2016-02-27

30超えて彼女と別れた後で

彼女が出て行ったその部屋には紙袋に入った下着も残されていたワケ。

「それも捨てといて」と。

「分かった。捨てるよ」と。

彼女の姿が見えなくなるまで見送ったワケ。

俺らは終わったワケ。

誰もいない部屋、俺と下着が見つめ合うワケ。

当然、残されたブラとパンティー計6セットで1人ランジェリーショー大開催。

へぇタイトな割には意外と締め付け感はないのな〜なるほど〜」とか、

「へ〜だいたいダブルフックなのか〜。片手で外せなかったはずだわ〜」とか、

パンティー、意外とキンタマ溢れないもんなのな〜」

「っていうか竿を上に向けて収納すると亀頭がすこしはみ出るのな〜」とか思いながら。

綾波のようにブラを着けて、そして外し、そして着け。

鏡も当然見るワケ。

ちょっとクネクネして見せたりするワケ。

ブラに手をスライドさせてナマチチを揉みしだき、パンティーに手を入れて陵辱するワケ。 (全部オレ)

おいおい待てよ…なんだよこのライブ感…。

30超えて肌も汚いし腹も出てるメガネかけてるしロン毛だし、

ステレオタイプオタクの末路みたいなこの風貌にビビッドなブラとパンティーが映える映える。

プレイを堪能したら当然、1人エッチもするワケ。

竿はパンティーずらして出して「ええっ、そんな…なんか…えっち…な感じ…いやぁ…」という感じで、

渾然一体、観音菩薩のような表情になってニルバーナなワケ。

なんだろう、この背徳感。俺がすげぇうだつの上がらないおっさんだってことが興奮に拍車をかける

エンペラータイムってこういうのをいうんだろうな…。

俺たちの30代はまだまだ終わらないし、終わらせない。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160227195854

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)