2016-01-17

ガルパン劇場版クレヨンしんちゃん

ガルパン劇場版の何が楽しいって「子どもVS大人」って言う構図だと思うんだよね。

そしてTV版とは一番違うところでもある。

TV版では廃校阻止という大義はあれど高校生同士の戦いだった。

でも劇場版大学生チームとその裏にいる文科省役人との戦いだ。

統率力に優れ秘密兵器も有する大人たちに、バラバラの個性を持った子どもたちが協力し、それぞれの強みを活かして立ち向かう。

水島努監督が手がけたクレヨンしんちゃん劇場版の、しんちゃん達かすかべ防衛隊活躍と同じじゃないか。

軍用ヘリで襲ってくる堂ヶ島少佐だとか、巨大ロボをひっさげたジャスティスとの戦いと同じじゃないか。

なんたってあの最終決戦の場が遊園地ってのもなんとがクレヨンしんちゃん的だよね。

最終的に大人たちを「子どもフィールド」に引きずり込んで、その自由な発想力による大人には予想の付かない戦い方で勝利を手にするのだ。

そして勝利を手にした子どもたちは、自分たちの家=学園艦に返ってくる。

このストーリー構成もヤキニクロードやカスカベボーイズと同じ、行きて帰りし物語だ。

この戦いで子どもたちが勝利によって得るのは、名誉報酬ではなく、「家に帰る」こと、ひいては「平和日常」というものなのだ

こういうことからガルパン劇場版クレヨンしんちゃん劇場版は、

子どもたちにとって『平和日常』とは、戦って勝ち取るくらいに価値のあるものなのだ。」というテーマで繋がっている。と思うのです。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160117225938

記事への反応(ブックマークコメント)