2016-01-23

ゲーム中毒が治らない

俺は小学生の頃からゲームやりまくってる。

母親没収されたり奪い返したりと、ゲームきな子供のよくある攻防も体験した。

俺が起きて寝るまで、学校以外の時間ゲームしかしなかったので、母親がキレるのも当然である。だが、この生活高校生まで続く。

小学校の頃はGBAや64やGCが主だったが、中学になると家にPCが来て、MMOにハマる(黒歴史)。

中学の後半から、友人に誘われてXboxオンラインで対人TPSをやりまくった。

高校生になっても、Xboxは稼働しまくる。

高校二年生になって「いよいよ、ヤバいな…、これは勉強しなきゃ…!」と思い、Xbox禁止令を自分に課した。

まあ、やりこんでたゲームの新作が大コケしたというのもあるんだけど。

そして高校三年生。塾に通いまくったおかげで、家でゲームの誘惑に襲われることは少なかった。

受験は第二志望に無事合格した。

大学からは一人暮し。ここから廃人化するのが目に見えていたので、実家に全てのゲームを置いてきた。

大学一年生になり、ゲームをやらない遊びにシフトしていった。

友人とダーツに行ったり、家で本を読んだり、映画見たり、アニメ見たり。至って普通の遊びをやった。

だが、今までゲームと付き合ってきた俺の気持ちは、全ての遊びは、“本当はゲームをやりたいけれど、代わりに他のことして我慢している”だった。

大学二年生。ネット上でふと見つけたゼルダの伝説の熱いレビューを見て、あの日が思い出される…。

「ぜ、ゼルダオフラインだし、ストーリーやるだけなら…」と思ってWiiUを買った。

ゼルダを3作プレイトワイライト風のタクト、ついでに新作スカイウォードもプレイ

「これもオフラインだし…」と思って、ゼノブレイドもやった。

それが去年の話。今の俺は、もう病的にamazonPS4を見てFallout4を見ている。自分が怖い…。

閲覧履歴PS4ソフトばっかりになってから気づいた。俺はほぼ無意識PS4関連の情報を調べている…。

俺が何故PS4を忌み嫌うかというと、本気でプレイしてしまうからだ。読書などがゲームの代わりだったように、ゼルダなどは本気ゲームの代わりだった。

俺がゲームに本格的にハマらないようにするためのゲームだった…。

俺はゲームをするときに「何時間だけやろう」とかできない。身体が本格的に疲れるまでやってしまう。

酷いとき24時間ぐらいする。中学の時はそれでも体力あったか48時間ぐらいやってみたこともある。(流石に死にそうだった。)

読書映画鑑賞のように、時間を守って遊べるのなら、ゲームは良いはずなんだが、それが全くできない。

俺はゲームを辞めるか、ゲームと良い付き合いをするか、どっちでもいいから、とにかくゲームをやりまくる人間にはなりたくない…。

俺と同じ悩みの人いないの?オンラインゲームやってた身からか、そういうゲーマーばかりのイメージなんだけど…

みんなはどうしてるの?

【追記】

なんかヤバイ話なのかと思って読んだら

1年でやったゲームゼルダ3作とゼノブレイドの4本ってこと?

一体何が問題なのかさっぱりわからない・・・

その四本をやるだけでも俺の中では大きな事だったんだ。そもそもゲームを辞めるつもりで実家に置いてきたわけだし。

それでも、本当はFPSとかTPSとかを一日中やってたいんだけど、それやっちゃうと戻ってこれないだろうから、それら四本をやったわけだ。

ゲームをやったというより四本で我慢したという感じ…。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160123130147
  • http://anond.hatelabo.jp/20160123130147

    なんかヤバイ話なのかと思って読んだら 1年でやったゲームがゼルダ3作とゼノブレイドの4本ってこと? 一体何が問題なのかさっぱりわからない・・・

  • http://anond.hatelabo.jp/20160123130147

    増田はダーツやったり、映画見たりしても、ゲーム程は楽しくなかったって事でしょ。 俺の場合は、女の子の尻を追っかける方がゲームよりも楽しくなったので、気づいたらさっぱり。 ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160123130147

    ご愁傷さまです。一生治りません。 公にして、楽し気に語り、自分の取り柄にしてしまったほうが人生有利ですよ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160123130147

    たぶん、これは伸びる。 こういう問題を抱えている人は多いから。 言ってみれば、だらだらと就職浪人しているような状態。 心理的にはゲームを卒業しているにもかかわらず、 次にや...

記事への反応(ブックマークコメント)