2016-01-16

はてなスター存在意義についての話

はてなスターがなかった頃、ブクマではネガティブコメントが吹き荒れていた(まあ今もだが)。

「ここが間違ってる!」「それは誤りだ!」という指摘はしやすくても、

「良い記事でした!」なんてわざわざ言ったりはしない。

結果的ブクマ殺伐としていく…

はてなの前社長jkondoはそれを憂いていた。

そこで開発されたのがはてなスターだった。

「良い記事だがコメントをするほどではない」という気持ち…それを掬い上げるシステム

閾値に達していない好意」を可視化するシステムだ。

いま、はてなスター危機に瀕している。

多くのユーザースター価値見出しスター重要ものとして扱っている。

あまつさえスターをたくさん付けられると気持ちが込もっていないように感じる」などと言う人も出てきている。

それではダメなのだ

はてなスターはもうこれよりは下げられない最低の評価単位

「良い記事だがスターを付けるほどではない」と思わせたら失敗なのだ

それだと「はてなスタースター」が必要になってしまう。

もっと気軽にスターを付けてくれ。

連打だってしてくれていい。

インターネットを星でいっぱいにすることがはてなスターの使命なのだから

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160116110340

記事への反応(ブックマークコメント)