2016-02-19

無知でいられなくなった

ここ最近、そんな感じがする。社会無知を許さない風潮というか。

はてブとかTwitterとかまとめサイトとかでは、

「知らない」ことで被った不利益自己責任だし、むしろそれ以上に叩かれたりする。

から皆その隙に付け入られないように、必死こいてその話題について見識がありますよ感を出してお互いを牽制しあっている。

話題に入りたいけど見識がない人は、

最初からその牽制を諦めて一階層上のメタ視点に立って議論をぶち壊そうとしてみたり、

もしくは無知がバレないようにうまいこと言ってお茶を濁してみたり。

なまじTVやらネットやらでなんでも調べられる時代からこそ、知らないということが怠惰だと捉えられるようになったのかもしれない。

知識のハードルは下がって、今や全智が生活必需品になりつつある。

からこそ真実ありのまま提供しないとバカみたいに叩かれる。マスゴミとかステマとかって。

まあこれはネットの中だけでの話なのかもしれないけれど、社会の中でネットの占める割合も確実に大きくなっているし。

いや、別にから何?って言われると困る話ではあるんだけど。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160219110043
  • http://anond.hatelabo.jp/20160219110043

    そういうの面倒臭いから自分の専門以外の情報は極力見ないようにしてるし、それで特に困った事もない。 雉も鳴かずば打たれまいじゃないけど黙ってれば何も言われないよ。

記事への反応(ブックマークコメント)