2016-01-23

最近よくある青春ミステリものって

人様の事情に土足で踏み込み過ぎじゃない?

ここ数年、いわゆる「青春ミステリ」モノの小説やらアニメやらをよく見かけるようになった。

どの作品きっかけで流行り出したのかは知らないが、気づけばその辺に青春ミステリが溢れかえっている。

青春ミステリに具体的な定義ってあるのだろうか。

一応、私のイメージとしては、高校生主人公とその友達(多くは部活仲間)が日常に潜む謎を解き明かしながら、だんだんと仲良くなっていく、というようなもの。それが青春ミステリだ。

しか最近気付いたのだけれど、青春ミステリものミステリー部分って、その多くが登場人物過去関係しているような気がする。

過去に何か問題を抱えている仲間Aさん。その過去について調べ、解き明かすことで、Aさんは過去呪縛から解放され、めでたく主人公たちの仲間になった!…みたいな。

しかもその事情っていうのも、家族にまつわることだったり死にまつわることだったりと、なかなかヘビーなものであることが多い。

所詮フィクションだ、というのも分かるのだけれど、最近それがあまりにも目について、ちょっと不快な気分になってしまった。

もし私がAさんだったら。(すごく意味のない仮定ではあるけど、そこは気にしない)

よく知らない同級生にいきなり自分過去について聞かれ、根掘り葉掘り調べられ、とどめにやたら上から目線のありがたいお言葉なんて頂戴し日には、ブチ切れてしまうと思う。一体お前は何様だ、と。

まあ、そういう話が売れるからそういう話になるんだろうけども。

やっぱりなんだか釈然としないなあ、と思うのであった。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160123023158
  • http://anond.hatelabo.jp/20160123023158

    米澤穂信の「春期限定いちごタルト事件」シリーズを読んだらいい。 読者には作品を選ぶ権利がある。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160123023158

    アニメ化の際に行われた神様のメモ帳の改変に対する批判について

  • http://anond.hatelabo.jp/20160124021723

    http://anond.hatelabo.jp/20160123023158 最近のとはいいつつハルチカくらいしか見てないのが丸判りすぎて萎える。 もっとたくさん作品よめよゴミクズ(高脳先生のマネ

    • http://anond.hatelabo.jp/20160124021723

      明らかに氷菓だなと思ったら今やってるハルチカも同じ感じなんか ふーん 読み手によって思い浮かべるものが違うっていう参考になったよ

      • http://anond.hatelabo.jp/20160124101225

        氷菓(アニメ)はもう4年も前の作品。 「最近」とついてんならまず指してんのは今やってるアニメ、つまり確実にハルチカのことだと思うよ。 氷菓は「ここ数年」の初期のほうに入っ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160123023158

    アニメの登場人物みんなイケ男イケ美女だからいいんだよ むしろああいう人らに踏み込まれたいOR踏み込みたいという願望も叶える

  • http://anond.hatelabo.jp/20160123023158

    本来大人がやる探偵役を子供にやらせて、大人と同じように踏み込ませるのだから違和感があるのは仕方ない むしろその子供が子供を暴くパターンから、なにかよくわからない残酷なも...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160123023158

    そもそもミステリって 「深刻な殺人現場で横からしゃしゃり出てきて得意げに真相を暴いて何様だ?」という メタ的な問題知識とずっと格闘しているジャンルなので 青春ミステリにも...

記事への反応(ブックマークコメント)