「とんとん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: とんとんとは

2017-03-18

キモオタキモオタたる所以

僕はキモオタだ。

アニメが好きでゲームが好きで、大学生になってバイクにも手を出して、あれだけじいちゃんにやめろと言っていたタバコも吸い出した。

こんなことでうまくいくわけもなく、悪いやつに絡め取られ、金も心もボロボロにされ休学した。

全く違う環境ビシバシされた、弱い自分を見つけ少しは上手くやって行く術を学んだと思った。

学校に戻ったら彼女でも作れば良いとその人は言った。何言ってるんですか、これからそんな余裕全くありませんよ、いた事もないし。多分、その時、ほんとうに僕はそう思ってたんだろう。

俺は大学に帰ってきた。やりたい勉強無我夢中でやった。気づいたらアニメゲームも関わらなくなっていたし、バイクはまた乗り始めてしまったけれど、月月火水木金金やれるだけのことはやって外部の大学院も決めた。

本当に俺は俺にはそれにしか価値が無いと思ってやっていた。学年がひとつ下のやつに囲まれながら、通学片道二時間半でも、自尊心ボロボロになってもやった、就職したほんとの同期のやつに飯に誘われるのも辛かった。

当然周りの同期の子は見てすらいなかった、俺は彼ら以下だと思っていたから。

何であの子は俺に声を掛けたんだ、飲み会で潰れてる俺に水を渡したんだ、なんでその後も俺にずっと声を掛けてきたんだ、何で俺の事を尊敬してますなんて言ったんだ…

僕は恋愛する価値もないゴミキモオタだとずっと思ってきた、自信がなかったんだ、自分に。

結局、目の前のことに必死になってるふりをして最後はずっと彼女のことを見ていた。

最後の発表が終わって今まで浮いたことをしたことなんてなかった俺は勇気を出してデートに誘った、とんとんで二回も遊べた、とても幸せだった。卒業式の後にだって会う約束もできた、プランだって二人で観光雑誌を眺めて決めた。

自分だって幸せになって良いんじゃないかゲーセンガンダムやってた頃がなんてクソだったんだと。

の子ジョジョが好きだと言った。俺はアニメを見た。

こんなに面白いものだったかな、かなり思い出してきたぞ、今度はもっと話せそうだ。そう言えばドリフターズアニメがやってたのだ、これを機に見てしまうか…

卒業式が終わって以降連絡が返らないLINEのページをを見てやっと気づいた。やっぱり僕は…

2017-03-12

こんにちようじょ

おかたとんとんするの!

2017-03-08

かわいいようじょのたっきゅーびん!

ざんぎょーはおかたとんとんしたげゆの

2017-02-28

http://anond.hatelabo.jp/20170225230615

昔の自分なら考えられないことだが、疎遠になった

美人にはもはや興味ない。不思議感覚である

心の余裕というか、同時並行だと

腹の底からしかたないよね」と割り切れる。

こういうサービスでも使ってなかったら良心の呵責

から1人ずつ対応して何度も燃え尽きそうになるところ

から精神衛生上いい。

はいえ、彼女ができたわけではない。

イベントで会った女性食事に行った。

かなり盛り上がった。ラインも使いこなして

冗談を言い合ったりしていい感じだ。

彼女仕事ピークが終わったタイミング

おでかけしたいね、という話がでていた。

結婚って難しく考えてたけど、一緒にいて楽しい

とかで決めていいのでは、と彼女は言った。

そうかもしれないと思い始めていた。

そんな時、同時並行でやり取りをしていた女性から

「今度会いたい」と言われた。

会えば決意が揺らぐこともありそうで、乗り気ではなかったが

こういう経験もできるものではないなと思い

会うことにした。

同時並行の女性は、実際に会うと写真よりずっと

可愛かった。そして声が可愛い

足立ってしまうほど可愛くて動揺した。

落ち着け今日は話を聞きに来たんだ。

結婚は居心地の良さだ。フィーリングだ。

彼女は緊張しながらも、自分理想家族について

言葉を紡いでくれた。

子どもがほしいです。

目を見て、こんな可愛い人に「子どもがほしい」

と言われたら。ねぇ。

尿意をもようして、トイレに駆け込むと、

カウパーでドロドロである

その日、場所を変えながら6時間近く話をしていた。

「また会いたいです。」

彼女は言った。

「そうですね。」

イベントで仲良くなった女性の顔がよぎったが、

心はもう傾いていた。仕事ピークを終えた頃に

連絡することになっていたが、こちらからは連絡をしなかった。

同時並行の女性と毎週のように会うようになり、

ラインフェードアウトされた女性気持ちが分かった。

やはり後ろめたい。

「とても素敵な人と会うことができました。あなた

いろいろお話できて、自分がどんな人と結婚したいのか

自分の中で具体化することができました。ありがとう

ございました。」というような内容のメッセージを送った。

「そういうシステムから気にしないで。お幸せに」

と言ってくれたのがせめてものいである。

同時並行の女性と付き合うことにした私は、

それ以外のやり取りをすべて切って、彼女一本に絞った。

彼女公園に行ってボートに乗るのが夢だと言っていた。

好きな人と乗りたいと、小さいこから思っていたそうだ。

休日公園ボートに乗った。

めちゃくちゃ恥ずかしいし、めちゃくゃ幸せだ。

池の上を静かに進む。

あれ?これは意を決してしまシチュエーション

そうなの?目が合わないけど、そうなの?

オーケー了解した。これは私の役目だろう。

「お付き合い、しませんか。」

はい結婚はまだわかりませんけど、もっと一緒にいたいです」

ボートすごいね。いや、万能じゃないとは思うけど

憧れてる人はいるんだね。はい彼女ができました!

お見合い彼女よ。これは結婚までもうちょっとじゃん?

視界良好!

それからデートの中でも二人の将来に

ついて話をする時間が増えた。

思い切って、家に誘うことにした。

ヤラシイ話ではなく、紙を広げながら具体的に

将来のビジョンを作り、価値観が違うところはどの程度

違うのか、よく話し合おう、ということで。

家族計画子ども教育方針しかり、結婚後の仕事

予定とか親との同居、親戚づきあいとかね。

お互いの家族構成価値観についてはサイト

プロフィールである程度知っていたからそんな大きな

驚きはなく、確信を深める機会になった。

帰り際、彼女をそのまま帰すのが惜しくなってしま

玄関で「またね」と言ってハグをした。彼女キラキラした

目が忘れられない。

お見合いから結婚までの流れをネットで何度も調べる。

やはりプロポーズ前に致してしまう婚前交渉は好まれないらしい。

ハグの先は、プロポーズだな。と肚をくくる。

私の誕生日が迫っていた。

普通彼女誕生日プロポーズじゃないの?いいの?と思ったが

彼女誕生日はまだまだ先で、そこまで待てない。 

誕生日どうしようか?と相談して、私の家で彼女

料理を作ってくれることになった。

プロポーズのお供はやはり花だ。

バラの花束を用意した。恥ずかしい気持ちが先だって

四の五の言わず店にあった15本近くを全て束にしてもらった。

店を出て、その中から状態が悪いものから抜いていく。

12本まで減らしたところで完成。

家に帰って、彼女が到着する前に掃除だ。

トイレキッチンも入念に掃除して、バラを戸棚に隠す。

ドラッグストアでそそくさと買ったコンドームも隠す。

できれば緊張も隠してしまたかったが、しま場所がなかった。

彼女が来た。

エプロンをした彼女も素敵だった。

夫婦みたいと、二人で笑った。

手際よくトマトソースパスタが出来上がった。

その間、手伝えることはないかと聞きすぎて

やんわり邪魔だと言われる。なんとなく本を眺めて待っていた。

パスタを食べ終わると、ケーキが出てきた。

ケーキを食べ終わると、プレゼントが出てきた。

キレイな織のネクタイだった。

今まで生きてきた中で一番嬉しいプレゼント

今だろうな。

「私からプレゼントがあります。」

戸棚からバラを取り出す。

驚く彼女の前に花束を掲げ

結婚してください」と伝えた。

彼女の顔が紅潮して、目が潤む。

バラを受け取り「はい」と言うと泣いてしまった。

花束を気にしながら彼女をそっと抱きしめる。

バラの役目はここまでだ。

そっとわきへ置かれた花束

再び彼女の腰に手を回して、優しく抱きしめる。

ゆっくりと唇が触れると、幸せ身体が震える。

お互い恥ずかしくて言葉が出ずに、何度もキスをする。

「セッ クスしたいです」

彼女に言わせてしまったのは申し訳なかったけど

彼女の声で聞けた喜びは何物にも代えがたい。

シャワーを浴びようと提案し、服に手をかける。

彼女はそそくさと電気を消す。

暗闇で白い彼女身体が露になる。

胸の膨らみ。その美しい曲線の先に触れたくなる。

キドキするねと素直に白状して、二人で体を洗う。

「こういう時に髪は洗わないんですよ」といういつかの

言葉がよみがえり、目の前の彼女申し訳なく思う。

二人は身体を洗い終えてしまった。

裸のままベッドに腰かけ彼女に、

ゆっくりいかぶさるように抱きつく。

キスをする。今度は舌も使って。

ほとんど恋愛経験がないから、こうした方がいいとか、痛いとか

あったら教えてね。」と、これも白状した。まぁそうよね。という

返事が聞こえそうな視線を感じたが、何も言わなかった。

彼女はきっと以前にも彼氏がいただろう。聞かないけど。

髪の毛から首、鎖骨、肩、背中、脇から胸へとゆっくり触れて

背中からお尻、骨盤を経由して下の方まで下りていく。

それからしばらく触っていると「ん。」と甘えた声をだした。

「いいの?」と聞くと「ん。」とうなずいた。

準備してあったコンドームに手を伸ばしいよいよ装着。

ギッチギチで入り辛かったけどなんとか装着。

Gガンダムスーツみたいなピチピチ加減でちょっと痛い。

コンドーム普通がよくわからなかったけど

サイズはちゃんと確認した方がいいね

後日Lサイズを購入したんだが全然違う。

スムーズに着けられるし気持ち良い。

手探りながら最後まで終わって

「これからもよろしくね」とキスをする。

頭がボーっとして、眠たくなる幸せ時間

再びシャワーを浴びて、その日は並んで寝た。

寝る前に彼女家族電話している。

今日は彼の家に泊まるね」と話していた。

彼と言われるとものすごくくすぐったい。

昼前に起きた。彼女が傍にいるのが嬉しい。

秋、31歳になった私はフィアンセと共にいた。

おしまい



いやいや、入籍までが婚活です。

相談所の登録はそのままだったので

二人で同時に退会の手続きをした。

二人とも同じアドバイザーだったようで

とても喜んでくれた。

さて、とんとん拍子に結婚約束をしたわけだが

お互いの家族にも会って挨拶をせねば。

私の家族サバサバしている。

今度結婚する。と言ったら最初詐欺心配をしていたが

最終的に向こうの親に失礼のないように

ちゃんとしろというだけだった。

彼女の話では、彼女のご両親も手放しで喜んでいる

しかった。お見合いサービスへの登録も親の

意向がかなり反映されていたらしい。

一度、それぞれの家に行って挨拶をしたが

私の親ともうまく話せていたし彼女のご両親には

本当に歓迎していただいたので安心した。

後日、ちょっといい個室のあるレストラン

両家の顔合わせを行った。

二人とも披露宴はしたくないと思っていること

についてもその場で了承してもらった。

私の親としてはやってほしかったようだが、

彼女意向を優先させたいということで理解してもらった。

結納の日取りを決めて、フォトウエディングの予約を入れた。

彼女披露宴はしたくないが、写真は撮りたいとのことだった。

家族だけの結納だったが、披露宴をしない分

いろいろこだわったので指輪も合わせると50万円近くかかった。

ウェディング恐るべしだな。

結納のあと、役所婚姻届けを提出して婚活は終了。

新婚生活突入だ。

彼女との結婚が早いということで、心配の声もあった。

幼馴染は「絶対後悔する」と豪語していたが、実際に

会ったらそのあとは何も言わなかったので、多分大丈夫だと

思ったのだろう。

確かに浮いた話が一切ないところから

結婚するって聞いたら驚くか。

付き合った経験もないのに結婚だもんな。

我ながら能天気ものだと思うが、全然不安はない。

1人でいる時に感じた不安や寂しさに比べたら

この先どうなるか、なんて大した問題じゃない。

この先も1人でいると想像する方がずっと不安だ。

選べる立場じゃないところから、偶然妻に出会って

お互いに不安の穴を埋めあって、一緒に歩んでいこうと

いう結論に達したのだから、お互いを信じて楽しく過ごす

ことに注力したい。

もうすぐ、結婚から一年が経つ。

二人の仲はより良いものになっていると思う。

子どもはまだだけど、鋭意取り組んでいる。

妻が希望するこどもの数が、結婚する前より

一人増えてるのはご愛嬌

メル友から始めて、入籍まで。

己の未熟を痛感する出来事連続で折れては

立ち上がり、の繰り返しだったけど「この人こそは」

と思う人と結婚できて幸せです。

書き始めたら思い出がいろいろ蘇って

長くなってしまいました。すみません

目を通していただきありがとうございました。

2017-02-08

[]2月8日

○朝食:なし

○昼食:力うどん

○夕食:ご飯、納豆(二つ)、減塩野菜たっぷり味噌汁フリーズドライ)、春巻き、さつまいもの煮たの



調子

はややー。

お仕事は午前中までで、検査行ってきた。

血を抜かれるの久々だったから、ちょっと疲れた

……いや、うん、なんてことないといいんだけど。

さすがに緊張する。



DS

世界樹の迷宮

9Fを探索終えて、今は10Fを探索中。

さらに、露骨ボス部屋っぽいところも発見したので、どうやら第二層も、もう終わりかけみたい。

何層まであるんだろう、キリよく五層かな。

3DS

すれちがいMii広場

迷宮とんとん拍子に進んだ。

楽しいなあ。

バッジとれ〜るセンター

確認のみ。

ポケとる

トゲチックウィンク)を捕獲

ニャースステージも少し周回。

iPhone

ポケモンコマスター

ログボのみ。

2016-12-14

作者同じだったのかよ!

きつねのきっこのやまこえのこえかわこえて

とんとんとめてくださいな

もりのひなまつり




まじか!!!もりのひなまつりはどことなくこわい印象あったからアレだけどそれ以外の2つはめっちゃ料理がうまそうなんだよなあ

きっこのいなりととんとんシチューはぜひ食べたい

http://anond.hatelabo.jp/20161214040820

この手の人は本当に自分が将来に渡って安泰だと思ってて、安全からもの言ってるよなあーって思うんだよな。



マジで真剣に、そこらに一杯落とし穴あるんだぜ?普通の。

自動車のもらい事故でもいい。

脳梗塞でもいい。



突然、人は死ぬような目にあうことがある。

そういう時に、頼れる家族、親戚、友達配偶者かいたらいいけど。



いなかったら即地獄だよ。

今目の前の入院費、手術代が払えない、ってなったりするよ。

保険手続きも満足に出来ないかもしれないよ。

半身不随になって、本当に文字通り物理的に書類作業とか出来ないかも知れない。

言葉も上手くしゃべれなくて、コミュニケーションに多大な労力が必要になるかも知れない。

そして、なんとか金が払えて、ある程度リハビリ出来て、退院したとして。

元の仕事に戻れないかも知れない。戻れるだけの能力がなくなってしまたかも知れない。

それどころか。

元の家に帰れさえしないかも知れない。

保険生活保障特約つけてなかったから、ほとんど入院費でとんとん。健保から傷病手当は出るが、自分本来給料の、よくて7割。少ないと6割。

留守にしてた間にそれこそ火事場泥棒に入られてる場合もある。普通に世間話で聞き出せるからな。

あそこの部屋、しばらく出入りないみたいですけど、なんかあったんですか?交通事故入院してるみたいですよ。あと2,3ヶ月はかかるとか。



まあちょっとめんどくさくなったからこれぐらいにするけど。

保険の入り方、その後の対応会社との交渉、一つ失敗したら連鎖して、ドミノ倒しみたいにイッキにホームレスだよ。



俺は、嫁もいたし、まあ情弱からさ、保険のおばちゃんに勧められるの、どんどん入ったよ。月ウン万て払いすぎじゃね?それやめたら一杯貯金出来るだろ?ってみんなに言われたけど、おばちゃんの言うままに入ったよ。

そんで、その中の特定疾病特約があって、ずばり俺はその疾病でぶっ倒れた。

嫁が手続きぜ~~~んぶやってくれた。

会社との折衝も、免許更新の延長手続きも(更新の時期だった)、友人らへの連絡も。



おかげで今の俺がいる。



ただ、今は無職だし、からだのあちこちに不自由がある。

スタミナももたないし、走るとすっげぇ体傾いた、ギッタンバッタン言うアンバランスな変な走り方になる。

時間立っていられない。

時間座ってもいられない。

重い物を持てない。

スクワットも出来ない。

指が、相当に動くようになったけど、前ほどにはキーボード完全に見ないでの高速タイピングとか出来ない。



出来ないことが凄く増えた。



前みたいな仕事は無理だ。




誰でも、ある日突然こうなるリスクがある。

だら、自分がそうなるリスクを考えとけよ。

その時に、自分ホームレスにならないような環境を作っておけ。

ホームレスなんて自業自得、俺は絶対なるはずがない、なんて甘い考えは捨てておけ。

ホームレス排除しろ、するべきだ、と考えるなら、自分がそうなった時に冷酷に切り捨てられる覚悟はしておけ。

2016-11-12

温度差がつらい

彼がやる気になったから、

本気ならとサポートどころか手助けをしたら

私のお節介が止まらなくなってしまった。

 

そして彼のやる気と言ってもやろうかな、だけで

何の準備も出来ていなかった。

 

あの時の発言は何だったのかと

私も時間を割いて手助けしなくても良かったじゃないか

言ったら怒るだろうなと分かっていたけど

八つ当たりしてしまった。言わずにいられなくて。

 

それならお前がやれよという言葉をいただいた。

確かに私なら、時間も見付けて行動できるけどね。

でもそれをしたら怒るんでしょうね。

関係いからいいやってなるんでしょうね。

 

期待し過ぎたんだな。

自分が思うように物事はいかないのに。

とんとん拍子に行けばいいなと期待し過ぎたんだな。

 

自分を責めたくもないし、これ以上相手も責めたくない。

どうやって仲直りしたらいいかも分からないな。

つらい。

2016-11-07

なんでアニメ業界低賃金のまま続いているかというと

一応関連のPです。

なんでアニメ業界低賃金のまま続いているか? についての答えは、端的にいえば経営者経営下手だからです。

これだけだとあんまりなので2点補足します。

第一に、売上の予測が難しいです。それは(コンテンツものは何でもそうだけど)作品のヒット(=売上げ)がギャンブルからです。体感だと50%が赤字で45%がいろいろあがいてなんとかとんとん、5%が胸の張れるヒット。そんな感じ。仕組み的には5%のヒットで他の負債を支えているといっても良いです。なので、ある時点で会社の業績が下を向いていても、それは全体として下を向いているのか、それともヒットに恵まれてないだけなのか判別が難しいのです。

第二に、関係者が多くてそれぞれ心意気で仕事をしているので、存外情と義理世界だという点です。低賃金で回っているのもその一側面です。TV放映というタイトスケジュールの中で作業をしているので、個人の信頼が価値最上位じゃないと現場破綻してしまうのです。別にこれはほめてませんし、弁護でもないです。ただ現在、そういう風潮だってことです。

以上の二点から導かれる「経営の難しさ」とはなにか? と言いますと、「撤退タイミングの見切りが難しい」ということになります

まりアニメ業界低賃金のまま続いているのは経営者経営下手だから」については、「経営がうまくなれば賃金が上がる」わけではなく、「経営がうまくなれば経済的合理性に従い、スタジオ撤退してそこのスタッフ無職になってアニメの本数が減る」だけです。

はてブコメTweetを見ると感じることや愚痴などはたくさんあるのですが、そういう自分感想を横において、構造説明すると以上です。おそらく多くの人が漠然と思っていることを言語化した感じになってるのではないでしょうか?

2016-11-01

なんだかんだで上手くいく作品が嫌い

この世の作品は、容姿がよかろうと悪かろうとなんだかんだで周りに手を差し伸べてくれる人が出てきてとんとん拍子に上手くいく作品ばかりで嫌になる。

善人が行動するたびに、どんどん悪いほうに転がって行って自殺するか苦しみながら死ぬような作品が観たい。

世界に行ったけど、碌に活躍できず、職もなく、ヒロインも出てこないで路上で一生を過ごすような作品が観たい。

2016-10-10

ノーベル賞も欲しいがブラック労働も駄目だなんて我儘

組織繁栄個人犠牲の上にある

どちらかを捨てねばならん

国があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたが国のために何ができるかを考えようではありませんか。



death6coin 役人アインシュタインエジソンだったかも?)の研究室に来ました。役人「彼は何をしているのかね?座ってぼーっとして、働いていないではないか」 部下たち「先生は考えておいでです」

ええと、君はその役人と同じでトンカチでとんとんやってないと「労働」だと思えないタイプ

あと「天才」って例外持ち出しても何も一般化できないというのも理解してないタイプ

2016-10-06

女性向け同人誌価格について

もう何度も出尽くされた話だけど、数年作る側として同人誌頒布してみて価格について自分なりに考えたことをまとめようと思ったので。

価格のことはイヤでもついて回ったのであくまで一個人の考え方としてアウトプットしてみる。

 

 

そもそも弱小サークルなので印刷費+スペース代がとんとんって感じだったけど、それでも最終的に大きな赤字にはならなかった。

これは本自体を少しだけ多めに刷って半年以上(本によっては一年とか)+通販在庫を捌けさすスタイルだったことももちろんあると思うんだけど、私のようなへっぽこが趣味として同人をしていくうえで赤字が少なくすんだのはジャンルカップリングと毎回新刊を手に取ってくださった方々に感謝するばかりです。

 

 

同人誌で儲けることについて

私はこれを「多少は儲けたっていいじゃん」と思っている人だけど、黒字がでた分に関してはできれば他の人の同人誌買ったり、お世話になってる印刷会社さんにお金を落としたりしてくれれば嬉しいなぁとは思う。

私のカプでも【多少は黒字でたっていいじゃん派】と【同人黒字なんてもってのほか派】と両方いた。

 

んで私の周りの【同人黒字なんて~派】はとにかく儲けている人への攻撃がすごかった。

あくまで私の周りだけだから特殊な人が集まっただけだと思うけれども、黒字をだしてそうなサークルノベルティ等で還元してなさそうな人はもうなんか思い出したくも無いレベルで罵っていらっしゃった。闇を聞いてしまったと思う。

 

これはすごく勝手分析だけれどもその人たちはおそらく「ジャンルに対して真摯自分」であり「ジャンルで儲けようとしてる人間」を許せなかったんだと思うし、「自分たちがやってないことを平気な顔してやってる人」に腹がたって仕方が無かったのかな、とも思った。

 

 

趣味から赤字でいい

これは、同人に対しては半分正しくて半分間違ってることだなと思った。

例えば普通趣味で、何か習い事をしたりするってなったとき先生との相性、立地を含む通いやすさとかを見ると思うんだけど富豪でもない限り必ずそれに伴う料金を考えると思う。

少なくとも私は見る。めっちゃ考える。続けていくうえでどこまで趣味投資できるのか。お金を使えるのか。自分の月収から趣味に対してどこまでの金額を使えるのかっていうのは結構重要なことだと思っている。

 

普通趣味もしくは習い事(例えば語学教室とか料理教室とか)って同人と違って金銭のリターンがあるほうが珍しいんだよね。

から趣味赤字が当たり前で、その赤字(というか自己投資なんだけども)を財布と相談したうえで現実的な値にするかというのも本人に決定権がある。

 

でも同人ちょっと違う。

同人は誰かに強制されるわけじゃないから多くの人にとって趣味だけど、当人印刷会社だけ額を決められないんだよなぁっていうのに同人誌を作りはじめてちょっとたった頃に気付いた。

 

私を例としてあげる

私の月収、生活環から一ヶ月の趣味にあてられる金額は2,3万円ぐらいが自分の中での目安だっだ。

参加する即売会イベント基本的に2,3ヶ月に一回、ぐらいなので一回のイベントに対して掛かる金額は4万~6,7万ぐらいになる。

ここから私は【交通費】【スペース代】【印刷費】【当日買いたい同人誌】を全部まかなっていた。冒頭でも書いたけども弱小サークルなので基本的にこれだけの額があれば上記はクリアできたし、頒布側の人はわかると思うけれどもこれがいっきににドカンとくるわけではないのであくまで目安としてほしい。

 

一例としてあげると

一月:スペース申し込み代金4千円~6千円

二月:印刷費(私の場合)約3万~5万(部数とページ数によっての変動や印刷会社による価格の違い)

三月(イベント当日):交通費東京場合往復で5千円程度)、同人誌の購入費平均2万ぐらい

 

 

こんな感じで多少の変動はあれどまったりとやっていた。

ところがどっこい。私ももちろんサークル参加するとあるイベントで嬉しい誤算が起こった。

買いたい本が多すぎて上記の予算オーバーしてしまった。

再録、アンソロ、分厚い個人誌のオンパレード同人誌一期一会買わなければ絶対に後悔する。

 

馬鹿だと思ってくれていいんだけどそれはもう欲望のままに買った。戦争は大勝利だった。財布はもちろん瀕死だった。

次の日からもやし豆腐主食になった。


冒頭にも書いたけれど私は本自体を少し多めに刷って、半年ぐらいは持つように在庫を持っていた。

新刊の内容や装丁参加者の入りに左右はされるけれども基本的に一度のイベント印刷費が回収できることはない。そういうサークルでした。

 

このイベントで私の本が売れたかっていうとまぁ、まぁいつもと同じでした。

まり私は予算オーバーをし(これは自己責任であり本が摂取できてるので心は安らかだった)、イベント以降も自分にとって大きな額の赤字引きずったままだった。


赤字を引きずったままの私はどうしたか

続けていくためには黒字にできなくても現実的赤字に戻さなければ生活は圧迫されたままだ。

結論を言うと印刷費を削った。ページ数は無理だったし装丁オプションのせてなかったので部数を削りました。

 

毎回イベントでは余ってるし、半年一年持たせなくてもとりあえず落ち着くまではイベント一回分と通販あればいいかなって。

本を作るのは好きだし、手に取ってもらえると嬉しい。でも私の場合は人が作った本も欲しかった。次のイベントもおそらくこのフィーバーは続く。アニメ化して人気だったし!!!次イベは丁度推しのパートだし!!

買いたい本に割く金額が増えるのだから、使える金額の上限が決まっている以上どこか切らなければならない。

いつもより人が増えた今回のイベント新刊頒布数は変動していないのだから減らしてもいいだろう。そう思ったのだ。

 

 

そして次のイベントではありがたいやら部数読み間違えて悲しいやら新刊まさか完売だった。

受け入れてもらいやすい内容だったのも影響したのかもしれない。その本はイベント開始から時間もったかどうかも怪しい。

サークル活動を続けて私はここで初めて複数から再版ありますか?」と声を掛けられた。

刷れば刷っただけ一冊単価が下がるのが同人誌だけれども、部数を減らした私は完売しても印刷費分がやっと回収できるレベルだった。

金銭面を総合するとここでやっと普通生活に戻れるラインにはなっているが、正直再版は厳しい。だって既刊はまだ残ってる。これ以上部数を落とせば原価割れで売れても売れても赤字になるわけで、残っている既刊が全部はければ再版分の赤字を補えるがそんな奇跡に期待するのは厳しい。果たしてその赤字は私の中の現実的赤字に納まるのか?その赤字を抱えたまま次の印刷費は捻出できるのか?と思うと再版はできない。

ごめんなさい、と言うしかなかった。(今でも読みたいと言ってくれた方がいたのに再版する財力が無かったことを悔やんでる)

印刷費って自分で決めれるようで決めれないかもしれない

それまでが長めに頒布するスタイルだっただけに、いつも手に取ってくださってた方々も「あのサークル(私のサークル)は長めに頒布してくれるから後回しにしても大丈夫だろう」と思ったのだと思う。私も買う側なら私のサークルをそう判断する。

結果として手にはいらなくてももちろん自分判断を悔やむしかない。けれどこの時ふと思った。

「あれ?これって私はこの程度で済んでるけどシャッターや壁なんてこのレベルじゃ無理だよな?っていうか文句つける人でてくるだろ」と。

有名になればその分だけいい人も悪い人もついてくると思う。

そして有名な人がみんな財力をもっているわけじゃない。

 

私の印刷費はかかっても過去最高で5万円ぐらいだったけど(それでもこの額を振り込むとき勇気がいった)、大手サークルはなんかもう「私の生活費からだせる印刷費はここまでの額で刷れるぶんだけ!」って決められるレベルじゃない人ばっかなんじゃないだろうか…

私の月収を簡単に超えてくる印刷費なんじゃないだろうか……

みんなが富豪なら問題ないけど、きっと人気のあるサークルさん(壁やシャッターだけでなく)の中には学生さんもいたりするんじゃないか。そしてその人たちの財布の状況とは別に需要が発生してしまうんじゃないか

私は自分頒布数と印刷費が自分で決めれるけれど、そうじゃない人もいて、そして需要を作っている人間に間違いなく本を買った私も含まれているのでは?


そう思ったら【同人誌黒字なんてもってのほか派】が途端に恐ろしくなった。


いやいや、だって、本が買えなかったら悲しいじゃん…本欲しいよ……買わせてくれよ……印刷するための多少の黒字は確保しててほしいよ……

次の印刷費にあてるだけの黒字は持っててくれるほうが安心するよ……再版で毎回赤字リスク抱えるのやめてくれよ……額でかすぎたら心臓キュってなるじゃん

次の印刷費の満額だすような黒字じゃなくてもさ、せめて半分だけでも黒字分を確保してくれてたら安心だよ…


再版繰り返せばいいだけでは?自分が買う本減らせば?

女性向け界隈では人を叩くのに使われる「完売はわわ」「再版はわわ」というのがある

最初ツイッターとかで「完売しちゃってごめんなさい><はわわ」ってする人のことだと思ってたんだけど、毎回毎回再版してる人のことをサークル側が「いい加減学べば?馬鹿じゃないの?」と言ってたりもする…女が集まってるんだからこんなのはたぶんどのジャンルカップリングでも多かれ少なかれでもあるのかな、と思う。

私の場合は買う本を減らせば印刷費に当てられたけど、たとえば最初からどうしても我慢が出来ない分しか本を買ってない人にそこを我慢して印刷費にあてろというのは酷だし、そもそも既にそこを削っている人もいるかもしれない。

私は欲望を抑えられなかっただけなんだけど、今は不景気だし減給とかあとフリーランスの人は収入自体が左右されたりするんじゃないかな、と思うとやっぱり赤字現実的な額に抑える努力必要だし、赤字抑えた結果の本が手にはいらなくなるぐらいなら黒字だしていいから刷ってくれ!頼む!って感じがする。


まとめ

こういうのを誰かと話す機会もなくなってしまったのでどこかに頭の整理として書きたかった。


作品自分の子供なんです!とか、本が売れないと創作意欲が萎えからとか、神のアフター代まで賄うべきとか、印刷費以外の経費のことを考えろ!とか私はそういうことを言う気はさらさらないです。



 

ただ「欲しいと思った本」が「その時に欲しいと思っている人に届けられる冊数」が成り立てば最高だなって思ったら、黒字金銭的にはもちろんメンタル的にもすごく大事ことなんじゃないかな、と思いました。

2016-09-07

貧乏人はアパート経営やっちゃいけない

いらんだろうけど、己のスペック


一括借り上げ形式アパート2~3件所有。相続でじいちゃんから受け継いだもの

家賃フリーランス仕事収入で食ってる。主に家賃

他、家族普通マンションやらなんやらを3~4棟ほどやりくりしてる。




手を出しちゃいけない理由

・入居率なんて予測できない実際

ランニングコスト意外と高い(エレベータ点検やら、管理人費用やら(週一の見回りでも数万

経年劣化やら時代ニーズやらで改修費用設備投資が数年に一回、何十~何百という額で来る(特に大規模修繕恐ろしい

固定資産税やら所得税やらでほとんどもってかれる、あとローンの支払いと

自分ではどうにもしがたい店子家賃収入に直結)の動向でストレス

・これから人が減り続ける

大家志望を食い物にしているビジネス存在する

・いろいろトラブルも多い。回避のためには良い店子を選別する必要があるがそんな余裕ない

家賃は当然年々減少していく




本業別にあってそっちで十分な収入あって、多少は物件管理時間が取れて、かつ収入ほとんどを貯蓄に回せて、最終的に相続税対策ぐらいに考えられる人じゃないとおすすめできない。

まあ、栄えた都市の駅チカとかの優良物件だと違うんだろうけど。

利回り8%とか謳ってる物件も多いけど、ちょっと調べてみるとちゃんと必要費用が計上されてなかったり、結局修繕費etcで飛んでくから実際には収支はとんとん。小遣い程度。

ローン払い終わった頃には、立て直しという面倒な時期がやってくる(それは次の世代に任せりゃいいんだけれど

2016-08-12

[]

今回はガンガンオンライン



超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 第7話

所々気になる点はあったが、まあ言いたいこともやりたいことも伝わってくる(実際のところはともかくとして)。

話がとんとん拍子すぎる気もするが、他にもスポットを当てないといけないキャラクターは設定上たくさんいるから、これ位テンポよくいかないとダレそうだし、いいんじゃないかな。



ゴブリンスレイヤー 第3話

とってつけたような主役ディス描写は、このテの作品にありがちだよなあ。

まあ、傍目から見れば、たいしたことのない人物だっていうのは分かるんだがヘキエキする。

なぜゴブリン退治を初心者冒険者がよくやって、なのに死亡率が高いのかという理由も語れられたのはよかったと思う。

あと、ゴブリン自分原動力ダブルミーニングで語る部分は中々いい。



かぶりの池ヶ谷くん かぶる

最終話

まあ、テーマ自体は悪くないと思っていたんだけどね。

やっぱり、そのテーマによって紡がれる内容が陳腐だったのが残念だったなあ。



妖怪賃貸事情 最終話

おわっ、唐突に終わったな。

エピソード最終話からといって代わり映えしないというか、むしろ弱いとすら思えるほどだったが。

やっぱりネタ切れってやつなんかね。

総括としては楽しく読ませてもらったよ。

前作もそうだけれども、設定やテーマの時点で面白くて、ギャグのキレも安定感があるし。

ただ、その漫画の設定やキャラクターに伸び代があるように描けないから、そのテーマキャラクターである程度やれそうなことを描ききると息切れするキライがあって、長期連載向きではないんだよね。

まあ、短編ギャグマンガとして割り切るなら、十分に実力のある作家なので、次回作も期待したいな。

2016-03-17

ネットっておもしろ!!!!!!11

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2090911?news_ref=nicotop_topics_topic

日本寄生する朝鮮人死ね

田中区議の言うとおり。保育園に落ちたのを国の責任にして自分被害者ぶる親(一部のアジア人)が吠えてるだけ。それを煽るマスコミ。本当に愚か。

下品な低級市民なら聞く必要はないな。国民意見大事だがな。日本を●ねなんてまともな教育を受けてない。国民かどうかも怪しい

>あれね。共産党プロ市民じゃん?みんな騙されたらあかん

>まず国しねといいつつ金よこせとかやってるのが、まんま半島人みたいで好かん。絶対日本人からは受け入れられない考え方。本文はまともとか都合のいい言い訳

便所の落書き国会で議題にしたアホが居るけどな、日本人かどうかも分からんブログ国会の議題にするんじゃないゴミ政治家

国籍だけは日本人なのかもしれない。日本教育を受けずに日本語だけを学んだようなのがウロウロしてるもんな。朝鮮学校出身者とかはいかに日本から金を奪うか学ぶ

>うん、便所の落書き で、これ日本人

>その通り、こんなもん国会で取り上げた奴がおかしい。日本人感覚ではないな。

????



>このブログ書いた奴がもし社会参画したら「今日店にきた客しね!」とかブログに書き綴るんでしょうね

???????



>どんなに擁護しようがそれこそ人間の屑の政治屋さんが絡もうが公の場で死ねとかイワナ書いちゃう人間なんて子育てしちゃダメなんだよなぁ~

>そもそも子育てしてるのに不特定多数が見る所で「死ね」とかねぇ・・・おいらには理解できんね

めぐまれてるんやなあ



マスゴミ工作して煽って話題にさせただけ。ホームレスとか困ってる人いくらでもおんで?保育園落ちたくらいで、日本国民全滅しろって精神が異常

この世は自分が一番なんやで、なんよな



便所の落書きというか、「やらせ」だと俺は思ってるよ

どうぞどうぞ



>そこらのブログとんとん拍子の超スピード国会前で抗議デモまで行く時点で察するべき。

何を察すればいいんですか



>そもそも只のブログ書き込みニュースになってた時点でなにか胡散臭いと気付くべきだったんだよなぁ

はてなー脱糞パワーをあなたは知らない



志望校に入れなかった!にほんしね!って言ってるのとまったく一緒なんだよなぁ

どこが一緒なんですかねえ



>これって日本語お上手な外国人の可能性もあるよね?

可能性は、無限大!!!!1

>書いた奴が日本人とは限らないのに日本人民意かw

同上



自分に都合のいい情報匿名でも信じるんだな・・・

都合が悪かったら実名でも信じないんじゃないんですかね・・・



匿名ブログマスゴミがもちあげる→野党が使う。ワンパターンすぎて誰が信じるんだよ。問題があるかどうかは別として気持ちが悪いんだよなぁ 朝鮮民主党ゴミ

やったなみんな!!!俺が、俺たちが、マスコミだ!!



日本教育受けてたら日本死ねって言葉は出てこない。半島教育でも受けてたんだろう。匿名ブログの時点で小4が書いた安倍総理集団的自衛権批判ブログと同じ香り

カンマ1秒ででてくるやで



文字にして「死ね」と書くような人間母親になる資格はない。自分の子供に「死ね」って言ってみれば?それがどれだけ愚かな行為理解でりるよね。ぁ・・無理か

あなたからもらう資格なんてないでしょ、あるんなら教えてよ



日本が嫌いな人はどうぞ、名目経済成長率10%、巨大な人的資源とまだまだインフラ伸びしろのある中国でも移住すればいいんじゃないですかね

>まったくその通り。保育園に落ちたという定義はいいとして、どうして日本死ねとなるのか。だったら他の国へ引っ越せよ。出国、移転の自由あるぞといいたい

できるならこんなこといわない




>こないだ駅のトイレうんこしてたら目の前の壁にマジックで「ネットと一緒にすんな」って書いてあったぞ

座布団1枚上げたい





ネタマジレス、以上、便座の上からお送りしました
































どうして自分より不幸なものには手を差し伸べずに自分より幸福ものには文句を言うんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

みんなで幸せにはなれねーのかよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

2016-02-15

http://anond.hatelabo.jp/20160215171759

国会議員を半分位クビにすりゃ財源作れるだろ

残り半分が従来の倍もってって結局とんとん、な気がする…。

都市部在住なんだと推測するが、保育園自体はちゃんとある

ただ、増田の都合のいい園に入れなかった、てことだよね。

そうだとすると、行政がするべきはこの偏った需要供給是正することだな。

2016-02-04

さっき来た営業マン一言がスゴイ

「勘弁して下さいよ。いまいまカツカツで無理無理コミコミにしてもほぼほぼとんとんですよ。」

勘弁してもらいたいのはこちらのほうだ。

とりあえず「なにそれ。超ゲロゲロ~」と返して見たものそれから時が一向に進もうとしなくて困った困った。

2016-02-02

2浪→私文→D5

と並べると何やら背筋が寒くなってくるが、そんな彼がパーマネントを得て、この春からめでたく大学教員の職に就くという話を聞いた。

聞けば、学会やら研究会やらでの地道なコネ作りが奏功し、若くて生きのいい人材として白羽の矢が立って以降はとんとん拍子で話が進んだとのこと。

ここ最近、彼とは年に一度会うかどうか、という程度で、どんな生活をしていたのかはよく知らない。

しかし分野外の私が聞く限りでは、大した研究成果を出しているという風でもなく、変わらず快活ではあったが、いつ壊れてしまうのではなかろうかと心配もしていた。

彼女との結婚も決まったそうで、正しく「この世の春」感がある。眩しい。




翻って私、彼より遥かに潰しが効く旧帝理系実験系、人と話すのが苦手でコネも作れず、研究意欲もなくなり引きこもりがちになり、ほうほうの体で学振切れと同時に単位取得退学、大学から逃げ出した。

博士課程を乗り切るのに必要なのは一にコミュ力、二に(ある程度の見通しに裏付けされた)楽観性。

体力も頭の回転も必要だけれど、もちろん第一線に上り詰めるためには不可欠だろうけれど、研究生活を「やっていく」くらいならば、健康精神健康な肉体だけで十分だ、というのが、そこそこの数を眺めてきた私の見解




もちろんそれが難しいからこそ博士課程は闇なのだけれど。

2015-12-01

http://anond.hatelabo.jp/20151201161350

相手には失礼ではないんだ

向こうは38とかで低収入顔面もあれだったりして

ここで結婚できないと後がない感じなんだよ、だいたい。

自分は金あってもブサイクから

結婚後はこっちの金渡すわけだし

とんとんだと思ってる。

こっちのほうが、もらうものが多いなら悩まない。

やめてるわ

2015-11-25

http://anond.hatelabo.jp/20151125175054

だって地方って時給600円台でしょ。それいきなり1000円にされたら、5割増しですよ。

3人雇って、利益とんとん会社なら、2人にしないといけない世界

2015-11-20

漫画の設定はゴージャスな方がいいな

喰いしん坊という漫画を読んでいて思った。

大食いの才能を持つ主人公フードファイト漫画だが、一巻にして社長に呼び出され料亭フードファイトしたのち、社長もひれ伏す大財閥会長のじいさんに才能を見いだされて大食い選手スカウトされる。

遊戯王コロコロ漫画みたいな感じでやってることは馬鹿馬鹿しくても、キャラ真剣スケールが大きくなると楽しい、強力な主人公補正ご都合主義とんとん拍子な素早い展開に派手な出世がついてくるので気持ちいい。

読んでてやはり漫画の設定はゴージャスな方がいいと思った。

花より男子だって貧民女子と超金持ち坊っちゃんの恋だからこそ楽しいし、どうせなら王子石油王くらい出してほしい。

無邪気にスケールを大きくゴージャスにしていけるのもまた才能なんだろうな。

2015-11-14

http://anond.hatelabo.jp/20151113202640

拙者も京大卒で頑張って就職して正規で働き続けてきたけど、年収300〜400万程度でござるよ。

元増田殿から比べたら100万ぐらい多いかもしれないけど、自由にできる時間犠牲にしてるからとんとんだと思うでござるよ。

にんにん。

同級生とは没交渉から今ごろどれぐらいもらっているのか知らないでござるが、個人的には嫌いな仕事でもないし、それなりに好きなものも買えてるし、十分だと思ってるでござるよ。

元増田殿も今の生活を楽しむことを考えたら少しは楽になれるでござるよ。

にんにん。

2015-09-10

なぜNHK朝の連ドラには駄作が多いのか

普通につくりゃもうちょっとまともな話が作れるだろうに、プロが作ってこれか?と思うような作品朝の連ドラには多い。非常に多い。

最近は少なくなっていたが(「ゲゲゲの女房」以後)、「まれ」がまた見事にやらかしている。「やんちゃくれレベルにはまだ及ばないが。

どうして朝の連ドラは駄作になりがちなのか。それにはもちろん理由がある。逆に言えば、佳作・傑作はその理由を上手く逃れた作品だ。

なぜ朝の連ドラは駄作になりがちなのかを考えてみよう。


1.長い

朝ドラは15分。これが月曜から土曜まで6日間。つまり週当たり、90分。これは大河ドラマ2回分である大河は1年、朝ドラ半年から大河朝ドラ放送累計時間とんとんになる。

大河は波乱万丈の人生を生きた人がテーマで、子供時代からおおむねその死までを描く。

大して朝ドラ現代劇であれば、その辺の平凡な女性のせいぜいが2年か3年かを描く。

そりゃまあ、話の種がなくて当たり前だ。そのために無理やりつまらないエピソードを延々と引き延ばすか、ありえないような奇天烈な展開をしなければならなくなる。

佳作傑作はこの問題をどう乗り越えたのか。


1.長く描く

主人公人生ほとんどその死まで描けばさすがにいろいろな事件が描ける。(「カーネーション」「おしん」など)

2.主人公複数体制にする

一番多いのは夫婦をそれぞれサイドでねっちりと描く。一人がネタ切れになればもう一人がカバーする。(「花子とアン」「ゲゲゲの女房」など)

3.有名人主人公/重要人物にする

有名人私生活への関心で、話を引っ張ることが出来る。(「マー姉ちゃん」「ゲゲゲの女房」「あぐり」など)

4.よく知られていない業界舞台にする。

業界への関心が、話に膨らみを持たせる。(「花子とアン」「あすか」「ふたりっ子」「ひらり」など)


ちゅらさん」のように沖縄舞台にすることで、話に膨らみを持たせるのは「業界秘話物」に近い。こうした策を用いることなくそこそこの仕上がりになった「私の青空」はたいしたものだった。


2.予算がない

じゃあなんで、面白くするための方便がありながらそれをしないのかと言えば、予算がないからであるロケ、頻繁な場面転換にはセット費用などの経費が掛かるのだ。なるべく同じ場所で、新しい登場人物もなるべくださずにやってください、ということになる。女子高校生主人公なのに、学校の場面はまったくなくて描かれるのは放課後ばかりというのは学校のセットは案外費用がかかるからだ。

どれだけ予算をぶんどれるか。それにはその年の大河ドラマなど全体の予算枠があるでそのかねあいもある。製作時期でいえば、「坂の上の雲」が製作されていた時期に、朝ドラ「つばさ」「だんだん」ウェルかめ」「てっぱん」などの箸にも棒にもかからないような薄味の作品放送されていたのは決して偶然ではない。


まれ」は朝ドラでは久しぶりの捨てシリーズだが、そういう捨てシリーズも時々挟まないと、毎回毎回、予算はそうつぎこめないということだ。「ゲゲゲの女房」以後、伝記物が多く、また、視聴率も健闘してきたが、あえてその流れを壊して「まれ」を差し込んできたのは、駄作を入れないと予算が厳しいからである

2015-07-29

僕の体験した怖い話の2番めのを書いてみる

ツイッターで「怖い話」を書くのが流行してるとの事だが、アカウント晒して書くとフォロワーが一気に消える上に変なフォロワーが沸いて出てきそうな、そんな「実話」を書いてみる。

自身は、これは「正真正銘、本当にあった話」として話すけど、この科学万能の世界ではまずまずあり得ない話。僕がキチガイであるとか糖質であるとか、そういうツッコミをしないと貴方精神衛生が保てない、という方はそもそも読まないほうがいいんじゃないかなと思う。

多少フェイクを入れているので、矛盾あればフェイクが影響していると思って下さい。お約束

---

僕が大学1年生の頃。OBとしてたびたび出身高校の部室に顔を出していた。

部室にいた、とても可愛い女の子メガネで、成績優秀で高1にして東大赤本趣味で解いてるような、変わってる上に頭のいい子だった。

何故か、一目で彼女と波長が合ってしまい、お互い特に知り合いというわけでもないのに、ペラペラとしゃべってしまう、そんな関係だった。ちなみに出会う前から彼女には彼氏がいたので、恋愛的なことは全く無い。

ひと通り話をした後。

「じゃあ、明日ぐらい、夜に会いに行きますね」

「?僕ん家知ってたっけ?(ちなみに通学圏の思いっきり端っこにある高校と、それまた真逆に有る自宅だったので相当離れていて、高校友達は誰も僕の町自体を知らなかったぐらい)」

「いえ、波長を辿って行きますので」

という謎の別れ方をした。

---

次の日の夜。

オナニーを終え、下半身裸で、明かりも消してベッドの上で横になっていた。いつもだったら、ちょっと毛布を引っ掛けてそのまま寝る流れだ。

つの間にか、ブゥーン、ブゥーンと、飛行機が空を飛んでるような、空気が震える音がしていた。その音がするたびに、全身にグラビテの魔法をかけられたかのように締め付けの痛みが発生する。

ブゥーン、ギューッ、ブゥーン、ギューッという感じで、なんだこれと思ったら起きられないというか、金縛りだった。それがかなり長い間続いた。

僕は何故か来る!と「何か」を予感した。

すると、窓から真っ白い手がふわっと現れた。

その手は、僕の耳の穴を隠すでっぱりの部分を正確に叩いた。中指の付け根で。ものすごく痛い。

シバシバシバシ!

痛い痛い痛い痛い!

これが「叩かれる夢」ならさめたから!とっくに目覚めたから!と思ってから更に10秒ぐらい、その殴打が続いた。

明らかに途中からもう夢じゃない

自分としては、全部「起きていた」自覚があるんだけど、まぁ百歩譲って最初のほうが夢だったとしても、いくらなんでも殴打の時間が長すぎて、意識がハッキリして「絶対に今起きてる」状態になってから、更にかなり長い間、ずっと同じ部分を叩かれ続けた。

シバシバシバシ!

そして、ふっと、それは終わった。

ブゥーンという音も消えている。窓も外の真っ暗なのが見えてるだけだった。

しーん。

突然の「静か」。

僕は上体を起こして、耳を触った。まだ痛い。明らかにビンタされた後のあの痛みが耳に残っている。

もうパニックだった。まだ数発なら夢だと思ったけど、自分の中では、明らかに夢じゃない

そしてここはマンションの4階であり、窓の下の地形は下り坂だし、ベダンダが無い側の窓で壁もひっかかりが無く、登れるはずがない。

キドキして、その日は眠れなかった。

---

また幾日が過ぎ、土曜日。僕はまた出身高校の部室に来ていた。

「あ、先輩、こんにちはー」

あのメガネの後輩とすぐに顔があった。

「あ、ねぇ、ちょっと聞いてよ、この前の、月曜日の夜さ!」

「あー、はい

彼女の返事が、何か意味あり気な感じだった。

「……あの……ひょっとして……」

そうだ、そういえば彼女「会いに行く」とか何とか言ってたっけ。僕は少し固まった。

「ええ、幽体離脱して、会いに行きましたよ。約束通り」

「……(マ、マジか?でも何か話を合わせてるだけかも知れん)」

「そう、こうやって手でとんとんって先輩の事叩きましたよ。覚えててくれたんですね、嬉しいなー」

と、手のひらを広げて、中指の付け根が相手に当たるような感じで手を突き出した。

「……え、あ……」

間違いない。本当だ。僕はこの話を誰にもしていない(大学ぼっちだったので)。誰にもしていない、手のひらのその部分で叩いたという情報。そして、暗闇にふわっと浮かんだ手と、彼女の手が同じだった。

確信した。アレは彼女だ。

「ああ、あのあれあの、すんごい怖かった!すんごい痛かったんだぞ!」

あいや、だって……」

彼女は少し顔を逸らして、小さな声で言った。

「私、会いに行くって言ったのに、あんな格好してるし……」

ああ、そういえば、下半身丸出しで、あそこから液が垂れてるような、そんな状態でしたよね……

その時の心境は「ほっとした」だった。その時まで「何か悪霊にとりつかれたのか」とか思ってすごく気に病んでいたのだ。正体がとりあえずは判ったので、ほっとした。本当にほっとした。

なのでその時は彼女に「ありがとう、取りつかれてるとか、そういうのじゃなかったんだ!ありがとう!」とお礼を言って分かれた。

んだけど、後で思い出して色々とアレな感情になり、結局その後、僕が出身高校に行く事は無かった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん