2016-03-13

2016年F1無料放送無し

まもなく2016年シーズンが開幕するF1ですが、日本放送していたフジテレビが、今年は無料放送をしないことが明らかになりました。

中嶋悟が参戦した1987年から地上波で中継をはじめてからずっとテレビで観戦してきました。

放送時間が深夜、しかも月曜の未明ということが多いので、録画して観ることも多かったのですが、毎年楽しみにしてきましたから、とても残念です。

最近視聴率が低くて地上波からBSに移動しましたが、それでも気軽にF1世界を観ることができたのです。

それが今年はかないません。

観たければ、有料のCS契約必要です。

個人的にはCSに入って視聴することになりますが、おそらく、私と同じように無料放送で視聴してきた人のかなりの人は観るのを止めてしまうでしょう。

視聴率の低下は日本だけでなく世界的に問題視されています。複雑化したルール、いつもどこか一強の展開…

これはF1自身問題です。

アジア地域テレビ放映権FOX TV2023年まで獲得しているそうです。フジテレビはそのうち日本CS放送分だけを買ったのでしょう。視聴率が低いのに放映権料が高騰しているコンテンツ大金を投じるのは難しいです。かつての勢いがない今のフジテレビなら尚更です。

しかし、無料放送が無くなることで、日本F1ファンは確実に激減します。月に2回くらいのレースを観るために毎月1,700円ほどの契約をするのはコアなファンだけです。

ライトファンは離れてしまます。結果だけならネットで知ることができます。でも、そのうち、ネット情報にすら興味を失うでしょう。

そうすると、日本国内におけるF1価値は大きく低下します。

F1には今も多くの日本企業スポンサーだけでなく、いろいろな場面で参加しています

そうした企業国内に向けてF1での活動を報告しても興味を持たれなくなってしまます場合によっては、株主から金のかかるF1から手を引くように言われるかもしれません。

テレビ離れと言われていますが、いまだにテレビの影響力はとても大きいです。テレビ無料で観られないスポーツマイナースポーツです。そんなマイナースポーツに参戦する日本人ドライバーが現れても、スポンサードする企業はないでしょう。なにしろドライバーになるだけで数十億円の資金必要なのですから

私は、今回のフジテレビ対応には企業経営の面から理解できる点はあるものの、自らブームを作り出す立場にありながらそれすら放棄して日本モータースポーツの大きな後退のキッカケを作り出してしまう可能性があるフジテレビ判断には大きな疑問を感じています

モータースポーツを盛り上げるキッカケを作ったフジテレビモータースポーツの後退のキッカケも作るのです。

キッカケはいつもフジテレビです。

もちろん、F1自身改善しなければならない問題はたくさんありますしかし、それは極めて政治的というか、一握りの人達の中での話です。

かつて、オリンピックサッカーW杯と並んで世界大スポーツと呼ばれたF1は、日本で再びマイナースポーツに転落します。フジテレビには、自ら再びF1ブームを作るくらいの意気込みをお願いしたいと思います

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160313210840
  • http://anond.hatelabo.jp/20160313210840

    フジにそんな体力あるわけないじゃん テレビ局に期待しないで自分がブログとかでブームにするくらいの気概がほしい

記事への反応(ブックマークコメント)