2016-01-20

本当に嘘のような本当の話

偶然と言えばそれだけの話かもしれないけれど、まさか自分人生の中で、

こんな不思議なことを経験するとは思いもしなかった。

ブログはやってないし、SNSに書くのもプライバシーが気になるから

普段は見るだけだった増田に書かせてほしい。

備忘録と言うか、まぁ書かなきゃ落ち着かないってことで、

長文になるだろうけど、吐き出したい。


俺は友人が少ない。

いや、正確に言うと、本当に友人と思えるヤツが少ない。というかいない。

友人以上という意味で、一人だけ親友がいる。幼い頃から腐れ縁で、

お互い三十歳になったが、もう二十五年以上の付き合いだ。


そいつが五年付き合った二つ下の彼女と別れたのは去年の頭のことだ。

仕事海外駐在が決まった彼女から一方的に別れを告げられ、

冬が終わって暖かくなり、親友気持ちが落ち着くまでは、

毎週末のように散々酒に付き合わされた。


俺は都内で勤めていて、特に用事のない金曜の夜は、

帰り道にある行きつけのジャズバーで一人しっぽり飲むのが日課だった。

親友の拘束も落ち着き、久々に顔を出したその日、マスターに奇妙なことを言われた。

タイミング悪いな。今日は来てないよ」

何のことだ?と思って話を聞こうとすると、

入り口から一人の女性、と言うには幼い見た目の女の子が入ってきた。

俺は彼女を見た瞬間、初めて見るはずなのに、妙な既視感に襲われた。

「あぁ、この子。ずっとアンタを待ってたんだ」とマスター


話を聞くと、彼女もよくこのバーで飲んでいて、

いつもカウンターマスターと話す俺を見て、話かけたいと思っていた、とのことだ。

それが今年に入ってから俺が全く顔を出さなもので、ずっと来る日を待っていたらしい。

俺が一人飲みを始めて五年程たが、こういう話は意外に多い。

けれど若くて、且つ一人で絡んでくる女性は初めてだったので、正直テンションは上がっていた。

加えて彼女とはやたら話が合い、その日はマスターも含め三人で遅くまで飲んだ。

「また一緒に飲みましょうね!」

終電があると言い、最後に連絡先を交換して、彼女は足早に帰って行った。

俺も帰ろうと身支度を始めた時、マスターがボソッと

「でもなぁ、あの子に話しかけられるまで、正直見ことなかったんだよなぁ」

そう言ったのが少し気になった。


その後、金曜日前になると彼女から携帯メッセージがくるようになり、

つの間にか金夜は一緒に飲むことが定番になった。

何故か彼女といると全く緊張することがなく、とても居心地が良かった。

まるで気の知れた家族といるような、奇妙な感覚だったので、

会いたい、一緒にいたいけど、恋とは違う。そんな感情の中で揺れ動いていた。

きっと久々のロマンスから、恋する感覚を忘れているのかも知れない。大事に育てていこう。

そう思い、親友には当面黙っておくことにした。


数回会った後、彼女は俺の交友関係を聞いてきた。

俺は友人はいないが、親友がいること。長い付き合いであること。

彼が最近彼女と別れて、相当参っていることを当たり障りなく話した。

ふと、そろそろこの子を紹介するか。と思い、

「良かったら今度連れてくるよ」と言うと、何故だか彼女は頑なにそれを拒んだ。

そして、まるでずっと言い出すタイミングを待っていたかのように、突然おかしなことを言い出した。


「その親友さんの彼女さん。本当は大事なことを隠していると思う。

是非彼女さんに連絡をして、それを聞き出して。それは私に言われたからではなくで、

自分から思いついてそうした、と言うことにして」と。


親友彼女とは、二人が付き合い始めた頃から親交があったし、

しょっちゅう一緒に飯や旅行に行っていたので、とても仲が良かった。

二人が別れる時にも話をしたが、それ以降は連絡をとっていなかった。

「でもなんで君にそうするように言われたと言ってはいけないの?」と聞くと

だってバーで知り合った女に言われた、なんて言ったら、嫌がられるでしょう」と彼女は笑った。


久々に親友彼女メッセージを送ると、意外にも早く返信が来た。

今日本に帰ってきてる。良かったら会って話さない?」と書いてあった。

余りにトントン拍子に進む話に、何か変なことに巻き込まれいるかも、と

このあたりから思い始めたことを覚えている。

約束時間に少し遅れて、彼女指定した都内喫茶店に行くと、

彼女はやつれ切った表情で座っていた。

「久しぶり」と話かけると、みるみる内に彼女の目に涙が溜まり、急に泣き出してしまった。

まるで自分が泣かせてしまたかのような状態になり、あたふたしていると、彼女

まさか連絡が来るとは思わなかった。一人でずっと辛かった」と言った。

絶対に彼には言わないと約束して」

彼女は俺にそう言うと、ゆっくりと順序立てて話し始めた。


一昨年にある病気が発覚したこと。

その病気によって、時間が経つにつれて、日常生活が困難になること。

子供をつくることも難しくなること。

ずっと悩んでいたが、彼にはこんな風になってしまった自分ではなく、

別の健康女性を見つけて幸せになって欲しいという結論に至ったこと。

それを言うと彼のことだから絶対に許してくれないと思い、

海外赴任と嘘をつき、実家に帰ったこと。

彼にバレないように、親兄弟以外には秘密にしていたが、辛くて仕方がなかったこと。


全て聞き終えた時点で、正直俺は「こんな話ってマジであるのか」とかなり面食らっていた。

まりにもショック過ぎて、その場では気の利いたことが何も言えなかった。

家に帰る道すがら、これは何か見えない力が動いている。こんな偶然はあり得ない。

きっと俺は何かしなきゃいけないと強く思い、自宅に着くと即彼女電話を掛けた。

「知ってると思うけどさ、俺、すげえ口軽いんだよね」

そう伝えると、まだ彼女は泣いていたのだろうか。震える声で

「やっぱりあんたって最低だね」と言った。

よく聞き取れなかったが、最後「ありがとう」と言った気がした。


翌日、俺は親友電話をし、全てを伝えた。

親友電話口で絶句していた。暫く無言が続き、

その後すすり泣きのような音が聞こえたかと思うと

サンキュー。悪いけど用事が出来た。また今度な」と言って彼は電話を切った。


その後、案の定というか、俺のたった一人の愛すべき馬鹿親友は元鞘に戻った。

しかもその後、通常では考えられない速度で、彼女難病が快方に向かい始めたというから驚きだ。

更に衝撃なのが、彼女妊娠が発覚。子供をつくることも難しいと言われていたのに、

立て続けに起こった奇跡に俺も親友もただ笑うしかなかった。


「諸々の事情から結婚式なんてまだまだできそうもないけど、

よかったら俺達が夫婦になる瞬間に立ち会ってくれ」

親友にそう言われ、役所婚姻届を出すところに立ち会った。

友人が見届け人的な役割で一緒に来ることは珍しくないが、

三人とも笑いながら号泣してるのを見るのは初めてだ。と役所の人に苦笑いされた。


俺はというもの、この一連の奇跡引き起こし張本人

バーの彼女メッセージを送るも既読が付かず、バーで会うこともなく、

一体どうしたものか、とうだつの上がらない日々が続いていた。

暫くし、また寒さが身に染み始めた頃、親友から女の子だ!」と連絡があった。

へぇ。じゃあ俺が名前を付けてやるよ」と冗談半分で言うと、

「すまん。なんだかわからんが、俺と彼女で上げた候補の中で、一つだけ同じ名前があって、

偶然かも知れないけれど、運命っぽいから、その名前にすることにした」と、

二人が書いた同じ名前が書かれた紙を撮った写真を送ってきた。


その写真をみて俺は目を疑った。

慌てて、スマホを開き、アプリを立ち上げた。

相変わらず既読はついていなかったけれど、バーで出会った彼女名前

親友が娘につける名前は、漢字も読み方も全く同じだった。


こんな話、作り話と言われてもおかしくない話だ。

けれど、実際に起こったことだから始末が悪い。

一体バーで出会った彼女は何者だったのか。何故、こんな奇跡を引き起こせたのか。

今となってはわからないし、きっとこの先彼女に会うことはないだろうと、なんとなく思っている。

いつかしようとは思うが、この話は未だ親友と、その嫁さんにも話ていない。

けれど、先日酔っぱらった勢いで、バーのマスターには一連の出来事を伝えた。

話をする中で、婚姻届を出した時に三人で酷い顔で撮った写真を見せた。

マスターはじっと写真を見た後で、またいつものようにボソッと言った。


「あのお嬢さんさ、よく覚えてないけど、アンタの親友と嫁さんにソックリじゃない?」


「勘弁してよ。もうお腹一杯だよ」

俺はそう返すのが精一杯だった。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160120171622
  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    まぁ、よくある話だよねぇ。星新一辺りに。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    本命: 創作乙 対抗: 親友の彼女の仕込み 大穴: タイムリープ説

    • http://anond.hatelabo.jp/20160120173259

      彼女の仕込みって思いつく増田は相当修羅の道を歩んできたんだなぁ というかコレが彼女の仕込みなら、それだけでホラーになる話だろ

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    実話として捉えると案外面白い ①バーの女性は女心をただ代弁した可能性 ②精神が安定して病気がよくなるケースもある ③同じ名前だったのは偶然 ④バーの女性と連絡がつかなくなっ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    病気で身を引いた彼女の苗字は 木村?仲居? この場合どうなんだ?

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    この話を親友夫妻には言わずに将来成長した娘にそのバーでするといいよ

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    2chでやれとwまとめサイトがまとめてくれんぞw

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    これが事実なら20年以内に一般人がタイムマシンを使えるようになるのか。そんなことがあるとは思えないな。100年後ならあり得るかもしれないけど。

    • http://anond.hatelabo.jp/20160120203502

      タイムマシンで未来から来た説を唱えるなら、技術云々以外に疑問がある。 親友の娘が未来から来たとして、来た目的は元増田に両親の仲を取り持つ用に助言することだ。助言しない...

      • http://anond.hatelabo.jp/20160121031910

        100年以内は現実的でないし何代か先の子孫じゃないか?数千年後にはその二人が結ばれるか否かで後の時代が大きく変わる分岐点になってるとか。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    星新一読みたくなった

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    だからいまいちびょうごとにーせかいせんをこえてー

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    同じ話を聞いたことがあるから、これって流行ってるんだな 伝言ゲームみたいに伝わってて笑ったw

    • http://anond.hatelabo.jp/20160121013904

      俺もついこの前不思議な女の子にそそのかされて親友の元カノが実は病気だって親友にバラしたらなんかヨリが戻って病気が奇跡的に治ったってことがあったわ 全国各地で起こってるん...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    読むのがめんどくさい。おもしろくなさそうで途中でやめた。 手短にあらすじ教えてください。(三行とは言わん。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    読みやすくて面白かったし。こういう話きらいじゃないけど ちょっとベタすぎて途中でオチが読めちゃった。そこだけ残念。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    親友が娘につける名前は、漢字も読み方も全く同じだった。 「命名 木村拓哉」

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    SMAPってやっぱ偉大なんだな。キムタクのタイムリープネタ流行りすぎだろw

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    爆発的にブコメついててワロタwラストのオチでタイムリープ説に誘導しているものの、文中では一切時間移動的な表現を入れずに、偶然の連鎖で落とそうとしてるあたりに文才を感じる...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    ・彼女という単語が時々どの彼女をさしているのかわからなくなるので、登場人物名は設定するべきだったと思う ・バーの彼女が親友の元カノに対して聞きこみをして欲しいと依頼する...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160120171622

    これが創作くさい理由は、最初にあらすじを書いてないこと。 衝撃的な体験をしてそのことを他人に伝えたい人は、普通はまず話のあらすじをネタばらしする。 一番伝えたいことを優先...

  • 本当に嘘のような本当じゃない話

    http://anond.hatelabo.jp/20160120171622 あー、俺もそういう体験したわ。 余命いくばくもないことを秘密にしたまま彼氏と別れた女性がいたんだけど、俺はその人を好きになった。 だから俺は彼...

記事への反応(ブックマークコメント)