2016-02-15

なんで痛いときに「イタッ」って言って熱いときに「アツッ」って言うの?

痛いときとか反射的に「イタッ」って言っちゃうけど、あれって脳の言語野を通ってるんですかね。

アメリカ語だと「ouch!」っていうところを考えると、なにか危険な時に「a!」っていう発生をしちゃう反応があるのかなぁ、とも思うんだけど、だとすると「イタッ」はおかしいし。

条件反射的なもの後天的学習したのかなぁと想像もしたけれど、いやいや、痛いときに「イタッ」っていう練習はしたことないし。

痛みも熱さもレベルが高いと「ギャァァァァァ」になるのもよくわからない。これは言語野は通ってないんだろうけど。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160215222045
  • http://anond.hatelabo.jp/20160215222045

    「イタッ」は言語野通ってるかもしれないね。痛い時に鳴くというのがもとからある反射的な反応で、痛みの種類に応じて鳴き分ける(言語表現を変える)のは、おそらくごく幼い頃に言葉...

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)