「もの」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ものとは

2017-05-23

自分しかできない仕事で忙しい時に愚痴がはけない問題

現在体制では、自分しか出来ない専門性の高い仕事とか

他の人に任せると著しく品質の下がる仕事とか

自分しか理解できていなくて周りがただただ混乱してる仕事とか

他の人に任せようとすると、却って自分時間が取られる仕事とか

 

そういうので残業になるのがつらい

 

特に、誰かの尻拭いみたいな時

 

何で俺がやらなきゃならないんだ! → ああ、俺しかできないじゃんかこれ

何で俺がやらなきゃならないんだ! → でもやってって言ったら説明を求められるから言わない

何で俺がやらなきゃならないんだ! → そもそも周りが状況を理解できていない

 

この堂々巡り

 

ここまでいかないタスクもある

振ったほうが良いタスク、でもそういうのも疲れてると振る気力すらなくなっていく

マネージャー相談したところで、結局自分しかできないのでまるで意味がない

本来作業を後ろにずらすべきだが、「予定」も「割り込み」も「緊急性の高い重要タスク」にカテゴライズされてしまうような組織では、言う前に諦めてしま

 

作業者マネージャーを選べない

 

いや、選べるか

正社員じゃないし

 

 

ふと思ったんだけど

俺より遥かに頭のいい人って世の中にいっぱいいるけど

そういう人たちも、良くない組織に属したらこういう感じ人なっちゃうんだろうな

かわいそうというか、しょうもない

TeamGeekって本に、「安全地位まで昇進しろ」ってものがあるんだけど

こういう時いつもあの章を思い出す

Googleでさえ同じなんだ

ネット右翼に活気があった時代を生きていた人が羨ましい

私の政治運動デビュー2009年4月4日ネトウヨ旋風の時代だ。ちなみに生まれ1985年2月27日

当時の愛読本小林よしのり漫画だった(今は左翼転向してしまった)。

そういう生い立ちがあるので社会人2年目くらいの頃からネット右翼について興味があって、ネトウヨについてよく調べていた。

私の世代は、2ちゃんねらーサブカルからって特別ネトウヨに詳しい人なんて居なかった。ネトウヨについて調べていたのなんて私くらいだ。別に右翼思想に興味があるわけではない。参加者やそのバイブルについて興味があるのだ。

こう言うと不謹慎かもしれないが、ネット右翼ロマンを感じてしまう。2ちゃんねるとある板の不気味な感じとか、デモ行進をそこらじゅうで起こしていたこととか、右派なのに左翼スタイルで行動していたこととか、不気味な出版物原稿料印税を稼いでいたこととか、薄暗くて、どことなく惹かれるところがある。ほかの人がカルト宗教とか左翼過激派とかヤンキー暴走族に惹かれるのと似たようなもので、私はネット右翼ロマンを感じる。

しかし、残念なのはあの時代をもう経験できないことだ。

ネット右翼系の出版物がそこらじゅうにあっていつでも新品を買えた時代桜井誠掲示板で討論していた時代大学2ちゃんねるなどでネット右翼オルグしていた時代ニコニコ動画愛国動画が乱舞していた時代日本人胡散臭い過激思想を大真面目に信仰していた時代。あの歪んだ2000年代を、私はもう経験することが出来ない。1日でいいからあの時代の空気経験してみたかった。

あの時代経験したあなた達が羨ましい。

フレームアームズガールOP

8話でサビのカットCGから作画差し替えられまくってて、何事!?って話なんですけど。

これが意図的ものか間に合わないから的なアレかどうか、外野からじゃ分からんけどびっくりした。

あんね。ずっとこのアニメ見てて最近CGってちゃんと女の子可愛くてすごいわーって思ってたけど、やっぱ作画のがしゅごい。

まず髪の毛ね。髪の毛のふんわり感。風に靡く動き。あれはポリゴンの頂点いっぱい作って動かす都合を考えると難しいんだろね。

サビ最初の轟雷ちゃんがアップになった数コマだけ作画になってるとこ(「Tiny Tiny」ってテロップぶってるとこね)。ほんの一瞬だけなのにハッとさせられる。冒頭でも「?」と思ったけど、ここで「作画だ!」と明確に差し替えに気付いた。

アップが一瞬しかない俺のスティ子は置いといて、その後のバーゼのカットがね。もうね、髪の毛のおかげで可愛さが激増してるの。前髪が上がって、デコ見えんの。もう倍じゃきかないよあの可愛さ。はぁ。バーゼちゃん可愛い。マジ天使

もちろん更に後のマテリア姉妹エロかわいさもしっかり増えてんのね。あと表情。ねえねえ、マテリア姉妹のあの笑顔見た? あんな生き生きとした表情、本編で見たことないっていうか、本編の笑い顔が固すぎんだよね、あれ。作画になることで気付かされちゃう(塀の上でネコと戯れるカットにずっと作画マテリア姉妹いただろというツッコミ歓迎)。

んでね。その後のクロシロ連携攻撃も動き全然違うわけよ。ここすんげえ残酷だって作画の方が断然良いのよ。

クロがグラインドサークルをブン投げる動きのメリハリタイミングって言うの?)とか、作画の方はサークルが飛んでくときに背動で迫力出してるとか、シロのガリアソードが轟雷ちゃんの脚に絡んだときの動きとか、それで引っ張られる轟雷ちゃんの表情とか。

全部が違うの。動きの良さ云々じゃなく、演技・殺陣自体がまったく別物。一つ一つをコマ送りで比較すると、やってること自体は同じなのにこうまで違うかと分かって、本当に辛い。CGでは技術的にできないのか、それともCGアニメーター(あるいは演出家CGの扱い)にノウハウが無くてできないのか、それともできるけどスケジュール問題でああしたのか、あるいは作画の方が後出し勝手ハッスルしたのかは分からないけれど。

次はまた髪の毛の話になるけど、作画は髪の毛ふわりが当然のようにできるから、轟雷が迅雷の攻撃を(文字通り)間一髪で避けてる感がしっかり出てるのね。これもCGじゃ同じことができるにしても、作画ほど当然のようにはできないわけでね。画面でそれがめっちゃ分かるの。お辛い。

そこから着地したときの破片もよく見たら違ってた。作画の方が着地の衝撃で飛び散ってる破片が多い。飛び散り方も違う。一瞬のカットでも迫力が違う。

アーキテクトのカットエフェクト増えてるねって程度であまり差はない。でもほぼ止めの絵で見るとCGモデル情報量の少なさが浮き彫りになる。影とか全然いか、少なすぎて目立たない。動いてるときはともかく、止まってるとき情報量少ないのはしんどい特撮みたいにアップ用モデルアクションモデルの二種類あってもいいんじゃないか。アップの場合は前者を使い、動かすとごちゃごちゃするとき後者を使う、みたいな。もしかたらこれにもあって使ってるのかもだけど、だとしたら作画全然敵ってなくて悲しい。

そもそも見返してみればOP最初カットの轟雷ちゃんの尻からして影の付け方全然違ってるもんなぁ。やはり影は正義マッキー友達。みんなで貼ろうワカメ影。人にも貼ろうワカメ影。仕上げで抜かれてワカメ影。

そのあとの轟雷ちゃんの振り向きの、また髪の毛が!可愛い!あーあ。なんで俺ん家にゃFAガールいねんだろな。この世に絶望するわ。

以上。これ以降のカットCGから作画への差し替えは無いっぽい(彩色やエフェクト等の変更はある)。

まあこんだけつらつら適当なこと書いちゃったけどね。FAガール可愛いなぁ。りえしょんの歌いいなぁ。素敵なアニメだなぁ。見ながらそう思ってたらなんか急激に込み上げてきて泣いちゃったのよ。

ぼろぼろ涙出てきて。「良い……すごく良い」って言いながら泣いた。最近アニメ作画でおおーってなることそんなになかったのよ。sin七つの大罪OP(第1話)の光の作画がなんか30年くらい前っぽくてかっこいいとか、やっぱ梅津さんのMVいいよねとか、ゼロから始めるなんとかってケモいやつで飯休憩前のバトルの炎と雷が特徴的な動きしてて好きだなとか、タイガーマスクW今日は技のキレがいいなとか、そういうことは思ったけど。

それがもう録画を見た回数も入れると十何回も見てるOPの一部カット差し替えされただけでここまで感動させられてね。すごくショックだった。

でもズルいんだよ、これ。だってCGの弱点を徹底的に抉ってんだもん。髪の毛にしろ表情にしろ。こんなん出したら「手描きの方がいいな!」ってなるに決まってんじゃん。だからこれをもって「やっぱ女の子CGでやってるようなやつはダメだな!次!」とは言いたくない。毎回あの装備を作画するなんてことになったら大変だろうし。得手不得手の問題

とにかくね、髪の毛。髪の毛見て。あと表情。それからマテリア姉妹

あと本編はスティ子メイン回もっぺん来てほしい。最近影薄い。

クレアチンとは

http://www.dnszone.jp/magazine/2013/1101-119.php

http://www.glico.co.jp/laboratory/health_science/sports/sports06_1.html


クレアチンクレアカリン

https://twitter.com/i/moments/799826862226608128


http://musclearuaru.blog.jp/archives/4374869.html

このサイトではクレアチンクレアカリン比較実験を行ったよ


結論

共謀罪日本人メンタリティ

この間、冷泉先生が、日本は高コンテクスト社会から共謀罪は危ないって書いてる記事読んだんだけど

http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2017/04/post-911_3.php

ですが、日本のような「あうんの呼吸」や「空気」でコミュニケーションが行われる社会では、共謀とは何かという問題が限りなく拡大解釈される危険性があり、法体系として安定したものにはならない懸念が強く残ります

って言われても、なんかピンと来なくて、フーンって思ってたんだけどさ

今日国連おっちゃんに、「質問」されただけなのにまるで「非難」されたかのようにプリプリ怒りだしたガースーを見て、ああこういうメンタリティから危ないって言われてたんだな、って思った

http://anond.hatelabo.jp/20170523181518

一昔前は女性の未婚者は意外と多いよ。戦争で男が死にまくって女余りだったからね。

んで彼女らが老後に行き詰ってるかと言うと、別にそんな事もなかったりする。

自分の周り半径数mの話だと、それよりちょい下の世代の60代の母親の友人知人にも独身者が多いんだけど

彼女らが老後に以下同文。

そういや、フリーターリクルートがその言葉をつくった当時は、会社に縛られない自由生き方として、ちょっと格好いいものみたいに扱われてたの知ってた?

自分氷河期世代なんだけど、学生の間では最初からフリーター就職失敗したやつ」としかみなされてなかったよ。

それを「会社に縛られない自由生き方」だと宣伝したのは

そんなの他人事しかない、もっと上のバブル世代だし

当事者たる自分の周囲では「就職出来ない若者の苦労も知らず何お花畑な事言ってやがるんだ」って評価しか聞かなかったけど。

でも結婚は「独身結婚したくても出来ないやつ」なんて認識の人の方が少数派かと。

http://anond.hatelabo.jp/20170523165142

んー、それは最近のものだよね。

結婚しない人は増えたけど、その増えた層はまだ老後を迎えていない。

たとえば、高卒フリーターになったところで、たちまち行き詰まったりはしない。本当に取り返しがつかないことを悟るのはずいぶんたってから

そういや、フリーターリクルートがその言葉をつくった当時は、会社に縛られない自由生き方として、ちょっと格好いいものみたいに扱われてたの知ってた?

非婚もそうだけど、正当な評価がくだされるのは、それなりに時間がかかるんだよ。

今この瞬間、世界のどこかで誰かが排便をしている

そう考えて気持ちを切り替える

人種国籍性別環境文化宗教価値観、興味関心、支持政党年収、昨日食べたものなど、それらの区別なく排便をしているのだ

それも人間だけにとどまらない

そうやって世界を一周したら嫌な気持ちは大便と一緒に流れていく

スッキリしていることに気づくのに時間はかからないだろう

大坂正明が捕まった

中核派大坂正明が捕まったようだ。

広島県内の中核派拠点を捜索し、現場にいた男を有印私文書偽造・同行使容疑などで逮捕した

http://www.sankei.com/affairs/news/170523/afr1705230001-n1.html

40年以上も逃走していたとは立派なものだ。どんな生活していたのかテレビ再現ドラマはよ

[]鳥野しの「麦の惑星」2巻まで

舞台現代東京の片隅、山がある田舎

ある日、隕石が落ちてくる

それは実は不時着した宇宙船で、それに乗ってた子がいた

ひょんなことから山の頂上にあるパン屋で救助がくるまで暮らすことになる

パン屋をひとりできりもりする青年宇宙人の子、それらを取り巻く人間関係が描かれる

地味だけど普通に面白い

地味だけど(2回目

自分が求めてたものがそのまま変なひねりをきかせずに提供されるってすごい安心感

これが宇宙人バトルとか宇宙人ってのがフィーチャーされすぎちゃうと、俺が見たかったのはそっちじゃなかったのにってなるところだったか

でも逆に言うと宇宙人の子存在意義いまいち少ない気がするから、今後どれくらいからめてくるのかが注目どころかなあ

そのバランスも今のところいい感じだと思う

宇宙人感覚人間感覚を再発見するってのも地味だけど好き

じいさん

この間、歩道を走ってたんですよ。夜に。いつものランニングコース

そしたら散歩中と思しきじいさんに呼び止められたんですよ。ちょっとちょっと、みたいな雰囲気で。

何か聞かれるのかと思って止まったら、曰く

この間、車を運転中、歩道を横切って駐車場に入ろうとした時、後ろから歩道を走ってたやつを轢きかけた。

最近の走ってるやつは必死過ぎて危ない。

わしも轢きたくないしお前も轢かれたくなかろう。

マラソン大会があって頑張るのは分かるが、お前、もうしこし考えて走れ。

地元紙の記者にも言っといた。

とかなんとか。

知らんがな、と。わしその人じゃねえし。わし、そんな必死では走ってねえし。

百歩譲って必死で走ってるように見えたとしても、あるいは必死で走ってたとしても、だ。

それはお前に一時停止義務があるんじゃないのか、と。

地元紙とか知らねえし。勝手に言えよ。だいたい、じいさん達は何かといえば地元紙の記者知ってるとか町会議員知ってるとか。

まあ、後半は思ってただけで言えなかったんだけどさ。

あと、お前、人に話しかけるときタバコくらい消してから話せよ、ってのは言っておくべきだった。タバコ臭えんだよ、じいさん。

アニメ版ドラゴンボールの女キャラ

18号 ツンデレのエッジが効きすぎてひくしはずい

チチ 直情型すぎてひく

ブルマ フリーザ編くらいまではわがまま感が強かったけどそれ以降は大人か。ハイテク企業社長令嬢であり天才的な女性科学者として色々な場面で物語を展開させる結構大事役割を担う。

ビーデル わがままでしゃばり

ブリーフの奥さん のほほん天然ボケキャラ。完全にドクタースランプみどり先生声優さんも一緒。

鳥山先生は気の強い女性に囲まれてきたのだろうか

注:アニメ版としたのは声優演出脚本、アニオリで多少原作と印象変わるかと思ったため

ブコメみて加筆

ランチ くしゃみきっかけでおしとやかな女性乱暴ギャルスイッチする。コメディリリーフ(喜劇的な役割で劇中中の雰囲気を和らげること)で活躍やすい。このキャラものんびり天然ボケと我の強い女性という鳥山先生の二大女性像を反映しているのだろうか。サイヤ人からほぼ登場しなくなる。というかドラゴンボール女性キャラほとんどコメディリリーフで目立つ。18号はバトルシーンも多いけど。

占いおばば 占い師のおばあさんであり亀仙人の姉である。おばばキャラをまっとうしてる。

ピラフ配下の人 黒髪ロングで下ネタに恥ずかしがるなど純情なシーンがある。

また気が向いたら加筆するか。

設定ガチガチ作品が見れない

映画でもアニメでも小説でも、日常系のものしか観賞できない。

正確にいうと、導入部や基本設定が日常に根差しものなら大丈夫日常だんだん日常侵食されていくような展開なら、むしろ好みかもしれない。

どうしても苦手なのが、近未来SFファンタジーもので、あらかじめ「設定」がガチガチに固められているようなもの。「224X年、人類は3つの勢力に分断されており~」みたいなやつ。

同じような理由ロールプレイングゲームも苦手だ。何度もトライしたがどうしても脳が拒絶してしまうのだ。

われながらこういう自分感性が嫌だ。すごく損をしていると思う。脳をいじれるものならいじりたい。本当はもっと柔軟に色々な作品を楽しみたいのだ。

スターウォーズ」「ガンダム」「エヴァンゲリオン」「甲殻機動隊」「虐殺器官」「進撃の巨人」こういう名作と呼ばれる作品群を自然と楽しめるようになりたい。でも、いざ見始めると「うわあああ設定があ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"」となってすぐにギブアップしてしまう。

この「設定アレルギー」は不治の病なのだろうか。

同じような症状の人にはまだ会ったことがない。「グロがどうしても見れない」という人の感覚に近いかもしれない。生理的ものという気がする。

気づけば好きな作品は地味でこじんまりしたものばかりだ。

設定がガチガチだと、まずはそれを「把握しなきゃいけない」というストレス無意識のうちに感じてしまうのではないか。そんな仮説が浮かんだが、よくわからない。多くの人はそんなこと気にせず、何となく見はじめ、全体を把握し、楽しんでいるように見える。僕もそうしたいのだが出来ない。悔しい。

身体から来る鬱、一重で鬱の(鬱っぽい)人に読んでほしい

 

    • 一重の人は、それが原因で鬱っぽくなってるかもしれないという話。

    一重がコンプレックスがゆえに鬱になりやすい、とかそういう話ではないです。

    そして、ここでの一重とは、単に二重まぶたではないと言うことではなく、

    一重で目が腫れぼったい、パッチリしていない人を指します。

     

      • まず、目の開きが悪い人、これは眼瞼下垂(がんけんかすい)可能性があります。(保険治療出来る立派な病気です。)

      眼瞼下垂とは、簡単に言ってしまえば、

      まぶたを持ち上げる力が弱くて、目の開きが悪い病気です。

      特に片目だけ明らかに開きが悪いとかだと、可能性が高いです。

       

        • 要するに、この眼瞼下垂が、鬱の原因になりうるという話なのですが、

          • そもそも目の開きが悪いので、気が重たい。常に眠いような感じなので気力が出ない。(気だるさ)

          • 目の開きが悪いために、必要以上にまぶたを持ち上げようとして、目や首肩の筋肉酷使している可能性がある。(筋肉酷使による疲労感)

          • 目の開きが悪いために、必要以上に首を上に傾けて、上から見下ろすような感じでものを見ている。(首に無理な負荷が掛かることによる自律神経失調)

          この3つのパターンが考えられます

           

            • 実は、自分は、眼瞼下垂の手術をしたのですが、する前は上記の3つ全て当てはまってました。(常に気だるいし、肩こり酷いし、首が火照りぼーっとする)

            何もやる気がしないし、体調悪すぎるし、ぼーっとするし、正直自分で鬱は甘えだと思っていましたが、とにかく体が動きませんでした。ですが、目の手術をしてから、嘘みたいに首の熱や疲労感、眠気が消え、体が軽くなりました。特に顔なんかは、手術してから気づいたのですが、常にあご1つ分くらい上にあげてました。(そりゃ首痛めます)

             

            その鬱は体から来ているもの可能性があるよ!ということを伝えたくて、

            自分と同様の悩みを持っている人がいたらそれを知ってほしくて、こんなエントリを書きました。気になった方はまず、ここでは割愛しますが、眼瞼下垂自律神経失調症について調べてみて下さい。

             

              余談です。

              鬱というと、精神的なものについて言及していることが多いですが、今回上げたような身体から来ているものも実は多いんじゃないかと思うのです。

              そもそもストレスを受けて怒り状態になった時や、緊張で不安になった時には、筋肉が強張ります。こうして慢性的筋肉に負荷がかかった状態が、精神にもたらす影響というのは、看過できないものだと思います

              楽しいから笑うんじゃなくて、笑うから楽しくなる」なんてことはよく言われますけど、鬱だからだるいんじゃなくて、気だるいから鬱になる、という一面もあるのかな、と。自分は、今後も、身体精神に及ぼす影響と、鬱(鬱屈した感情)への身体アプローチについて考えていきたいと思ってます

               

              長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

              同様のことに悩む人の目に、少しでも多く触れてほしいと思ったので、増田に書きました。よろしければ、拡散などしていだだけると嬉しいです。

               

               

               

              http://anond.hatelabo.jp/20170523162520

              別に無理してしなくていいのでは?

              しろ結婚は何が何でもしなければならないもの、と思ってる人の存在不思議

              http://anond.hatelabo.jp/20170523154506

              これ重要だと思う

              世間も「女とはそういうもの」と思っているし、

              被害者気持ちを受け止めてもらえないから男に走ったり

              同じ様な被害者にもザマアミロと思ってそう。

              前職の嫌な思い出で今も苦しんでる

              1年ほど前に、5年ほど勤めた会社退職した。理由結婚新卒入社したその会社零細企業で、アットホームでとてもあたたか会社だった。

              1年目のころは毎日が楽しくてやりがいに溢れていたし、この会社出会えてよかったと思った。

              ほどなくして、メインの営業以外に別の仕事を任されるようになった。そもそも人がいないからひとりが複数業務を行うのは当然だと思ったし、社内では誰もやったことがない仕事で、それを1年目の自分に任せてもらえるのはとても光栄だと思っていた。

              誰もやったことがないから周囲に教えてもらうこともできなくて、自分なりに知恵を振り絞って毎日残業して頑張った。まわりの先輩も普通に残業していた。残業時間申請している人はいなかった。

              あとで、毎月の残業代があらかじめ基本給に含まれていると知った。

              年次が上がるに連れ、任される業務の種類も多くなった。後輩もできた。しかし後輩との人間関係がうまく築けなかった。後輩は、嫌な仕事は何かしら理由をつけてやらなかった。その分の仕事は年次が近い私がやることになった。無理矢理にでもやらせないと駄目だと思って任せたら泣かれた。先輩たちは、あの子ちょっとおかしいよね、と言う。だから私は正しくてあの子のやり方がおかしいんだと思っていた。

              さらに後輩も増え、社内では年齢順だといつのまにか上から数えたほうが早い立場になってしまった。

              社長からは無茶な売上目標提示され、達成できないのは顧客先へ訪問しないからだと遠回しに言われる。

              メインの仕事だけでなく他の仕事も多い中で、どうやって外出の時間をとれというのか。

              外出ありきで予定を立てたら会議資料が間に合わない。すると「遅すぎる」「なんでできてないの」「3倍早く動いて」と言われる。

              営業の先輩は何を考えているかからない男性が一人いるだけで、その人から馬鹿にされることは多々あれど営業のやり方を話し合うことは殆どなかった。

              なんで馬鹿にされなきゃいけないのかがわからなくて、先輩と距離を置くようになり、自分一人で仕事をすすめることが多くなった。

              入社してきた後輩は、いったんは営業配属になるものの、しばらくして別の部署に移動する。

              営業では頭のおかし中年男性相手にすることもよくある。私だって営業を離れたい、と思いつつ、言えなかった。

              数少ない残った後輩も、無茶な目標文句を言うだけで、改善策を考えようとしない。定時になったら帰る。

              社員数は増えているはずなのに直属の後輩がなかなか増えず、なのに仕事量はどんどん増える。

              定時になんて久しく帰っていない。21時に帰れば早い方で、22時を超えてから帰宅することが普通だった。

              現実無視した売上目標

              建設的な話し合いができない先輩。

              定時で帰る後輩。

              だんだん自分の中でなんのために働いているのかがわからなくなってきた。

              そんなとき、ふと、後輩たちは、先輩ととても仲良くやっていることに気がつく。

              私が残業していると「お疲れ様でーす」と言ってみんなまとめて帰っていく。きっとこれから飲み会なんだろう。

              お昼もいっしょに食べている。私はいつもパソコンの前でひとりで食べているだけだ。

              後輩の家に集まったこともあるらしい。私だって家が近いのに、そんなこと知らなかった。

              「こないだみんなで買い物に行ってさ~」その“みんな”の中に私は入っていない。

              仕事が多くて苦しんでるの、私だけなのかな。

              会社のことを考えて、すこしでも売上があがるよう考えて考えてたくさん動いて、毎日残業して。

              結局それで得たものってなんだったんだろう。

              そう考え始めると、出社が苦しくなった。限界だった。

              つらくなった頃に今の主人と出会った。遠方に住んでいたので、遠距離恋愛だった。

              しばらくして結婚の話がでた。

              うその頃には会社を辞めたくて辞めたくてしょうがなかった私は、お願いだからここから連れ出してと言った。

              主人は快く私が専業主婦になることを了承してくれた。

              結婚がなかったら、私はまだあの会社で働いていたかもしれない。そう考えるとぞっとする。

              でもどんなにつらくても退職する方法がわからなかった。


              あの会社ブラックだったのかな、と考えてもそれはよくわからない。

              結局まわりとコミュニケーションの取れなかった私がひとり抱え込んでいただけで、まわりは楽しく働いていたようだ。

              でも私はもう二度とあの会社には戻りたくない。

              1ヶ月以上残っていた有給を消化したかったのになぜか使えなかったことや

              「共有遅いよね」といった私への悪口を書いた社内メールを見てしまったこと

              そのほかいろんな理不尽な思い出だけが残って、今でも苦しくなる。

              今の私は幸せだ。

              それなのになんでこんなに苦しくなるんだろう。どうすれば乗り越えられる?

              エリート女性婚活話でいつも思うこと

              友達の友達の話。知り合う前からずっと婚活している。

              色白でスラッとしててしか高学歴都心の有名企業(ただし女子比率が高いらしい)に勤めている。

              街コンパーティの前には必ずネイルマツエク

              彼女は少し理想が高いんだろうなと思う。女性社会進出男性の側が追いついてないとも思う。

              ハイキャリアないわゆるエリート女性婚活話でいつも思うんだけど

              うまくいかないのは要求の高さのせいではなく要求方向性のせいちゃう


              大体そういう女性って自分と同じぐらいの学歴・職歴・収入の人を求めてるじゃん

              それでそういう男性からの反応が思わしくなく苦戦して愚痴っぽくなっていく感じ

              自分と同格のエリート男性を求めるのは高望みでないはず。何故??」ってなる。

              東大主席卒業のすごい頭いい女性弁護士自分婚活問題でこれ言ってた。


              まず気付いて欲しいことは

              そんなエリート社会に1パーセントも居ないので

              そういうのを求める時点でものすごい競争率の買い札出してるんだってこと。

              自分自身もその1パーセントであっても。


              そして、そんな不合理な買い札出してるのはエリート女性だけだよ。

              エリート男性は「僕と同じぐらいのエリート希望」って買い札は出してない。

              もしエリートエリート結婚相手を求めるなら

              エリート女性エリート男性から引っ張りだこで飛ぶように売れてなきゃおかしいよね。

              女性のほうがまだまだ少ないんだから

              でもそうなってない。


              まりエリート性とか高い収入ってのは2枚セットで揃えても効用が低いんだよ。

              少なくともエリート男性はそう思ってる。

              自分仕事に傾いてて収入高いなら、配偶者はその逆のほうが互いに補える。

              仕事能力収入求めないぶん別のことを求めることが出来る。

              若さとか、美貌とか、家事能力とか。


              これは家父長制とは関係ない。

              自分の手持ち資産相手の手持ち資産を見比べて良い組み合わせを考える、

              合理的マッチングの話だ。


              自分に十分な収入があるほど配偶者候補経済力要素の魅力は減っていく。

              これは合理的感性だ。

              自分高収入エリートなのに結婚相手に同じこと求めるエリート女性の選好がおかしい。

              少なくとも生活の為の実用性はそこにはない。

              そこにあるのは単に自分が打ち込んできたジャンルへの執着心であり、虚栄心だ。


              まり

              自分より歳や収入が下の異性を視野に入れて

              経済力がなく性格がよく家事能力があり、容姿フィーリングが好みの異性を選べばいいのだ。

              経済力を張り合える「同格」の相手より、自分経済力を素朴に尊敬感謝してくれる異性を選ぶべきだ。

              エリート男性が昔からそうやってるように。

              http://anond.hatelabo.jp/20170523004502

              内容はない

              田舎出身ちょっとだけ町な高校に進学して、同じ田舎中学出身者たちと初めての寄り道ファミレス自分にとって人生初のドリンクバー

              はしゃぎすぎてMDで録音してた音声が出てきた。


              「なあなあ、マウンテンデューって何?」

              「さあ?」

              「知らない」

              「初めて見た」

              「マジデュー」

              「謎デュー」

              Fine thank you and デュー?」

              「と、ここでWhiteSodaがおもむろに登場~」

              はいヘルシー」

              「出たなパチモンカルピ……」

              バカ!言うな!消されるぞ!」

              「誰に誰に」

              「そりゃお前、スコールに」

              ちょっと召喚獣よぶからボタン連打して」

              「いやはやまったく、黄昏であるな」

              「誰ぞー♪彼ぞー♪」

              黄昏時って逢魔が時とはまた違うよな?」

              「お待たせしましたフライドポテトです」

              「ご注文は以上でおそろいですか?」

              「「「「はーい」」」」

              「ごゆっくりどうぞー」

              「「ありがとうございまーす」」

              ポテポテポッポァ」

              「ワッファ!熱さ!熱ティ!」

              「かわいそうな猫舌

              「思ったのだが、つまりまがいものとは禍いモノのことなのでは、それすなわち災いをもたらす白濁液

              「さよかさよか、災禍災禍」

              「これはまたデューな仮説ですな」

              「デュー理論と名付けませり」

              「ませうませう」

              「ぬぬ、おぬし魔性のものかね?」

              「魔力の満ちたるデュー取ってくるわ」

              「デュー」

              「「「デュー」」」

              アホすぎて涙が出てきた。

              こんな何も考えてないのに楽しい会話、またしたいなあ。

              ASD気味。ビジネスカジュアルが理解不能で怖い。

              場のTPO社会常識がわかりにくいため、

              バイト派遣服装自由を見つけていくと、服装自由ただしビジネスカジュアルを求められる。

              これが怖い。

              職場がどのランク服装かは、店を渡り歩きまくってわかるようになったが

              肝心の服の着方が致命的にわからない。着回し、バリエーションが考えつかない。

              男性であればスーツパンツ基準でYシャツ羽織もので毎年決まっているので理解できる。

              男性であれば可能だと思う。

              しか当方女性で、スカートどころか女性らしい服装を今までしてきたことも

              自分の服を選んだこともなかったので、女性服装が全く理解できない。

              毎朝何を着ていくか考える事と、仕事中、服の感触ストレスになってしまう。

              なので、皆同じ作業服工場へ行ったが、逆にこれが精神的に耐えられず長く続かなかった。

              仕事する前に服で詰んでる。

              http://anond.hatelabo.jp/20170523123406

              発達障害の事はわからないけど

              人生とはそういうものではないかと思います

              上手く行っている事と行かない事を抱え、死にたい時期もあったり…

              自分を傷つけたり他人を深く傷つけなければ、どんな方法でも生きて行ければいいと私は思う。もちろん辛いけど。

              もし辛さを軽減したければ、それは思い切った行動をするのみ。

              犯罪自傷ダメ。例えばカラオケ行って今まで出したことないとんでもない声出してみるとか。

              それから発達障害ではないけど…自閉症の人がwandering minstrelであるという記事が参考になるかと思った。

              一般人は抑圧された中で何とか協調して生きて行こうとする。

              自閉症の人は他人と関わらず自分を守って生きて行こうとする。

              ある国で抑圧が無くなったら真っ先に外へ飛び出して行くのはwandering minstrelであると書いてあったと思う。

              (検索したけど見つからなかったのでリンク無し)

              それと気持ちが解り合える人…例えば発達障害説明会みたいなのと繋がっておくとかそういうの探したらいいんではないかい?

              分断が一番ヤバイよ。

              関ジャニ∞村上タカツキング

              月曜から夜ふかしという番組で一人歩きしているが

              確か初出は関ジャニ∞と大体同時期デビューをした元KAT-TUN田中聖モノマネなので、今CMとかやってるの見ると、いいのかな、大丈夫なのかな、とその事実を知るものとしてハラハラとする。

              完全菜食ってムリじゃないですかね?

              自称ビーガンの人って結構ますけど。ハリウッドセレブなら、お金ねじ伏せられるのかも知れませんが、そうじゃない人で、完全菜食ってムリじゃないですかね?

              動物エキス的なものまで拒絶したら、かなり難しいと思うんですが。少なくとも日常生活を送るのが、かんりキツいんじゃないかと。

              フミコフミオすげー

              もの20分かそこらで書いた文章

              あれだけのPVを稼ぎだす

              化物かな?

              アーカイブ ヘルプ
              ログイン ユーザー登録
              ようこそ ゲスト さん