2016-01-09

「ありがとう」と「いいね」は心のホイミ

エンジニア仕事に就いて1年目。他人「ありがとう」、や「いいね」って言ってもらえる回数がほとんどゼロになった。

接客業アルバイトしていた頃はレジを打つだけでお客様「ありがとう」を貰えていた。

単純作業アルバイトをしていた時も、他の人の仕事ちょっと手伝ったり手際よく作業を終わらせれば「ありがとう」いいね」と言ってもらえた。

今は先輩に仕事の出来を見てもらって、OKなら何も言われずに次の仕事を渡されて、駄目だったら「ここダメから直して」と返ってくる日々。

新人から褒めるポイントなんてないのはわかるし、自分自身ダメと言われているのでもないのはわかるけど、「ダメ」の言葉けが心に積もっていく。

当時からありがとうかいいねって言ってもらえたらそれなりに嬉しかったけど、なくなってからその価値を身に沁みて感じる。あれらの言葉一つ一つに心を回復して貰ってたのがわかる。

感謝されたり褒められたりって仕事によっては難易度高いんだなぁ。

接客やってたから普段から店員さんには感謝を伝えるようにしているけど、もっと色んな人を褒めたり感謝したりしていく。できるかもしれない未来の後輩にもそうする。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160109233147

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)