2017-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20170517224249

よう増田、俺だよ俺。

お前より数年前に地獄に堕ちたんだけど…覚えてねえよなあ。

まだ地獄に堕ちていない今、人間界に引き返すチャンスは絶対に逃すな。

田舎がいいとか言ってる奴らの言説は悪魔の囁きそのものから絶対に耳を貸すな。

できる奴はできるっていうのも虚言だ。

だったら何で東京一極集中するか考えてもみろ。

所詮環境なんだよ。

俺が趣味ボルタリングやってたの覚えてるか?

田舎にも確かにボルタリングができる場所はあるぜ。

俺も地獄に堕ちた時、田舎でも大丈夫じゃねーかと思ったよ。

ただな、気付いちまったんだよ。

そもそも人の少ない田舎なんだから、当然狭い人付き合い程度しか構築できない。

とても狭いコミュニティの中で気持ちの悪い、湿度の高い不快な風しか吹かない。

新しく入会した人と語らったりするといった新しい風田舎には吹かないんだ。

から田舎でも趣味があれば大丈夫とか言ってる奴らは、その趣味が広げる環境ことなんて全く考慮してない引きこもりみたいな奴らさ。

そんな悪魔に耳を傾けてはダメだ、早く戻れ。

こんな話もある。

英会話勉強するにしたって東京実践して使う場面はある。

田舎には実践できる環境なんて皆無だから脳内物質バドバだして自己満足に浸る程度だ。

使う機会なんてほぼないからな。

毎日同じ洋楽を聴いて英語が分かったふりをする寂しい人生さ。

そもそも考えてもみろよ、親のために自分人生を消費することほど馬鹿げたことはないぜ?

介護している間にも無情に時は過ぎ去る。

無駄に年を重ねて我に返る瞬間が一番恐ろしい。

鏡に映った白髪交じりの、ほうれい線の深く刻まれたこいつは誰なんだって

それに気が付いた時には遅すぎるんだ。

もらった恩は与えた人に返すな。

自分の後に続く人たちへバトンのように渡していけ。

それが本当の孝行なんじゃないのか?

こっちの世界には来るな。

くだらない情に絆されるな。

お前だけでもいい、必ず人生謳歌してくれ。

田舎人生を浪費して人生意味喪失する奴をこれ以上増やしたくないんだ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20170518085138
  • 辞世の句

    東京で暮らした14年間は本当に楽しかった。仕事の拘束時間は長かったけど、それでも東京に居られるので基本心は軽かった。給料は、私一人が暮らすには十分だった。貯えもできた...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん