2016-01-12

昔つきあっていた彼女との性的ロールプレイお話

ある日家で二人で仲良くしていたら、いきなりミニスカくのいちの格好で出現して性的ロールプレイのお願いをされた。

話をよく聞くと、彼女くのいちとして見張り? 見回り? をしてるんだけど、私にアンブッシュ(伏撃、待ち伏せ攻撃)されるというもの

基本は上記のとおりであとはいろんなシチュエーションを二人で試した。

初めは羽交い締めにして首を絞める(ふり)をして、ぐったりした(演技の)彼女にお触りする。ただ触るだけじゃ雰囲気でないので武器や巻物を奪うという体でやることもあった。

私は最初はわけがからなかったが彼女がノリノリでエッチな感じになるから楽しくなってのめり込んでしまった。

彼女は優秀なくのいちなのに、私の方が一枚上手、という設定が多かった。

今風に言うと女騎士「くっ、殺せ!」のくのいちバージョンみたいな。傷めつけたり怖がらせたりする演技で、くのいちはしおらしくなる→セックス→いやがる彼女しかし「ちんぽには勝てなかったよ…」という流れ。必殺仕事人のまねしたりもしたし、彼女が私を捉えて有利な態勢(ミニスカくのいちなので足を舐めさせたり)から油断して形勢逆転したり。彼女は「あっ…」とか「ふぇっ…!?」とか頓狂な声で倒れてぐったりしたり、首絞められるときにやや過剰にエッチな声をだしたりして楽しんでいた。私は足フェチの気があったので大変楽しめました。

最後セックスになるんだけどそこまでのこうしたプロセス彼女はひどくドキドキするらしい。

正月に久しぶりに彼女に会って今でもそういうことしてるの? って聞いたんだけど、流石にしてないよー、とのことだ。社会学とそれに類する学問をお互いにしていたから、私ならいけると彼女は踏んだのだろう。多分だけど。

体型は普通でことさらに顔が奇麗なわけでもなく胸も普通ミニスカから伸びる脚も普通だったんだけどだから余計にエッチだったな、と昔と変わらない彼女を見て思った。それに彼女のことロールプレイのありなしにかかわらず好きだったし。彼女お嬢様っぽい側面があったな。バイオリン習っていた。

今は私は彼女のせいでイメクラに行く。ちょっとMっぽいシチュエーションが好みです。きっと、足を舐めさせられたのが効いたのだろう。

遠くなりつつあるかけがえのない人生出来事だ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160112030023

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)