2016-03-02

批判は何も生まず、ファンにとっての大切な思い出をぶち壊す」

http://togetter.com/li/944943

最近話題になったこの漫画ツイートに対して、他人批判に流されて好きじゃなくなるなんて下らないし、作者が流されやすいだけではという突っ込みが多いように見受けられる。

その可能性は高いが、そこまで強烈に他人批判の影響を受けたというのは、その批判内容的を得ており、それに気付かされて魔法が解けてしまったという可能性もある。

どうやら、このほぼ実体ネタ漫画元ネタ作品アニメ劇場版の某アイドル作品らしい。

実際あの作品は「よく分からないけど今が最高」モードで勢いで見ないと楽しめない作品だ。間違っても神とか名作というのは難しい。

比較的冷静な人だとファンですら多くが「ライブシーンと雰囲気はいいけどストーリーはクソだからな~」と言ってたりする。

劇場版に関してはファンによる内容への批判長文が大きく話題になったこともあった。

おまけにアニメ1期2期は海外ドラマ盗作問題がついて回っており、これには熱心な盲目信者ですら閉口して言及しようとしないことが多い。

そんな瑕疵だらけの作品なので、「今が最高」モードになるスイッチをOFFにされたら万事休す、評価する所が見付からなくなった、となるのも不思議ではない。

基本的には好きな物否定されたら根拠がなくとも「そんなことはない!」と反論したくなるものだろう。

しかし、そうならずにショックで萎れるように興味を失ってしまったのはあの作品反論できる要素がなかったからという可能性がある。

逆にいえば漫画の作者は凡百のあのアニメファンよりも賢しかったために批判を聞いて内容の拙さに気付かされてしまい、ショックでそうならざるを得なかったのかもしれない。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160302162834

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん