2017-03-20

http://anond.hatelabo.jp/20170320213857

確かに矛盾なく作者の納得いく作品として完結してくれるのが、ファンとしても一番うれしい。

でも別の矛盾の無い結末が思いつかずに、「作者の書く気力、体力がなくなりました。未完です」となるのが、一番嫌。

魔性の子から数えれば25年以上続いている作品なんだから、多少の矛盾や不自然なところがあっても不思議じゃない。

少なくともアセンはどうやって国を掌握したのか?ギョウソウ、リサイ、タイキはどうなったのか?

ファンとして、そこは明らかにしてほしい。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20170320225301
  • 十二国記はいつになったら新刊が出るんだろう

    黄昏の岸 曉の天の初出から15年以上過ぎたぞ。 当時の中高生はいまやアラサーだ。

    • http://anond.hatelabo.jp/20170320205350

      最新刊は辻褄合わせに汲々としててつまんなかったから仕方ないよ きっと最初考えてた結末に矛盾を見つけて、別の矛盾の無い筋を思いつくまで完結させるのは諦めたんだろう

      • http://anond.hatelabo.jp/20170320213857

        確かに矛盾なく作者の納得いく作品として完結してくれるのが、ファンとしても一番うれしい。 でも別の矛盾の無い結末が思いつかずに、「作者の書く気力、体力がなくなりました。未...

        • http://anond.hatelabo.jp/20170320225301

          無理無理 世の中設定の矛盾を許せない読者っていっぱいいるから なにより作者自身もミステリ畑に片足つっこんでるから矛盾してる話なんて耐えられないだろうな

記事への反応(ブックマークコメント)

注目エントリ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん