2016-10-11

自己肯定は4パターンある

http://anond.hatelabo.jp/20161010225537

自己肯定は4パターン

 

1.何かに優れているパターン

自分は◯◯が得意な人間だ、というキャラクターを持つ

あるいは自分カテゴライズして、こういうことが好きな人間だと認識する

ただしこれが行き過ぎると、ガチ勢を目の当たりにした時に心が折れる

自分はなんて無価値なんだ、と絶望する

スポ根マンガとかでよくあるやつ

 

2.無償の愛を注がれる

家族恋人、友人、ファンなど、周りの人間から必要とされ愛される

これ以外は自己肯定のために完璧主義者になりがちだから

これが一番いいらしい

持ってる人は普通に持ってるけど、持ってない人は全く持ってないもの

お金みたいだね

 

3.頑張ってるから大丈夫という言い訳

今はアレだけど、前進してるから将来きっと良くなる、という考え方

とにかく1つずつ歩を進めていることを拠り所にする

頑張ってる自分にご褒美的なやつ

30代過ぎたあたりから徐々にきつくなってくる

年をとっても最後までこれで行く人もいる

 

4.すっぱい葡萄認知的不協和

3と似てるが、前進すらしていない

しかし持ち前の頭の悪さで「でも俺は」と言って認知を曲げてしまパターン

オタクやこじらせたやつに多い

でもこういう思考できる人のほうが幸せだと思う

 

基本的に2があれば大丈夫

1があればギリギリセーフ(「俺にはこれしかいから」とか言い始めるけど)

1も2もない人は厳しい、

昨今は2を得るためにまず1が必要だったりするのがきつい

愛の価値インフレしてる

 

1も2もない人は3か4を選択するが

無駄に察しが良い聡明なバカは3も4も使えなくなる

そして自己肯定できずに鬱になって死ぬ

俺も死ぬ、お前も死ぬ

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20161011125319

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん