2016-03-26

絵にカネを払う

交換留学アメリカにいた時、単位がたりなくて美術の授業をうけていた。

アニメとか好きで、絵を描くのが趣味だったから、若干腕に覚えはあったんだけど、美術コースの中じゃずば抜けてうまくて、そのクラスでは人気ものになった。

美術とかに興味がある人がそのクラスを受けてるのは当たり前なんだけど、みんなすごく絵がうまいことを好意的に受け止めて、褒めてくれた。それがすごく新鮮だった。大学とかじゃ、隠れてコソコソ絵を描くのが関の山だったし。

それから最後の授業で「私、これを買いたいの。いくらなら売ってくれるかな?」っていつも褒めてくれた女の子に言われて、びっくりした。

オウム油絵だったんだけど、5ドルで買ってくれた。自分の絵に値段がついたのなんて初めてだったし、本当にめんくらった。

その後、夏休み教授のひきあいで、教授主催美術展に描いた絵を飾ってくれて、しかも何枚か売れた。

素人の絵にお金を払うっていう文化に本当にびっくりした。

日本に帰ってきて、時々友達からまれから絵を描くけど、だいたい無償なんだよな…。

別にプロじゃないし、会社勤めでお金には困ってないけど、なんだかなって物足りなく感じてしまう。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160326200230

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)