「して」を含む日記 RSS

はてなキーワード: してとは

2008-10-18

あたし風俗嬢

アタシ

風俗嬢

歳?

22

まぁ来年で23

稼ぎ?

まぁ

当たり前に

ほとんど無い

てか

このご時世にある訳ないじゃん

みたいな

彼氏

ヒモ

てか

アタシが養って

あげてる

みたいな


親元から逃げ出すために頼って約2年

ヒモの名前

××

歳?

4×歳

多分

顔?

まぁ悪い

人より身体は太いかな?

性格

まぁ悪い

アタシが

まともな男を

ゲットできる訳ないし

みたいな


てか

アタシ

友達いた事

ぜんぜん

ないし

当たり前

みたいな

小学校から

今まで

友達と遊んだ事

ないし

向こうから

虐めてくるし

別に

アタシから

避けてる訳じゃないし

人間ってさ

アタシみたいに

自分中心で

性格も悪かったら

磁石みたいに

反発する

みたいな

バカみたい

暴力ふるって

弱い奴を

スケープゴートして

まぁ

気持ちも

わかるけど

みたいな


この前話した人だって

アタシが

人見知りなのに

一生懸命言葉を選んで

話しかけただけでさ

ごめん

何言ってるのか聞こえない

だって

みんな言う事

同じだっつーの

学校

習ったのかよ

こういう風に

言いましょう

みたいな

バカみたい

だから

アタシが持つのはもう

オタクグッズだけ

みたいな

だれかと共同作業した事?

ある訳なくない?

アタシが


でさ

ヒモは

バブル感覚で事業始めては

失敗して

人のクレジットカード

勝手借金してくるし

家賃や駐車場代だって

一円も払わないし

セックスしてくる時

ゴムつけてくれないし

ウツだよね

ちょっとさ

思い出しただけで

これだもん


仕事

あぁ

薄給だった介護福祉士辞めて

身体売りはじめたし

ダルくないよ

別に

働かないと

借金させられたお金

返さなきゃだし

自己破産なんてしたら

一人じゃ生きていけなくなるし

もうすぐ

破綻しそうだけど

健康保険も今月末で

払えなくて切れるしね


アタシ

別に

上目指す?

そんなの

能力的に

論外だし

てか

できる奴は

めちゃくちゃ

うらやましいでーす

みたいな

アタシ

そんなの

ムズいだけだし

日本を建て直すの

頑張って下さーい

てか

オクニの為に?

みたいな


友達?

まぁ

脳内

いるし

最近やたらと

話し掛けてくるけど

見えねえっつーの

22歳で

現実から目を背けちゃってさ

メンヘラっちゃってる訳?

そんなの

一般の人に

したらさ

引かれる

みたいな

あたし十代の時なんて

大人になったら

独り暮らしでオタグッズ買いまくり

とか

言ってたクセにさ

DVD揃えるとか

コミケ初遠征とか

トレカ全種類コンプするとか

全身美容形成手術するとか

夢見てたクセにさ

成人して

普通

就職したら

ワープア

みたいになってさ

今度は

死ぬまで

借金一途ー

とか

言っちゃってさ

てか

そんなの

絶望しかない

みたいな

二次元以上に

色んな意味で泣けるとか

夢じゃないのこれ

みたいな


逆に

嘘くさくない?

この人生

一生続くって

絶対

二次じゃなきゃ

無理だっつ??の

世の中

見てみなよ

ホームレス

自殺

格差社会

みたいな

二次元以外で

希望があるって

言う奴

アタシ

普通

嘘だろバーカ

って

思っちゃうし

希望をもってても

いつか何かで失敗したら

もぉ

その時点で

負け

決定

みたいな

だったら最初から

産むなって

話になるじゃん

20081018

疲れた。

もう『あいつ』と付き合ってられない気がした。

人のモノを勝手に持って行って、いちいちケチをつけては返してくる。

一体お前は何さまのつもり。

やたらと自分のバンドの連絡を大勢の輪の中でやるし。

なんつーか、自分のバンドのアピールと言うより『自慢』にしか聞こえないんだよね。

てか、そんなデカイ面するほど上手そうじゃないしさ。

そういう人に限って、結構人脈あったりする。

なんか悔しいけど、俺はあいつが嫌い

して擁護したいわけじゃないが

カルト宗教を「非科学的だ」「金儲けだ」と批判するのは簡単だが、

じゃあそこらの普通仏教システムやお坊さんの金銭事情でもどうなのよ?と言われると、どうしたものかと思ってしまう。

http://anond.hatelabo.jp/20081018021517

ロビタはムーピーと心中してロボットになったエリート後日談だったような・・・

いや、「ロビタ」はチヒロが登場する「復活編」であってるよ。

以下「火の鳥 復活編」のネタバレ注意

とある事故(「火の鳥」が原因だと後から判明)で致命傷を負い、死を回避するために肉体のほぼ全てを機械化(攻殻機動隊風に言えば全身義体化か?)した青年の悲劇。

紆余曲折を経てチヒロをつれて駆け落ちした主人公機械の肉体を失う事になるが、その対価として自らの人格を愛するチヒロ電子頭脳移植され名実ともにチヒロと一心同体となる(電子頭脳内で二人が抱き合ったまま溶け合うシーンが描かれる)。しかし電子頭脳の容量を確保するために図体はドラム缶に頭と手が生えたような醜い姿になりはて、完全に機械となった影響のせいか、もとの人格は次第に失われ安っぽい人工知能のような思考と口調になっていくのだった。

さらに紆余曲折を経た主人公は一般家庭にお手伝いロボして拾われ「ロビタ」と名づけらる。その微妙人間くささがウケたロビタは大量に複製されて全世界に普及していくが、ふとしたことで子供を死なせた事故の原因だと決め付けられてしまい、事故に関与したとされるロビタは欠陥商品して回収、廃棄処分の憂き目にあう。同時刻、それを感じとった全世界の無数のロビタが一斉に職務を放棄し、一台を除いた全てが溶鉱炉に身を投げるという大事件に発展していく(残った一台がどうなったかは他の編で描かれている)。

復活編の特徴は、人間機械の狭間で苦悩する主人公が完全にロボットになってしまうまでの悲劇と、「ロビタ」と呼ばれるお手伝いロボが前代未聞の集団自殺を遂げるまでの経緯が時間をさかのぼるように同時進行で描かれ、まるで無関係に見える二つの物語が、「主人公の成れの果て」=「ロビタ」と判明する最後でリンクするというところにある(と俺は思ってる)。

その他、育児ベビーシッターに押し付けて自身の娯楽や仕事ばかりを優先させ、いざ我が子が死ぬと無理やりにでもロビタを犯人してしまう親の姿など、40年近く昔に描かれたとは思えないシーンも見所のひとつか。

トイレ

以前「最近の若い男性は小便も座って用を足す」という記事を見て「けっ、男の癖に何を女々しい」と思っていた小職ですが、以前の風呂便所一緒の部屋からグレードアップした新築マンション引っ越してきてその気持ちがよく分かった。

して今日も座って尿

やけに物分かりのいいやる夫で学ぶ、「ニセ科学

やる夫 「ふぁーんたすーちぽー♪」

やらない夫 「えらくご機嫌だな、どうした?」

やる夫 「フフーン、昨日イイ話を聞いたんだお。これでやる夫は幸せになれるお!」

やらない夫 「なんだ、株の必勝法でも聞いたのか?」

やる夫 「何言ってるんだお。これだから心の汚れたやつは、、、」

やらない夫 「おいおい、随分だな。で、イイ話って何だ?」

やる夫 「うむ、やる夫は優しいから教えてやるお。感謝するお。」

やらない夫 「はいはい、やる夫は優しいです。で、早く教えてくれ。」

やる夫 「なんか言い方か気にくわないが、まあいいお、、、やる夫が聞いたイイ話、それは、”水の結晶”の話だお。

やらない夫 「・・・ほう、水の結晶、ね。どんな話なんだ?」

やる夫 「聞いておどろけお、、、水は言葉によって結晶の形を変えるんだお! これはすごい話だお!!」

やらない夫 「・・・それは興味深いな。詳しく聞かせてもらおうか、、」

やる夫 「お、やらない夫も興味を持ったかお。当然だお。やらない夫にも教えてやるお、感謝するお。」

やらない夫 「うむ(なんかテンションが異様に高いな、、、)。頼む。」

やる夫 「なんか、今日のやらない夫は、いやに素直だお、、、まあいいお、説明するお。」

やる夫 「これは、”水からの伝言”という話だお。言葉が水に影響を与えることを実験で確かめた画期的な話だお。

やらない夫 「ほう。」

やる夫 「それを言い出したのは、”江本勝”という人だお。この人は天才だお。ノーベル賞ものだお。

やらない夫 「で、その実験というのは、どういうのなんだ?」

やる夫 「ふふふ、、、これはすごいお。水に”ありがとう”という言葉を聞かせてから凍らせると、なんと、綺麗な結晶が出来るんだお。しかも、”ありがとう”を書いた紙を、水が入ったビンに貼り付けても、同じになるお! さらに、だお。”ばかやろう”とか”ムカツク”だと、結晶がぐちゃぐちゃに崩れるお! これはヤヴァイお!!」

やる夫 「これから、感謝言葉を常に使うように心がけるお。人間の70%は水で出来てるから、きっと健康にもいいお

wwwwww 良くない言葉を使うと、病気になるかもしれないお、おっかないお!!」

やらない夫 「うむ、、、やる夫よ。」

やる夫 「ん、なんだお? あまりの話に、すぐには信じられないかお? まあ仕方ないお。ボンジンにはとーてい受け付けられない話だから、やらない夫にもすぐには無理だお。

やらない夫 「いや、そうじゃなくてだな、、、それは、”ニセ科学”なんだよ。」

やる夫 「ん、”ニセ科学”? やらない夫、何言ってるだお? とりあえず落ち着くだお。

やらない夫 「まあ、よく聞け、、、それは、実験したと言ってはいるが、実はデタラメなんだよ。」

やる夫 「ああっ? お前何言ってるお!? ふざけんなお!!」

やらない夫 「落ち着け、、、”水からの伝言”、略して水伝”と言われることもあるが、それは、科学専門家からはデタラメだと言われている話なんだよ。」

やる夫 「そんなのどうでもいいお! それは、科学者が間違ってるんだお! 常識にとらわれた科学者に江本先生の高級な理論は理解出来ないんだお!!」

やらない夫 「とにかく、落ち着いて聞いてくれ。よーく、水伝の言ってることを考えてみるんだ。江本氏は、”良い言葉”をかけると”美しい結晶”が出来る、と言っているんだろう?」

やる夫 「うむ、そうだお。

やらない夫 「そこで言われる”良い言葉”ってのはなんだ? ”美しい結晶”ってのは?」

やる夫 「?」

やらない夫 「つまりだな、”良い”、”悪い”、”美しい”、”汚い”のはどう決めてるかってことだ。」

やる夫 「何言ってるお? 良い言葉は”ありがとう”とかで、美しい結晶は形が整っている物に決まっているお。」

やらない夫 「いや、ありがとうが良い言葉って、じゃあ、他の国の言葉はどうする? 英語に”ありがとう”って言葉はないぜ?」

やる夫 「それは、どんな言葉でもいいんだお。感謝言葉波動が水にいい影響を与えるお。」

やらない夫 「波動、ねえ、、、それは、言葉から出るのか?」

やる夫 「そうだお。言葉にはそれぞれ波動があるお。いい言葉からはいい波動が出るお。」

やらない夫 「言葉ってのは、意味と音がそのまま対応してるわけじゃないだろ?」

やる夫 「ん? それはどういうことだお?」

やらない夫 「一番わかりやすいのは、同音異義語だな。それに、同じ言葉でも、人によって音は違うだろ。俺とお前の声も違うしな。」

やる夫 「そんなの屁理屈だお! 細かいこと言うなお!!」

やらない夫 「いやいや、それはダメだろ、常識的に考えて、、、良い言葉でどうこうってのは、江本氏が言い出したんだから。」

やる夫 「むう、、、そうだ、言葉を使った人から波動が出るんだお! ”ありがとう”を言ってる時の心が影響するお。」

やらない夫 「いや、それもおかしいな。だって、その”実験”とやらでは、紙に書いた文字を”見せる”んだろ? 書いた時の波動とやらが、文字に乗り移るのか? それだと、文字はなんでもいいんじゃないのか?」

やる夫 「むう、、、、」

やる夫 「でも、実際、実験では綺麗な結晶が出来たお! これは間違いないお!!」

やらない夫 「そう思ってる人は多いみたいだな、、、実は違うんだよ。」

やる夫 「どういうことだお?」

やらない夫 「江本氏は、実験とは言ってるが、どういう状況でそれをやったのか、はっきりさせていないんだな。言い出した側が、どういう実験をしたかちゃんと明らかにして、他の研究者が確認出来るようにする。これ、科学の基本な。で、江本氏は、それをやっていないわけだ。」

やる夫 「むう、、、もしそれが合ってるとしても、”ニセ科学”は言い過ぎだお! 将来証明されるかも知れないお!!」

やらない夫 「(本当は証明しようがないんだが、まあ、そこまでの理解は今は無理か、、、)まあ、仮に、将来実証されるかも知れないというのを認めるとしよう。でもな。それでも、”ニセ科学”には違いないんだよ。」

やる夫 「何言ってるお! 証明されてないからニセ科学なんて、おかしいお!! 科学者の傲慢だお!!!」

やらない夫 「ああ、お前は、”ニセ科学”の意味をわかってないんだな。まあ、しかたないことか、、、」

やる夫 「なんだお! バカにするなお!! スーパーウルトラグレートデリシャスワンダフルボンバーを食らわすおっ!!!」

やらない夫 「ああ、わかったから、まあ聞け。お前、”ニセ科学”をなんだと思ってる?」

やる夫 「はあ、はあ、、、ん? そんなの決まってるお。超能力とかのことだお。

やらない夫 「うーん、具体例を出すだけじゃアレだが、まあいい、、、うん、それは間違ってるな。」

やる夫 「どういう意味だお?」

やらない夫 「水伝は、ここ数年、”ニセ科学”として批判されてきて、批判している科学者の代表的人物が、大阪大学菊池誠教授なんだが、、、菊池教授や、菊池教授に賛同してニセ科学”を批判している人達は、それに、”科学でないが科学を装っている”という意味を持たせている。」

やる夫 「ややこしくて意味がわからないお、やる夫にもわかるように噛み砕いて説明するお!」

やらない夫 「(態度デカいな、、、)つまりだな、科学的に証明されていないだけでは”ニセ科学”とは呼ばれない、ってことなんだよ。お前、水伝が証明されてないと仮に認めるとしても、ニセ科学は言い過ぎだ、って言ったよな? だけど、ニセ科学ってのは、科学で実証されてないもののことじゃなくて、”実証されてない”のに、”実証されたかのように”言うものなんだな。江本氏は、”実験”で確認したって言ってるだろ。それは科学の話だよな。”実験”なんだから。んで、さっき言ったように、江本氏側は、まともな実験なんてしてないわけだ。これは、論文が出てないことからも言える。そこら辺の中学生が”実験して理論を見つけた、と言っただけじゃダメだ、というのはなんとなくわかるだろ? それと同じだな。」

やる夫 「うーん、なんとなくはわかるお、、、つまり、科学じゃないもの、じゃなくて、科学じゃないのに科学っぽく言ってるものってことかお?」

やらない夫 「そういうことだ。ああ、ちなみに、だが。江本氏は、雑誌インタビューに答えて、水伝ポエムだ、ファンタジーだ、と言ったんだが、これを引き合いに出して、江本氏はそもそも科学と言ってないんだから”ニセ科学”という批判は的外れだ、と擁護する意見もあるんだな。これはおかしいんだが、どうしてかわかるか?」

やる夫 「いや、わからないお。科学でないって言ってるんなら、確かにニセ科学というのはおかしいんじゃないかお?」

やらない夫 「うむ、ある種の典型的な考えだな、、、よく考えてみろ、水伝は、言葉によって水の結晶の形が変わるといって、それを”実験”で確認したわけだ。これはつまり、自然がどうなってるか、その仕組みについて新しい事実がわかった、と言ってるのと同じだよな?」

やる夫 「まあ、そうなるお。」

やらない夫 「で、だ。理科の授業では何を習う? 物質は原子や分子で出来ている、とか、化学反応のことをやるだろ? それって、自然の仕組みがどうなってるか、ということだよな。それを考えると、江本氏が言ってるのは、”科学”の話なわけだ。まあ、言い逃れだな。そういうのを認めてしまうと、たとえば、何かを食べてやせられる、それを実験で確認した、って根拠もないのに言って、そこを突っ込まれると”科学の話じゃない”って言い逃れするのも認めるってことだ。”科学”という言葉を使わなければ科学の話ではない、ということじゃあないんだな。」

やる夫 「むう、、、なんとなく分かるお。○ャネルにクリソツなバッグを売って突っ込まれて、それはオリジナルだ、って言い逃れするようなものかお。」

やらない夫 「まあ、それに似ているな。作ったやつがシャ○ルなんか知らんと言い張っても、普通通用はしないだろうな。まあ、厳密には違う所もあるかも知れんが。」

やる夫 「それで、”ニセ科学”には、他に何があるお?」

やらない夫 「有名どころでは、”血液型性格判断”があるな。これは最近テレビや本でも再ブームになってるみたいだし、かなり浸透してるからな。定番だろう。」

やる夫 「それなら、”科学的根拠がない”って話は聞いたことあるお。」

やらない夫 「うむ。まず、血液型性格判断は、科学的には否定されている。まあ、まだ確実にわかったわけじゃない、と言う人はいるが、どっちにしても、それが成り立つのは証明されてないわけだ。ああ、統計とった、と言ってる人はいるが、あんまり意味ないな。さっき言ったみたいに、ちゃんと論文してないとダメなわけだ。これは、手続きの問題でもあるな。そういうのをきちんとしないと、どんな適当なことでも、わざわざ証明しに行かなければならんという話になる。だから、言いだしっぺが証明するのと、それをちゃんとした場で発表して確かめてもらう。これ科学の基本な。言うだけなら誰にでも出来るってことだ。」

やる夫 「でも、占いならいいと思うお。合コンで盛り上がれるしwww」

やらない夫 「ああ、血液型性格判断ってのは、占いじゃないんだな。A型にはこういう性格人間が多い、だから、血液型を知ったら性格も当てられる、という話だろ? だから、それが正しいと思って使ったら、それはニセ科学なわけだ。自然の仕組みの話をしたら、科学と言わなくても科学の話になりうる、というのと一緒だな。ただ、B型今日の運勢は、、、という意味での”占い”なら、俺は構わんと思うぜ。まあ、ここは、色んな考えの人がいるが。」

やる夫 「他にも何かあるのかお?」

やらない夫 「ああ、これはお前もよく知ってるな。”ゲーム脳”だ。」

やる夫 「”ゲーム脳”!!!! きたお!! ゲーマーを不当に貶めるウソだお!!!!」

やらない夫 「(思った通りの反応だな、、、)まあ落ち着け。俺も気持ちはわかるが、、」

やる夫 「ハア、ハア、、、うう、軽く取り乱したお。あれも”ニセ科学”と言うのかお?」

やらない夫 「うむ、そうだ。ところでやる夫よ。」

やる夫 「?」

やらない夫 「お前はゲーム脳デタラメだと思ってるよな。それはなぜだ?」

やる夫 「そんなの決まってるお。ゲームやって脳が壊れるなんてありえないお! 現にやる夫も、1日16時間ゲームやってるけど、こんなに頭脳明晰に育ってきたお!!」※ゲームはほどほどにしましょう。

やらない夫 「(ダメだこいつ、早く、、、)いや、それはおかしいな。」

やる夫 「なんでだお! やらない夫は、ゲーム脳かばうのかお? お前は森昭雄を擁護するかお!!」

やらない夫 「なんでそうなるんだよ。ゲーム脳ニセ科学だと言ったろうが、、、まずだな、お前は、自分の経験から、ゲーム脳はないと思ったわけだ。自分は大丈夫だから(って、大丈夫じゃない気もするが、、、まあいいか)間違ってる、ってな。」

やる夫 「そうだお。それがなにかおかしいかお?」

やらない夫 「うむ。結局、個人の思い込みから否定してるんだから、思い込みでニセ科学を広める人と変わらんわけだな。大体お前、水伝を鵜呑みにしてたじゃないか。」

やる夫 「むう、、、」

やらない夫 「ゲーム脳がなぜデタラメか、それも水伝と同じようなものだ。まともな論文はないし、実験もめちゃくちゃだし、大体、ゲーム脳定義もないわけだな。ググれれば沢山批判はあるから、それを見るといい。仮に、ゲーム脳意味を、”ゲームのやりすぎで脳が壊れる”としとこう。これは定義にはなってないが、まあ、それはおいとく。そうすると、ゲーム脳ってのは、”あっても構わない”、ちょっと小難しく正確に言うと、”その現象は存在してもおかしくない”というわけだな。だけど、ゲーム脳を言い出した森氏は、証明は全然出来てない。さっき定義がないって言ったが、脳のある部分の機能が低下するって所も、どのくらいそうなるか、とか、どうやって測定するか、とか、とにかくデタラメなんだな。それなのに森氏は、実証したと触れ回ってる。だから、”ニセ科学”。それがありえないという決め付けじゃなくて、証明されてないのに証明されたと言ってるから、そう言われる。」

やる夫 「つまり、やる夫も、ゲームが好きだからゲーム脳デタラメだと決めつけてしまった、ってことかお、、、」

やらない夫 「そうなるな。血液型性格判断でも同じようなことがある。自分の血液型を当てられたことがないからデタラメだ、という感じだな。でもそれはダメで、重要なのは、それが科学の手続きで証明されているか、という部分なんだよ。血液型性格判断も、それはあってもいい話だ。割合が偏っていれば成り立つんだからな。だが、実際調べられて、否定されたわけだ。そこを押えとかなくちゃならない。批判もきちんとしないといけないってことだな。」

やる夫 「うむ、、、なんとなくわかってはきたお。やる夫も”ニセ科学”に興味を持ったお。どこか、いい資料はないかお?」

やらない夫 「いい心がけだ。ニセ科学批判は誤解されることも多いからな。いくつか教えるから、調べてみるといい。」

やる夫 「おk。・・・やらない夫。」

やらない夫 「なんだ?」

やる夫 「色々教えてくれて、ありがとうだお!」

***************

以下、ニセ科学論について参考になる資料を挙げます。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/nisekagaku/index.html

菊池誠教授大阪大学による、ニセ科学関連のテキストニセ科学批判を行っている代表的な人物です。ニセ科学がどういう意味か、なども書かれているので、参考になります。菊池教授ブログhttp://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php)では、ニセ科学問題を中心として活発な議論が行われています。

http://www.cml-office.org/ww-gl/

天羽優子准教授山形大学サイトブログ掲示板など、充実しています。

http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fs/

田崎晴明教授学習院大学による、「水からの伝言」批判。水伝問題点が、分かりやす言葉で丁寧に書かれています。必読です。

http://www.tv-game.com/

ゲイムマンさんのサイトゲーム脳批判が充実。山本弘氏や斎藤環氏へのインタビューもあります。

http://www1.doshisha.ac.jp/~yshibana/etc/blood/archive/index.html

柴内康文准教授同志社大学の、血液型性格判断を検討した文書。大変丁寧に書かれていて、読みやすいです。

http://www39.atwiki.jp/cactus2/

ニセ科学論についてのwiki。とても詳しく説明されていて、情報も充実しています。

http://anond.hatelabo.jp/20081018015931

あからさまにDQNならまだいいよ

うちのはさ・・・

外でいい顔しておべんちゃらばっか使ってて、社長社長なんてもてはやされては浮き足立って喜んじゃって

会社にいるときは「はだかの皇帝陛下さま」なんだよ

社会貢献性が高い事業なんだからがんばりましょう!

・がんばりましょう(戦略は一切ないけど)

・ひとりひとりの努力が結果になります(おいしいとこは社長が総ドリ)

未来日本のために(いやいや会社社員未来をまず心配してくれ)

って、そもそもどんな事業にも社会貢献性はあると思うんだが。

社会貢献していない企業なんてこの世にはない、淘汰されているはずだと思う。

賢しいお坊ちゃん大学サークルのノリで会社作っちゃいました、って感じだよ、いまの会社

もうこんな会社辞める、一日も早くアノ会社が潰れますように☆

イブの時間は「火の鳥」「イノセンス」を踏襲するか!?

ほってんとり経由で

http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/51283909.html

を見てのマインドマップポストイット


火の鳥じゃね?

ロビタ?チヒロ

事故で手術の後、人間人間に見えなくて作業ロボットが唯一人間らしく見えたほうはチヒロだっけか?

ロビタはムーピーと心中してロボットになったエリート後日談だったような・・・


イノセンスにも似てる?

もしくはSACのささやかな反乱。


人間に危害を加えない。人間の命令に従う。自己を守る。

この原則を守りつつロボット尊厳らしきものを守る行動が自殺

ロビタでも、イノセンスでも。

ヒロのケースは忘れた、SACの3話はマスターの命令に背いて犯罪行為を止めたんだっけ。


イブの時間も2話のラスト付近でロボット個性がどうのこうのというネタになっていたから、個性の果てに自殺するのかなぁ

イノセンスもロビタも中身は人間から・・・というケースだったからイブの時間でもゴースト元があるとかだと内容的にヤバイネww


人工知能は高度演算処理プログラムじゃなく、ネットワークの海で生まれた人形使いであってほしいな・・・シナプス的に(で増田人工知能日記となるとwww)


イブの時間予測される展開は

サミーリクオの命令にそむいた後自殺(自壊)する! → リクオ絶叫エンド

「愛さない」なんて無理

http://anond.hatelabo.jp/20080729010923

愛国心を捨てたいのなら、この国の現在過去未来一切に興味も関心も持つな。不満を持つな。意見も持つな。期待もするな。一切無関心でいられてこそ、完全に愛国心を捨て去った高みへと上ることが出来る。政党批判など言語道断。「大気における酸素の割合がたったの2割なんて少なすぎる!」と文句を垂れるに等しい愚行と心得よ。

これまで日本のことが好きで、日本をよくしたいと思っていましたが、

で、具体的に何をしてきたんだ?クソほどの価値も無い感情に「愛」などとそれらしいラベルを貼り付け、それを勝手に国に押しつけて、空回りした挙げ句に拗ねてるようにしか見えんよ。

先週、会社に未払い賃金請求した。

「何考えてるんだ」と怒られた。


そうだよな、そら俺だって

「100万ほど未払い賃金があるので支払ってください」

とかいきなり言われたら怒るわ。

で、怒った社長に色んな事言われた。


勝手残業したんだろ、俺は強要していない」

「帰りたければ帰ればいいだろ」

「お前が勉強してるのだって、売り上げに繋がらないけど止めなかったというのに、ありがたく思ってないのか」

勉強しながら仕事しているようなもんなのに、請求できる立場か」

「誰が稼いであげてると思ってるんだ」

「誰が食わせてあげてると思ってるんだ」

「お前のこなした仕事利益が出てると思ってるのか」

「人としてこんなの(請求するなんて)ありえない」


エトセトラ


会社には賃金の支払い義務が有るので、ゴネるか労基行けばきっと支払ってもらえた。

でも、結局「要りません」と言ってしまった。


月給以外の賃金が出ない会社

毎月40、50時間程度の残業でぐだぐだ言う方が軟弱なんだろう。

でも、毎日仕事頑張ってたよ。

会社と、一緒に働く社員の為を思って、頑張ってた。

辛いのは俺だけじゃないから、俺も頑張ろうってさ。

人の仕事の手伝いで、一人で残業して終電で帰った夜も、

「皆頑張っててつらいんだから頑張ろう」って一心で頑張ってた。

伝わらなかったんだな…


あー、でも伝わるとか伝わらないとかは仕方ないよな。

考えの違いってものもあるし。俺は頑張りたくて頑張ってただけだし。


でも、社長にお願いしたい。

定期健康診断だけでも取り入れてください。

他の社員が体調崩したり、疲労でぶっ倒れて休む度に心配なんだ。

何か有った後じゃ遅いんだ。


もうすぐ辞める、わがまま社員の独り言。

http://anond.hatelabo.jp/20080729010923

バカ騒ぎの娯楽を否定してどうすんだよ、そういうのが無くなって啓蒙的な番組ばっかになればいいの?

それ日本のためになるの?バカ騒ぎを見て楽しい気持ちになる、ってのは国民にとってのプラスじゃないの?

お前のそういう考え方こそが日本にとってマイナスになると思うんだけど。ひょっとして日本のこと憎んでるのかい?


あと正当な批判って言うけどTPO考えろよ。それに国家単位で物を語るのってそうとうに難しい問題だからな。

どこの国だって理不尽なことはやっていて、その理不尽だけをつついたって「正当な批判」にはなるけど、下手をすればただ悪口言い放題です、ってことにもなりかねない。

だからこそ脈絡ってものが重要視されるわけだし、そこは頭使わないといけないよ。


つか、「モテないから愛国心なんて持っていても無駄なんだ、だから愛国心を捨てよう」ってそれはただのファッションであってそもそも愛情じゃないだろう。

下でも書いたが「愛国心を持っている自分が好き」でもそれはそれで愛国心だと俺は思うんだけどお前のはそれ以前の、「感情」ですらないように見えるんだけど。

思いっきりマジレスしといて最後にこういうこと書くの卑怯かもしれないけど「注目集めたきゃわざと隙のある文章を書け」ってことを意識的にやってそうだよね。

http://anond.hatelabo.jp/20081018011129

いいか、保育園えげつない振る舞いに対して反抗していいんだよ。シートンがどうであれ反抗していいんだ。

弟の頭の悪さに本気で絶望した

隣の部屋で弟が友達とギャーギャー騒いでる。

「自分の人生なんだから、人から何を言われようとやりたい事をやるべき」

「仲間のためなら何でもできるし、絶対裏切らない。まじめなやつらより俺たちのほうが情に厚い」

「外面を気にして、好きでもない人間に愛想よくしてる奴のほうが頭がおかしい」


ああ、そうなんだ。

こいつらが何かやらかすたびにあちこち頭下げて回ってる両親とか、

こいつらのせいで学校行事台無しにされたクラスメイトとか、

夜中にバイク爆音で叩き起こされる近所の人とかは、

「好きでもない人間」だから配慮する必要がないってか。ふざけんな。


善人になれとは言わないが、自分の尻も自分で拭けない奴らが集まって

「俺達っていい奴だよな」「俺達って自然体だよな」かよ。ふざけんな。

本当に人間かこいつら。まだ猿なんじゃないのか。

むしろ猿になって山で暮らしてくれ。

こんなやつらに文明なんかもったいない

 いま付き合ってる人のことがすごく好きだ。でも昔好きだった男のことも繰り返し思い出してしまう。思い出したってどうにかなるわけじゃない。やりなおせるわけでも、連絡がとれるわけでもない。いまの相手を蔑ろにしたいわけでも、いまの相手と別れたいわけでもない。でも、思い出してしまう。ああ、あの子は元気にしているのかな、と、いらぬ心配をしてしまう。なんでだろうね。なんで、思い出してしまうのだろう。

 いま付き合ってる人のことがすごく好きだ。だけどバランスを失うほど夢中にはなれない。いま付き合ってる人のことがすごく好きだ。だけど手のかかるあの子ほど熱心になることはない。それはやっぱり、バカな子ほどかわいいと思う親心と一緒で、できの悪いあの子と、特に何の手もかからない大人のあの人とを天秤にかけて、面倒が多い方にばかり着目しているせいなんだろうか。手間をかけた分だけかわいいと思う、動物園飼育係か、農業に従事する方の農作物に対する愛情と同じ心理状態にあるんだろうか。

 自分の気持ちが分からない。だけど、あのときより少し大人になって一つだけ分かったことがある。それは、正しさがどこにも存在しないってこと。本当のこととか、正しいこととか、信頼できることとか、根拠にしてもいいことなんてどこにもないってこと。私が本当は誰を好きかなんて問いに正解はないってこと。だから私はずるい答えを用意する。「どっちも好きだよ」と、まるで不倫相手と妻の間で板挟みになる気の弱い卑怯な男みたいに。「どっちも好きだよ」どっちのことも大切だ。そう思う心の裏側に、少しも薄汚いものがないといったら嘘になる。

 結局、自分のことを大切にしてくれる相手を確保しながら、自分が大切にしたい相手のことを勝手に思っているこの状況は、不誠実なのではないか。実際の行動が伴わぬだけで、不倫浮気とそう変わらないのではないか。そういう自責の念は、ある。結局、自分がかわいいだけなんじゃないか。結局、一人になるのが嫌なだけなんじゃないか。分からない。正しいことなどどこにもないし、正しい答えというのは、自分がそれと信じただけのものでしかないのだから、答えを求めることをやめた。それでも、理由を探してしまう。なんで、思い出してしまうんだろう。

anond:20081018001741

二年先輩の増田になるな。

二年先しか生きてないから、えらそーな事は言えないけど、現役っていう意味では聞いて損はないと思う。

というのも、俺が高校生活で良かったことと、後悔したことだ。

自分を振り返るためにも書かせてもらう。

まずは勉強だ。自分は自分なりながらも結構やってきたつもりだから後悔はない。

あたえられた課題はしっかりこなすこと。増田は賢いだろうから大丈夫だと思うけど。

あとはほかの勉強だ。増田過去のことを引きずるのはわかるが、自分は現在生きているわけで、これからも生きるんだから、気持ちとしてプラスになることを考えよう。そいつらを見返す。いいと思う。でも、それとは別に自分が成長できることを、できる限り多種多様に考えてほしい。

そういえば、タメになったのがあったから貼っとく。http://practical-scheme.net/trans/hs-j.html

これらに含まれるけど、やっぱり友達は大事だな。大切にしたい。

書き殴ってしまったけど、少しでも増田のためになればと思う。お互いがんばろう。

http://anond.hatelabo.jp/20081018010048

あのさ、最初から愛国心なんて持ってなかったんだよ、お前は。最初から自分を愛していただけ。単に「愛国心持ってる俺かっけー」って思うためだけに国を利用していたに過ぎない。ただの自己愛。

これによって「国が好きだ」と自分が思えていたらそれは愛国心だと思うぜ!

最悪のエンコ

今日は俺のエンコー史上最低の日だった。


俺の提示した金額でOKだったから、待ち合わせ場所を聞いたら、うちの前まで迎えにきてって返事。普通エンコーの女は極力身元を隠すもんなので、この時点で悪い予感。


教えてもらった道順をまちがえて、ぜんぜん違うところに行ってしまう。これは俺の責任だけどちょっとイラつく。


うろうろして、やっとアパートの前に到着して連絡したら、「え、もうついたの? 今洗濯してしてるから待て」って返事。いや、だから5分くらいまえに「道がわかった、あと5分でつくよ」って連絡したじゃん。


片道通行の狭い道なのに、アパートの隣に塾があって、親の迎えの車が大量に通るから、邪魔にならないように避けようとするけど、もたもたしてたら、塾のスタッフが走ってきて「何年生の(迎えの)かたですか?」とか声をかけてくる。「違います」と返事をして、逃げるように脇の細い道に入るけど、また地元民らしい車と鉢合わせになってしまう。しょうがないから、脇の月極め駐車場に入って切り返そうとしたら、そこにも今から出ようとする車がいて、ガラの悪いチンピラ風の男に「邪魔だ!」みたいに食ってかかられて「すいません、すいません」と謝りながら逃げ出すはめに。


↑まーこれは9割は女のせいじゃないけど、イライラが最高潮に。もうHする気分じゃなくなってる。


で、アパートから少し離れたところに待機してたら、20分くらい待たされたあげくに、女がアパートの前まで車をもってこいって言う。おれも、かなりイライラしてたから、きつい感じで、すぐそこなんだから、そっちが歩いてこいって言ったら、女のほうも空気を察したのか下手にでて謝ってきて、さらに自分の部屋でHをしようと切り出してきた。


この時点っていうか、それ以前の20分も待たされた時点で帰ればよかったけど、エンコー女が部屋に来いってのが、過去経験したことのないことで、判断をあやまってOKしてしまう。


で、部屋に入っていったのだけど、なんつーか、部屋が汚い。ゴミは散乱してるし、布団は引きっぱなしと思われるせんべい布団だし、トイレを借りたら、カビだかタバコの灰だかわからない黒い汚れが便器や床に大量についてるとか。


あとは、女がぶよぶよだったとか、ぶよぶよのクセにほかのデブ女をバカにしてるとか、俺が部屋に入って数分くらい目もあわせず携帯をいじりっぱなしだったとか、「さーやることやって、さっさと終わらせようか」みたいな態度があからさまだったとか、自分が会話のキャッチボールできないくせに「いつもそうなの? もっと楽しそうに喋ったほうがいいよ」とかおれに説教しちゃうとか、友達が遊びに来ちゃうとか、ここからが本題なんだけど、書く気力がなくなったので終わる。

反応してはいけない。

大好きな人がさ。彼女持ちだったのね。

でも、向こうも私のこと好きって言ってくれてて。言い出したのはあっちが先。

彼女いるんでしょ、そういうのは彼女に言いな」とかってあしらってたのね。

でも私は大好きでさ。その気持ちは向こうも知ってて、というか、周囲にからかわれてて。


そんな折、急に彼が接近してきた。近距離戦になった。ビックリ

おかしいと思って話を聞いてみると、「彼女と別れた」というではないか!

彼の誕生日近い!チャンス?!と思ってたわけですよ。

しっかし色々問題もあるしなあ。うーん、と取らぬ狸の皮算用してたのね。


しかし彼の様子も一貫していない。ある日は熱烈に口説いてくるけどある日は控えめ。

彼女の家の方向に帰ってる??

おかしいな?と思って話してみると、「彼女とは微妙」。とのこと。


別れ切ってないってこと?別れる気がないってこと?


なんか、騙されたような気がして

次そんな話題になったらそう言ってみよう。

もてあそぶのは体だけにして欲しい。心をもてあそばれるのはとても嫌だ。

(追記:この彼とは体の関係どころかなーんもありません。仕事中口説かれてるだけ。)

そんなに英語に苦しみたいの?

こないだ日本旅行したらしいアメリカ女の子によると、東京地下鉄ではみんな英語勉強していてぎょっとしたそうな。そんなに語学に苦しみたいのなら、ちょっと書いとくか。って僕も苦手なんだが。しかし、サディストが多いんだねw(でも、文法だけ取れば英語はまだそれほど難しくないかもしれない)

1 安易な学習方法はない

最近、知らない単語でも辞書を引かずに読める方法とかいうのがあったが、発音なんて、んなもの慣れたらすむ話。

知らない単語でも辞書を引かずに意味がわかるようになるには、それまでに散々辞書を引いたり単語を丸暗記したりしてはじめてそういう勘がはたらくようになる。その昔、英文学先生が、何十年も英語をやっていてまだ辞書を引かねばならんかとぼやいておられた。諦めが肝心。もっとも、英文学だからそういうことになるわけで、我々のようになんとか英語が使えたらいいなあというレベルなら、そこまで諦める必要もない。

2 辞書は圧倒的に紙の辞書

そりゃ電子辞書は便利。軽くてすぐに 検索できるし。

それでも、紙の辞書の優位性は変わらない。

その1、用例が豊富辞書意味を知るためにあるのではない。用例を読むためにある。

その2、書き込みができる。どんどんよごして、自分の記憶を確かにするには紙の辞書しかない。

その3、ぼろぼろになる。ぼろぼろになるまで使い込んだら、それなりに言葉がものになった証拠。この自信が外国語進歩にはとっても大事。(もっとも、僕は辞書を枕にしてたらぼろぼろになったけどw)

だいたい、辞書を引く早さなんて、慣れたらそうそう電子辞書に負けないと思うんだがな。それに、言葉を見つけるまでの間にその単語をつぶやいてたり、あるいは別の単語に寄り道するのが大事なんじゃないか。

3 他の外国後も勉強してみる

終風先生は、いつもラテン語ギリシア語の語感がわからなきゃとおっしゃるが、そんなものは哲学をやってないとわからない。カエサルだのプラトンだの原語で読む物好きはそういない。

でも、英語ばっかりやっていてもどっかで行き詰まる。これがつらい。

ならいっそのこと、ほかの外国語をやってみたらどうだ。欧米語なら文法もあるていど共通しているし、それに単語も結構つかえる。さらに、ある程度やったうえで英語に戻ると、あら不思議、知らないうちに理解が深まってるものだ。

それに、全く言語体系の違う日本人が複数の欧米語を知っているというだけで、結構尊敬されるのだ。

4 最後は中身と開き直り

最終的には、外国語で何をいうかであって、ぺらぺらしゃべれることじたいには大して意味がない。英語に堪能で中身のない人間は、アメリカにもイギリスにもやまほどいる。ではなくて、彼らとは異質の人間である日本人して、あるいはアジア人間して、あるいはだれとも違う個人である自分として、何を考えていてどう発信するかがより重要なのだ。

しょうしょう極端な意見でもかまわない。正しい日本イメージをもってもらおうとおもっても、そんなものはどこにもない 。それよりも、自分自身の意見をぶつけてみて、面白いと思われることのほうがはるかに重要だと思う。

英語母国語としない人は、たとえヨーロッパの人でも、かなり無茶苦茶英語を使う人もいるし、それを自分で笑ってたりする。なにも臆することはない。無茶苦茶でもなんでも、自分の考えや感情が、伝えたい相手に伝わりさえすれば、それで言葉のようは足りる。開き直りが肝心ではないか。

id:X-key氏の批判に応える

http://anond.hatelabo.jp/20081017225836

を書いた元増田ですが。

これのブクマコメントに、

id:X-key 『そういう論点は全て的外れであって、問題の本質ではない』と言った時点で、この問題に論点が複数あることに目を瞑りました宣言。論点整理もしないで自論に持ち込もうというのは、シートン先生と同じで感情・好悪論

という批判を頂いた。折角頂いたが、この批判もまたいくらか的外れである。

なぜなら自分は別に複数の問題に目を瞑るつもりはなくって、そもそもが「シートン先生はどういうつもりであのエントリーを書いたか、また

http://d.hatena.ne.jp/KoshianX/20081016/1224141158

このエントリーを批判したか」という問題意識シートン先生について論じたのであって、つまりまさに「シートン先生の感情・好悪」、それしか問題にしていない。芋や行政代執行にはなんの興味もないのです。ただひたすら、シートン先生の果敢な自己主張、幼児をも政治的に味方にして府知事を批判せんとする敢闘精神の由来について整理したわけです。

そのお積もりで改めて

http://anond.hatelabo.jp/20081017225836

を読んで下さると幸いです。

なお、

http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/net/1222631045/418

こちらでビール噴いたと言っている人には、そんなの責任取れませんよと言いたい。言いたいんだってば。

繁華街職場があるんだが

昼食を食いに商店街を歩くと、平日の昼にも関わらずゲームセンターゲーム屋をたむろする小学生を必ず見かけるんだよな。しかもほぼ毎日違う顔

高校生くらいなら「そんな若い頃からサボり癖付けてたらロクな人生歩めねーぞ」と心に思うだけだが、小学生となるとその家庭環境に思いを馳せずにはいられない…。親はどこで何をしてるんだ?近所の住民は何も思わないのか?店側の放置対応は道義的にどうなんだ?つーか学校側は?担任は?

そういう光景をこの目で見れば見るほど、小さな子供が自宅近くで誘拐されたり、最悪殺されたりする事件の少なさ奇跡のように感じられるな。地方の寂れた商店街ですらこうなんだから、全国規模で考えれば毎日何十人も子供が失跡しいてもおかしくないよ。

http://anond.hatelabo.jp/20081017222515

 ここでクリーニング屋でバイトしてた私が来ましたよっと。

 まず大前提クリーニングは、生地を傷める。頻繁にクリーニングに出せば汚れを落としてキレイに保てると勘違いしてる人がいるかも知れないけど、それは間違い。頻繁にクリーニングすれば、色があせたり生地が薄くなったりするだけ。ふきんやタオルみたいによく使いよく洗うものは、長く使えば使うほど生地がへたって薄くなっていくでしょう? 同じことです。

 店頭では口が裂けても言わないけど、クリーニングに出すのは季節の変わり目の半年にいっぺんくらいでokなんですよ。そのときにも「汚れを落とす」ってんじゃなく「キレイプレスをかけておく」くらいの気持ちで出さないと。だって、普通ドライクリーニングでは増田が気にしてる汗の汚れなんてほとんど落ちないから。半年経ってひっぱりだしてきたスーツが変色したりカビが生えたりしてるのは、スーツの生地のなかに汗の汚れが残ってるから。ダブルクリーニングとか、イオンクリーニング、水洗いクリーニングとかいう汗汚れ用の洗いに出すのも手だけど、汚れ落としが強力な分、生地の傷みも早いよ。

 ではどうすればいいかというと、スーツを着るごとに手入れをするしかないんです。具体的には

http://www.mynote.co.jp/mdsuit.htm

http://www.ft-style.com/dictionary_care.html

 こんな感じ。つまり帰宅したら即、ポケットの中身を取り出してハンガーにかけ、軽くブラッシングしてほこりをとったらスーツが湿るくらい霧吹きで水を吹きかけて直射日光の当たらない風通しのいいところに形を整えて干しておく。どうですか、すげえ面倒くさいでしょう。すげえ面倒なんですけど、これでシワも取れるし、汗臭さもなくなるんです。これは自分のスーツで実証済みで、私は就活が終わるまで一度もクリーニングなんか出さなかった。手間さえかければそれでキレイに保てるんです。

 ただ、基本的にスーツは汗をかいて着るものじゃない。クリーニング屋にスーツを持ってくる人はそこらへんを誤解してるよ。汗をかいても汚してクリーニングなら取れるだろうと思ってるけど、取れませんから。普段の手入れが悪い品物に強力な洗いをかけたら、生地が傷んで破損するだけ。だから汚いorぼろい品物はアレコレ理由つけて丁重にお断りするんです。破損したら弁償するのはこっちだからね。

 そういうわけで、本当にスーツを大切に着たいならYシャツの下にランニングシャツじゃない下着を着るのはもちろんのこと、夏場でもズボン下を穿くくらいの心意気が必要です。女性も同じ。ブラのうえに直接シャツを着るのじゃなく、上にも下にも一枚汗をよく吸う下着を着て下さい。それが面倒なら、一年以内につぶす覚悟で安いスーツを大量購入するのも一つの手ですね。

http://anond.hatelabo.jp/20080729010923

あのさ、最初から愛国心なんて持ってなかったんだよ、お前は。最初から自分を愛していただけ。単に「愛国心持ってる俺かっけー」って思うためだけに国を利用していたに過ぎない。ただの自己愛。

お前が国というものに対して抱いていた感覚は、男と付き合う目的が、自分がよく見られたいがため、「こんな良い男と付き合える私って良い女!」と思いたいがためだけになっているような、男をブランドバック扱いする女と一緒なんだよ。そういう女は、その男と付き合っても自分がよく見られるわけではないと知ったら、あっさり男を切り捨てる。なぜなら、口ではその男を愛していると良いつつ、本当は男を愛しているんじゃなくて自分を愛しているから。

だから、増田の場合、愛国心なんて持ってても無駄だっていう判断は正解。はじめからそれは愛国心ではなかったのだから。

http://anond.hatelabo.jp/20081018005543

Aに対してはガン無視ですね。すれ違っても目も合わせない。向こうも何も話しかけてこないので別にいいですけど。

Aとは結構会ったときに会話をしていた感じだったんですが、向こうから声をかけてこないのであれば、所詮それだけの関わりってことだったんでしょう。

だからAは最初から僕に対して何も感情を抱いていないでしょうし、別にいいかな、って思っています。僕もリセットしたいし。

Bとは上手く行っています。恋愛関係ではありませんが、遊び仲間としていろいろと楽しんでいます。