2016-02-04

猫が嫌いな人だっている

わたしは昔から猫に興味はありません。

家族のためにはじめて猫を飼いましたが、自分は世の中の猫好きのように猫を好きになることはできないということを知りました。

見た目が可愛らしいのはわかりますが、あくまでも見た目だけです。

猫好きは基本良いことしか言わないので、数年猫を飼って感じた感想を書いてみようかと思います

猫の飼育にはデメリットが沢山あります

毛は部屋中に散らかり洋服にも付く。カーテンは爪を立てられボロボロ。気分によっては壁も標的になる。部屋に綺麗に飾った小物はグシャグシャになる。使用後のトイレは臭く、猫砂を足につけ部屋に運んでくる。猫の体調が悪いと糞がトイレ以外のところにベッタリ。ゴミをあさってビニールや輪ゴムなどを散らかす。放置されたダンボールボロボロになるまで噛みちぎる。死にたいのか人の食べているものに顔を近づけて来たりもします。

猫の精神年齢幼児並みといいますし、腹を立てても仕方がないことなんですが、疲れているときはさすがに気が滅入ります

一応メリットのようなものはあります

よくわたしの近くに寄ってきて横になり、撫でるまでその状態でじっとこちらを見てきます。また、部屋でくつろいでいると前足で身体をモミモミしてきたり顔を身体を舐めてきます

猫カフェなどではなかなか懐かれることはないと思いますので、これはメリットと言えると思います

ただ、懐かれることに悪い気はしないのですが、邪魔に感じても無下にはできないのでいちいち相手をしてやらないといけません。

また、耳元で不思議な鳴き声を出しながらウロウロされたり、身体を舐められるのは正直気持ちが悪いです。

猫を飼いたいと言い出した家人トイレや餌、飲み水の状況を確認しないことが度々あり、猫好きだからといっても真面目に飼育しようと考えない人がいるのだということもわかりました。

なんとなく猫を飼おうと思っている人は、生き物を死ぬまで面倒を見る心構えがあるのかいま一度よく考えたほうがいいと思います

あとついでに書きますが猫好きはいちいち猫可愛いアピールをしないでください。アニメオタクが好きなキャラクターをいきなり語りだすぐらい不快です。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160204021025

記事への反応(ブックマークコメント)