよな。

でもあれ1本で原作の骨子にまで踏み込むのは普通に考えて難しいってのも皆分かってたはずなんだよな。

ちょっとでも違うと思ったらシャッターをバシャン!って閉めちゃうオタク感想とか読んだりしてちょっとしかったけど、どんなオタクにも譲れないポイントってのは必ずあるので仕方ない。

でも個人的にあの劇場版ポジティブ評価したい。作品面も、Netflixを通じた海外配信というビジネス面としても。

弐瓶勉本人も語ってるように、BLAME!原作は作中での設定や世界観説明を徹底的に排除していて、

そんな中でたとえばシボが超構造体を突破できなかったと述懐したり、ドモチェフスキーが超構造体を盾にして戦ったり、

そういう小さいエピソードの積み重ねで「超構造体とかいうやべーやつ」「それを破れる重力子放射線射出装置かいう超やべーやつ」という謎めいた層が読者の中に形成されていって、

霧亥も霧亥で倒れては蘇り倒れては蘇り…ってのを積み重ねるうちに「霧亥とかいうやべーやつ」という分厚い謎の層ができあがるんだよな。まるで階層都市のものみたいに。

そういう厚みがBLAME!世界の広大さを引き立てる要素だったわけで、その体験映像で丸々再現するには同じことをするしかないんじゃないかなと思う。

翻って劇場版を観ると、電基漁師との邂逅エピソードを抜き出して整理した感じ。

東亜重工珪素生物など原作キー設定をばっさり切って説明的なシーンを足したという点は原作の厚み・スケール感を大きく損なったが、ストーリーは相当分かりやすくなり、

シドニアのヒットを受けて原作ファン以外も取り込まねばならなかった制作陣の判断がうかがえる。(「説明しすぎ」という感想もあり、それも分かるのだが、あれでもチンプンカンプンな人は結構いると思うのでSFは難しい…)

ただ、いわゆるダメ実写化とかダメ映像化にありがちな物語の根幹から大きく外れた設定・キャラを出して破綻」というのが殆ど見受けられなかったのが何より良かった。安堵した。

好悪あれど、原作をしっかり軸に据えた上で、その枠内でエンタメにしようとしてくれたのが嬉しかった。サナカン侵入シーンとか原作より恐怖を感じた。

「トフボーデン(塗布防電)」とか初見じゃまず分からないガジェットもぼかさずそのまま出してくれたし。「駆除系を妨害するわ!」みたいに説明セリフで済まされてたらもうどうしようかと。

ラストについても賛否あるけど、シボやサナカンは体を乗り換えられる世界から原作との整合性もある程度取りやすい、それ故のアレなのかもね。百合妊娠世界救済エンドはまだありますよ。ありますとも。

今更ですが映像のもの音響はとても良かったです。

原作ファンにも初見客にも共通する正解ではないし、そもそもそんなもの存在しないけど、少なくとも105分という枠の映像化としてはまあほぼ最適解だったんじゃないかなって思いました。

ラム学園の映像化が待ち遠しいですね。(定型句

(*1) 正直これまでに制作されてきた短編群の方が原作雰囲気をよく伝えていると思うが、やはり商業的に難しいのだろう。今作の方向性皮肉にもそれを示しているように見える。


P.S.

「体がいっぱいあるよー!」は入れてくれてもよかったんじゃないですか!?!?!?(怒)

個人炎上の仕込み方(基本編)

SNSブログ等をすべてをチェックアンドスクショ

ブログであればコメントSNSなら専用垢を作成して煽る。

複数ユーザーに成りすまして同時に揃って煽るのがベター

煽りに乗ったら輪をかけて煽る。2chの該当板にヲチスレ立て

煽りの反応が鈍かったら熱狂的なファンを装い煽り側を更に下品に煽る。

これで信者アンチ対立作成してどうやらあそこはもめてるらしいと印象付ける。

信者垢はダイレクトメール等で個人的なやり取りをしてそこでもアンチ糾弾して同調を引きだせたらスクショ

何らかのほころびを見つけたら過剰に騒ぐ。

スレ風向きを見てアンチ側の同調者が多ければ再度複数垢で騒いでwikiNaverまとめtogetterなどでアンチコメントをまとめて関連ワードネガティブ単語が出てくるようにサジェスト汚染を行う。

以上のことをソース改変などをしつつ風向きを見て適宜行う。

2017-05-24

ユーリ!!! on ICEの特典漫画騒動

漫画自体がクソ ←わかる(いや読んでないけど個人の感想として)

特典映像ユリオだし偏りすぎ ←まあわかる(でも本編での出番を考えたら全体バランスはそこまででもなくね)

ヴィク勇が一番人気なんだから特典もそうすべき! それが商売として正しい! ←えっ!?

いや最後のみたいなのを堂々と主張してる人が少なくないんだ

男向けジャンルでこんなこと言ったら言った奴が袋叩きだろ

みんな平等ってのが建前だし、商売上人キャラ優遇されるのは「仕方ない」が、それ以外もフォローしろよってのが空気じゃん

けものフレンズに特典漫画があったとして、その主人公がアライさんとフェネックだったとして、「ふざけんなサーバルちゃんとかばんちゃんにすべきだろ公式死ね」とは誰も言わんでしょ

ユーリファンだけなのかもしれんが、人気キャラ優遇しなきゃ許さないって反応に驚いたのだった

からない! 文化が違う!

http://anond.hatelabo.jp/20170522214326

増田気持ちはわからなくもない。

私は同担どころか共演者ファンツイッターまで監視してるよ。

狭い界隈だから劇場で見かけるうちにいつの間にか顔と名前が一致するようになる。物販とか出待ち必死になってる子は目立つから特にリアルでは知り合いでもないのにね。

役者スタッフさんのお気に入りっぽい人のことは殺したいほど憎いし、あと、ツイート見て美人かもしれないと思って警戒してた人が想像以上のドブスだったりすると安心する。

まぁお互い気を病まない程度にエンジョイしようよといいたいところだけど、私自身もはや病気だと思う。

意外とこういう人は多いかもしれないって、増田投稿を読んで思った。

http://anond.hatelabo.jp/20170524194924

地下アイドルライブとか手伝ってたけど、激しくコールするようなファンは大抵歌詞なんて聞いてないよ。

俺を見てくれ、俺にレスくれっていう奴ばっかり。

歌そのものをしっかり聞いてくれるようなファンは少数派だったなぁ。

久しぶりに某パクリゲーに関して言及するツイートを見て少し泣きそうになってしまった。

私は、炎上した際にパクリのことを知り、その後の運営対応失望しやめていったユーザーだ。正直、ただ普通にプレイしていたユーザーではなく、心の底から大好きで「私はずっとこの作品ファンで、ずっとずっと応援していくんだ」と密かに誓った数日後にパクリの話を知った情弱ファンだった。

知った時は「は?なにそれ?」という感じだったし、パクリよりも蔑称の方が目についてしまうような典型的ファンだった。でも、自分で調べてみると、擁護しきれないようなものがどんどん出てくる。多くのカードの構図が被っているのだ。

おかしい、これはあからさまにおかしいぞ、と思った。ひとつひとつを見れば、良くあるポージングやよくあるアングルなんだろう。でも、それが全く同じものがこんなに存在する。よくよく調べてみれば、法に触れるとは言えないらしい。それでも、これはおかしい。

他のパクリ事案も知った上でも、まだ私はファンだった。悪いことや許されないことをしたのならきちんと発表し、権利元の方たちに謝罪してほしいと。大好きだったから許せないファンはもちろんいるだろうけど、私は大好きだったから、これからを信じたいし投資したいと、そう思っていた。そして、出てきたお知らせに絶句した。嘘だろうと思った。悔しくて悔しくて泣いたし、すぐにアプリを消した。

ここまでうざったい自分語りをしておいて何だけど、ここからが本題。

なんでこんなブログを書こうと思い立ったかと言うと、パクリを知っててなおプレイしているユーザーが「コンテンツ最期を見届けたい」とか言うのずるいよなということ。

確かに、パクリ案件を知ってなおプレイするのは自由だと思う。私の心が狭いから、目に入れたくはないが自由だとは思う。だけど、「コンテンツ最期を見届けたい」という一言は「パクリは許せない」という言葉を孕んでいる。これが本当にずるい。

その一言パクリ自体容認していない気になっているんだろうけど、それ、ただの誤解だからね。そのコンテンツあなた容認していないパクリの上に成り立っている。「最期まで見届けたい」とかあまっちょろい言葉を吐きながらも、コンテンツは十分楽しむ。なにそれ。ふざけてんのか。あなたがそのコンテンツプレイするなら、楽しむのであれば、あなたパクリを許さざるを得ないんだよ。

キャラを嫌いになれないことと、プレイすることは同義ではない。パクリが許せないならきちんと行動で示せ。これからパクリを許さないんじゃなくて、今までのパクリだって許すな。今までのパクリを許してる時点で「コンテンツ最期を見届けたい」なんていう言葉は吐けないんだ。

プレイをやめるのか続けるのか、それを決めるのは自分自身プレイしている人を否定することはできない。だけど、「パクリは許せない」といいながらプレイしている人間言動矛盾が生じている。もう一回言うぞ。パクリが許せないのであれば行動で示せ。

先に明記しておくけど、これはパクリ案件が真っ黒だと判断した人間が書いたブログであり、あれを見て白だと疑わない人間と論争がしたいがために書いたブログではない。白黒論争は他所でやってくれ。

パクリゲームパクリゲームだと知らない人間幸せだと思うし、可哀想だと思う。

ファンに「パクリじゃない」とか「法に触れてないんだったら問題ないでしょ」みたいなことを言わせるコンテンツが今後増えないことを祈る。

見極めきれなかった自分に非があれど、オタク人生を誓った作品でこういうことが起きると好きという気持ち不安が生じてしまい、オタク人生が楽しめなくなってしまったという私怨を抱えて生きているよ。

2017-05-23

アーティスト政治的発言するな問題

殆どアーティストは一番得意な事で世の中に出てきているのでその分野に限っては特に優れているかも知れないが、大部分のアーティストにとって政治的主張は、その一番得意な事ではないので、一番得意な事程優れていない事が多い。その落差にファンがっかりしてしまうので、ちょっとは良いにしても傾倒しないで欲しいなぁ…と思ってしまいがちである

勿論、本人の自由なので好きにすればいいんだけど。それにいつまでも付き合える程、こちらは悠長では無いよ…とは、一応伝えておきたい。

そういう事言うと、もじゃもじゃ脳科学のような出羽守が「ハリウッドスターなどは政治的発言をするぞ、日本は遅れている。アハ体験」とか言い出すんだと思うけど。意識高い界隈ではともかく、国民レベルみたいな所では「地に足がつかねえこと言ってんな。頭が悪いのバレるな。演技程うまかねえな」みたいな事言われていると思うぞ。

政治に限らず、運動にはまってその関係の話ばっかりになったりすると、やっぱりがっかりするから。それと同じだと思って貰えれば。

夫と嶋

昨晩、隣で寝ていた夫が夜中に突然

「嶋」

と横になったまま私に話し掛けてきた。

「え?シマ?」

私が戸惑うと

キャッチャー嶋」

と目を見て答えるではないか

これは楽天嶋基宏のことで間違い無い。

「嶋がどうかしたの?」

幼稚園児に質問する如く優しく返事をすると

「昨日たくさん打った」

と自信たっぷりに答えてくれた。

キャッチャーなのに??」

私は楽天ファンでは無いのだが意味不明な会話を続けた。

「...」

「...」

からの返事は無くそのまま夢の世界へと帰って行った。

翌朝「ずっと横浜ファンだと思っていたけど楽天の嶋好きだったの?」と聞いたが全く彼は覚えていなかった。

mac bookが熱い

まだ買って4年程度。

ファンの軸がおかしいのかずっとうるさいし、ファンコントロールで温度を見ると70度超えてる。

めっちゃ熱い。熱すぎる。

ググったらクーラーつけて室温コントロールしましょうとか書いてあるがクーラー入れるほど体感温度は暑くない。

窓あける程度。

でも全然ダメだ、macは熱いまま。

壊れる日も近そうだ、と思うと恐怖だ。


ノートからこんなことになるのか?

持ち運びを考えるとノートは便利だけど、やっぱりiMacよりは持たないのか・・・


新しいパソコンがほしい。

オタク空想現実区別がつかないと思ってる人って

フィクションフィクションとして楽しむ文化のない人なんじゃないの?

自身がそうだからオタクってなんでこんなウソ話でもりあがってるんだ」→「空想現実区別がついてないせいだ!」みたいな思考になるとか。

空想科学ファンなんかが「また夢を壊されたw」みたいな喜びかたしてるけど、最初からタケコプターなんかないって分かってるから、夢を壊されたもなにもないしさ。

PSnowに期待しすぎていた

私はデモンズソウルが好きだ。

ダークソウルがでて、bloodborneがでて、でもそれでも懐古主義者なのでデモンズソウルが至高だ。

ファントムとなって、ジェスチャーホストに敵意がないことを示し、ホストを助けるふりをする。

ホストはどんどん進んでいく、黒ファンに整備された道を。

そして、難所と呼ばれる所を超えたあたりでホストを倒す。もちろんジェスチャー煽りも入れる。

その後のことは私は観測できないが、きっと難所に詰まってソウルをロストすることだろう。

あぁ、これがたまらない。ダークソウルやbloodboerneではこれができない。

ダークソウルシリーズも、bloodborneもたくさんやった、トロフィーコンプもした、でも、それでもデモンズソウル

愚かな懐古主義。わかっていても、やはりこれからさき何があっても「デモンズソウルリメイクを作って欲しい」と言い続けるだろう。

 

そんな時代にも終わりがくる。

初代PS3が壊れて薄型が壊れて、ついに3代目も壊れたしまった。

いきなりの出費。型落ちしたといっても、中古だとしても最低15000円程度はする。

そこで思い出すPSnow。

ソフト一覧をみる。

あった、デモンズソウルだ。

7日間のトライアル期間がある。本来は月額2,500円するから7ヶ月で中古PS3を上回りはするが、ハード故障永遠にグッバイできる。

PCからも出来る上に、これから先、PS5がでてもPSnowは対応だろう。

ということで、早速PSnowを開始。

 

結果としては、やはりラグはあった。

当然、デモンズソウルはそんなにシビア操作が求められるゲームでもないし、デモンズソウルをやりこんでいるとパリィタイミングなんて見てるんじゃなくて感じているので無問題なのだが、ゲームを進められない事は無いけど、操作にかなりの違和感

試しに、他のゲームをやってみる。ソニックアドベンチャー2をやるとその操作ラグはハッキリと実感できるものになっている。

仕組み上、ラグがでないことはないと思っていたが、PSnowユーザーは「ラグ感じない」と言っていたのであまりにも過剰に期待しすぎていた。

私はそっと、中古PS3ネットポチるのであった。

 

トライアル期間があるので試してみるといい。

多分、操作ラグ関係ないノベルゲームRPGなんかだと全然いいとおもう。

でも、アクションゲームはやめておけ。

とりあえず残りの日数はかねてからやってみたかったドリームクラブをして過ごすことにする。

2017-05-22

貴族探偵はいドラマ化なんじゃないか

映像からこその見せ場が多いし、

枠にこだわらない作品作りに終始しているから毎週楽しみにしてる。

先週(5/15)と今週(5/22)のエピソードとか、ずっと見続けてきた人にはニヤリとするオチですよ。


個人的麻耶雄嵩作品は、旧チュンソフトが出したTRICK×LOGICに収録されている

2作品しか触れていないくらい、にわかにわか

でもその2作品作品全体でも好きなエピソードのワンツーなのよね。

2本目のオチは、貴族探偵エピソードに通じる話だったし。


ファン曰く、あれはかなりぬるめとのことだったので、

ドラマスタッフがこれをどう料理してくれるか楽しみ。

ドラマフジ」の面目躍如に期待する。



一方で、トンチンカンな叩きに終始するジャニーズアレルギーの方々とか

作品の中身より相葉くんかわいい的なコメントに終始するツイッターユーザーとかが

ノイズなっちゃってて何だか残念。

このせいで、実際に見て楽しめる層へ、作品の良さが届かなくなってる気がする。


また、フジ側の広報もどことなくずれている気がする。

視聴率が8%前後と伸び悩んでいる理由はこの辺にもありそう。

月9の30周年ってことで、結構気合入れてやってたらしいのだが、

テレビでの宣伝は少なくとも自分には全く引っかからなかった。

(自分たまたまチャンネルを回したら1話をやってて気づいた)


週末の深夜に再放送してるのも、あくまで先週の見逃し放送しかないのが惜しい。

FODなどネットも駆使して作品の魅力を解説する特番や、

1話からの振り返り放送の合わせ技でやれないものか…



あ、TRICK×LOGICも、とっても素晴らしいミステリーゲームなので超おすすめ

10構成難易度はかなり高いからノーヒントでのクリアはまず無理だと思う。

大山誠一郎担当したファイルNO.4なんて、

ゲーム特性をうまく生かした仕上がりで、ある事実に気づいた時は寒気がした。

何を言いたいのか分からなくなったけど

好きな俳優さんがいる。

いわゆる推しというもの2.5次元と呼ばれるものストレートプレイなどの舞台に出演している舞台俳優さんだ。2年くらい片想いをしている。もちろんファンも多い。それはきっと俳優さんにとって喜ばしいことであるし、応援している者としても喜ばしいことなのは重々承知である

しかし私は、どうしてもそれが辛い。

初めてこんなことを考えたときこれが同担拒否なのかもしれないと気付いた。続いてなんなのか分からないけど、非常に厄介で生きづらいもんだなと思った。

それから俳優さんのツイートに対して並ぶコメントを見ながら他のファンアカウントへ飛んで、どんな人間なのか観察するのが日課になった。顔も知らないのにみんな美人に思えた。常に嫉妬していた。自分に自信が無いから余計に。惨めだと感じた。

その俳優さんの舞台を見に行って帰ろうと駅に向かう時、あぁもしかたらこの人たちは出待ちをしにいくのかもしれないなと思う女の人達を見かけた。私はそのまま帰ってしまったので真偽の程は分からない。

その舞台出待ちなどの行為禁止だとHPに書いてあったと思うのだが「するんだ、へえ」くらいに思った。別にそれが絶対的に悪!許せない!と思えるほど自分正義感が強くないし、禁止するくらいだから迷惑になるんだろうくらいの認識だ。ただ私がしない理由はその俳優さんに目障りだと思われそうだったから怖かった。嫌な認知のされ方をしたくなかった。結局自分のことしか考えていない。でも本当は私だってその俳優さんに会いたい。話したい。矛盾しているけど帰り道の電車でぐるぐると考えていた。しかし結局今までしたことは無い。

ファン自分だけになればいいと思った時期もある。今もそれはあまり変わらないけど、しかしこれは本当に自分勝手エゴしかないしそんなことを言ったら俳優さんが役者として活躍出来ないということも分かっている。そんなことを思ってしま自分は本当に最低で救いようの無い馬鹿だ。我が儘で自己中心的だ。こんなことしか思えないならいっそ死にたい相手のことを考えず自分幸せならいいという行動になってしまうのは悲しい、結局どちらも幸せにはなれない気がする。

別に自分が居なくなろうがファンを辞めようが周りにも俳優さんにも問題はない。ツイートにつくコメントが一つ減るだけ、舞台に来る人間が一人減るだけだ。

私はどうなりたいんだろう。とにかく努力して(ダイエットなりなんなり)可愛くなるしかない。なんだか自分でも何が言いたいのか分からなくなってきちゃったな。

はてなで色々なブログを読んでいると、自分なんて金が無いくせに勝手片想いしてあーだこーだと考えるダメファンなんだなと考えることが増えた。

私はきっと一生片想いを拗らせたファンのままだ。

こんなどうしようもない女なのに好きになってしまって本当に申し訳ない。

もっとたくさん働いて今よりお金を落とすから破産しない程度にしか出せないけど許してほしい。出掛けるときは数人いた諭吉が帰り道では二人の野口英世になっている財布の中身を見つめる生活も悪くないと思えるの。画面越しでも、ツイッター写メでもいいからさ、まだ私の前からいなくならないでよ。

きっと百年の恋も冷めるようなクズバレかカノバレでもしてくれなければ、貴方のことを嫌いになれない。

ファンの人は怒るかもしれないけど

わたしじゃない、わたしじゃないの~

ってグループってこの曲しか売れてないよね?

映画BLAME!は分かってたけど内容ぶっちゃけ酷すぎ

以下ネタバレ感想

 

・ズルに感情移入させようとすることがそもそも失敗。漫画押し付けられた感情移入キャラがない中で読者が勝手感情移入するのがいいんであって原題の魅力と真逆のことしてる。

・ざっくりいうとBLAME!に関しては弐瓶劣化してる。20年前の原題書き上げた弐瓶よりも明らかに劣ってる。今の弐瓶シドニアの騎士を描く上では正解だがBLAME!にはもはや適してない。牙を抜かれたおっさんBLAME!を改変したところで正解するわけがない。

・散々会議したくせにカオス元凶ケイ素生物出てこないってどういうことだよ。設定すらない。明らかに予算不足で敵キャラ減らすことになったのは目に見えてる。なら電器漁師パート減らしていいからほんの少しでもいいから出しとけよ。ケイ素生物に対してとことん非常なのがキリイなのにそれを見せないとかありえない。

・タエがサナカンに乗っ取られたエピソードとかせっかくキャラにおしゃべりさせてたくせに妙に引っ張って違和感すごかった。そこはちゃっちゃと説明するかサラッと流して無常観だせよ。ここらへん余計なドラマチックにしてコケて大けがするのが今の弐瓶

・既に似たようなこと書いたけどこの作品弐瓶が昔の俺アイタタだわーw的な改修されてるせいで尖った魅力がおっさん脂肪分でマイルドに丸くなってる。そういう黒歴史っすわwみたいな態度が逆につまらなくする悪例として反面教師にしたい。

キャラがブレてなかったようなキリイも終盤エレベーターシーンで、黙って勝手エレベーターボタン操作するでもなく、声優お仕事させるために意味不明コミュニケーションねじまれる。余計なラブドラマ要素への決着がここにきて噛みごたえ最悪のホルモンみたいに残ってしまった。これで会議したのかよ。

・キリイの魅力として簡単善悪では測れない行為、苦しんでるやつを放置せず殺したり、かといってお人よしのように見返りがないのに助けたり、強く求められると断れないところみたいなそんな冷酷な面もあるけど人間を助けたいという行動に一貫性があるし弱者に味方をする点が浮き彫りになっていくところでしょ。でも舞台を電器漁師の村だけにしたらその辺りの話積み重ねられない。駄目過ぎ。

・人気キャラが悉く出ない。あれもこれもあれもこれも。説明いらないからポッと出でいいかねじ込めよ。そのための映画だろうが。そのための構成だろうが。何のための会議だよ、酒飲んでるだけだろいい加減にしろ

戦闘シーンに限っては、原題ではあった重力子射出線放射器の遠距離透視した状態で打ち合うという、全てを貫通する銃だからこそできる撃ち合いがCG節約なのかなんなのかとにかくもったいぶる。あと効かないから撃たないなんて発想はキリイにはないし、銃使うとキリイ自身が充電が必要なのも酷すぎる設定。そんな欠陥銃でどうやって生き残ってこれたんだ1人で。

階層ごとに生活圏が分断されているというのがこの世界絶望的な設定なのにそれを感じるエピソードが少なすぎ。「下 6000階層」の言葉意味初見じゃ訳わからんだろ。超構造体の説明じゃなくて監視塔の説明だと色々矛盾が出てくるけど村が孤立している理由を超構造体のせいじゃなく監視塔のせいにするからおかしくなる。これも原題設定とのズレで出てきた破綻部分。キリイだけが階層渡り歩くことができるってことをちゃんと村に行くまでに見せておくべきだった。説明するようにしたといってるけど口だけで描写が下手過ぎて映画素人か。

統治局がイカになってた。

・分かりやす省エネ作画電脳描くくらいならもっとましな表現考えてくれマジで。なんどもくるーくるーゆっくり回るシボがカットインされて変な笑い出そうになった。

・そして基底現実の肉体は死んだけど電脳ではまだ動けるっていう描写原題では現実世界で一刻の猶予も無い中での設定だからいいんであってシボの行動と戦闘中のキリイとまるで関係ない話を勧めててアホかと思った。

ラストシーンでシボがキリイと残らなかったのも意味不明。シボが自分安全のために下に逃げるなんて行動取るか?またキリイに工場へ連れて行かせるためにもエレベーターには乗らないだろ。

・他でも言われてるけど超構造体の「重力子放射線射出装置しか壊せない」っていうルールのある世界から成り立つことを説明するべきでしょ、それ説明するだけでなんでジリ貧に陥ってるのか建設者が厄介なのかを分かってくるのに。

 

えーと色々イイタイコトあるけどいいところもあいりました。

・ズルかわいい

・キリイかっこいい。

サナカンかわいい

 

以上。

要するに映像化して良かったところは良かった。

BLAME!黒歴史だと認識して余計な事してるのがまさに今、新しい黒歴史作ってんのを弐瓶理解できてんのかね?

というかBLAME!こそファンである製作陣に丸投げさせてノータッチで作らせるべき作品だったろ。

中学生の頃は辞書隠語で興奮してたけどそれは別に恥ずかしいことじゃないし、

男がみんなそこで共感性を持つからこそBLAME!海外でもヒットしたんだろうが。

それを描いた本人が既に理解できなくなってるんだから月日の流れってのは恐ろしいな。

というか普通に予算足りなかったのならグチグチ言い訳せずに素直にそう言え。

逆に不信感出るわ。

PS:

観に行って良かったか悪かったかで言えばキリイが観れただけで良かったけど

弐瓶ふざけんなボケが という感想が沸いた

どう?これでステマ隊員もブクマしてくれる?

 

PS2:

>このお話「強い旅人通りすがりの村の問題解決して去っていく(そして旅人は村の伝説として語り継がれる)」って話じゃなかったんですか

まさにそれがBLAME!の良さを初見に誤解させてる証左

弐瓶はこういうことをしたいのならそもそもBLAME!という原題を用いて映画にする意味がない。

BLAME!BLAME!のまま映像化されるのをファンたちは期待してたのに初見も楽しめるようにではなくて初見を軸に据えてどうすんだよアホ弐瓶

 

PS3:

世界観に初めて触れる人にとっては、あれでも展開が早すぎるって人も居るみたいだよ

じゃあ世界観説明させるためにキャラにおしゃべりさせましたってのすら失敗してるってことじゃねーか。

初見にもファンにもストライク取れなかったら失敗じゃねーか。

まあ、初見ストライク取れたかどうかは売上で分かる事だからここでどうこう言っても仕方ないが。

 

PS4:

>そんなに盛り込んで、上映に何時間かける気だよ。

それを考えるのが映画だし会議本質だろ何言ってんだよ。

会議飲み会じゃねえんだぞ。

大の大人が集まって脂汗垂らしながら構成やらシステムやら今後の方針練るところだろ。

 

PS5:

珪素生物出ないって、それはあかんやろ。

あかんよ。

 

PS6:

>そんなに盛り込んで、上映に何時間かける気だよ。

スターウォーズだってあらすじだけ書くととてもあの時間に収まる内容じゃねえよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん