2016-03-29

Re: インターネット自由世間

http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20160329/1459195200

違う,と思います

インターネットがもたらしたものは「自分表現したい事を、手間もコストもかけずに表現できる」環境であって,表現していいもの悪いものは昔と変わってないし,表現に伴う責任もまったくかわってない,と考えています

インターネットがあらわれる前,個人の日記評論愚痴文句出版してくれる出版社はありませんでした。それは法律制度禁止されていたからではなく,たんにかかるコストが回収できないからです。自費出版すれば可能でしたし,金をかければ宣伝流通に乗せることも可能は可能でした。

インターネットはそのコストを劇的に下げただけです。数千円のコスト負担すれば誰でも自分文章表現をみなが見れる状態にできる。手間も暇もかけずに表現をおこなうことができる。そういう環境提供しただけです。

意見を述べれば反論される。誰かに不利益をもたらせば賠償請求される。違法情報をのせれば裁かれる。それはインターネットになっても変わりません。

以前は表現に伴う責任がないように見えたのは,単にインターネット利用者が少なかっただけです。責任は,それを追求する人間がいてはじめて顕在します。初期のインターネットにも表現に伴う責任はあったのですが,目にする人間が少なかったので追求する人間がいなかっただけかと思います

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160329110443

記事への反応(ブックマークコメント)