2016-01-08

[] げんだいのどうわ

ほんの些細なことでした。

彼は吃音でした。

本当はそれだけでした。

彼はからかわれ笑われました。

彼は治そうとがんばりました。

それでも人の笑いは止まりませんでした。

彼は女の子に砂をかけられました。

彼は抗議をしました。

女の子たちはありもしない出来事先生告白しました。

先生は彼を厳しく注意しました。

からかいは止まりませんでした。

彼は成績を落としました。

先生は言いました。

あなた怠惰ですと言いました。

しかしたら怠惰かもしれないと彼は思いました。

一生懸命勉強しました。

学級で四番になりました。

誰ひとりとして褒めませんでした。

あんな奴は認めないと男の子たちは言いました。

はいじめっこに呼ばれました。

いじめっこは先生の財布を盗むように彼を脅しました。

彼は恐れました。

彼は先生の財布を盗みました。

いじめっ子が全て使ってしまいました。

残りの財布は翌日彼の机の中にありました。

いじめっこは財布を取り出して大声で叫びました。

泥棒と何度も叫びました。

先生はしかりました。

彼は理由説明できませんでした。

また殴ると言われているから、何もいえませんでした。

高校に入りました。

吃音きもちわるいと彼女は言いました。

告白時にわざわざ言いました。

嫌われる理由インターネットで聞きました。

お前が悪いと言われました。

はいっぱい努力しました。

ファンション雑誌を買いました。

チームワークは苦手なので、個人競技もやってみました。

カラオケが苦手なのでカラオケも一人で練習しました。

誰も見向きもしませんでした。

友人は一緒にいるだけで損をするから、と言い残して別グループに逃げました。

彼は社内で平均以上に優秀でした。

社長だけは彼を遠くから可愛がりました。

社員は彼を疎んじました。

成果は上司のものとなりました。

憧れの彼女は給湯室で喘ぎ声を上げていました。

いつか殺されたいと願うようになりました。

中神様にお願いをするようになりました。

あいつは気持ち悪いという声が聞こえました。

からおかしかったという声が聞こえました。

努力してないからあなるんだ、とも言われました。

彼は何も口には出せませんでした。

社長うつ理由を聞きました。

彼はうまく説明できませんでした。

小学校からの思いでを語らなければいけない気がしたのでした。

うつで休むと上司からいじめ電話が入りました。

社長には根も葉もない噂を流しているようでした。

かれはロープを買いました。とても頑丈で化学繊維で編み込まれていて、無機質で全く味気もなくて、彼の気持ちみたいに真っ白なロープでした。それから沢山のことを思い出しながら神様にお願いすると、別世界入り口を覗きこむように輪を見つめたのでした。天井にぶら下がったロープは月明かりに照らされて何も言いません。でもそれは彼にしてみればとても気楽なことなのです。月明かりに滲む向こう側の部屋を覗いた時も、光るロープを見れば何も怖くはありませんでした。目の前の輝く細やかに編み込まれロープは、彼にとって神様から頂いた天使の輪にほかならないのですから

彼は新聞に載りました。

誰も見もしない新聞の小さな片隅で、少しのあいだ小さな人気ものになりました。

彼の自殺と進んだ腐乱を聞いて人々は言いました。

生きていれば良いことがあるのにと言いました。

死んだら終わりなのに馬鹿なやつだ、と言いました。

迷惑から腐らないように死んでくれと言いました。

だけども呟く人々は幾日もたつと、すっかり彼のことを忘れてしまいました。

後述

作品意図は、ブックマーカー含めた全体像です。

私は当初、この作品中傷されることを想定していました。

平易で読みやすい羅列形式としたのは、この場所特性を観察してのことです。

そしてその目論見は的中してホッテントリ入りしました。

ホッテントリ入り後も着実に作品への中傷は積み重なり、まさにリトマス試験紙としての役割を果たしました。

同時にブックマークごと全体を俯瞰すると、この話の群像劇としての側面が姿を表します。

あなた方はラストに登場した身勝手な人々を見事にメタ行動として再現してしまいました。

釣り発言に聞こえるかもしれませんが、想定範囲内の出来事です。

安っぽい改行の多い羅列しか読まず、逆張りを好み、自分がどう見られているか考慮せず中傷する。

その姿がよく映し出されています

もちろん私自身はこのような形態は本意ではありませんから、この翌日より通常の文体投稿を続行しています

しかし後続作品には皆見向きもしません。

それがバイラルなのだということを私は知っていますし、諦めています

ちなみにこの作品単体での意味ですらだれも読み解いていません。その一つはダブル・スタンダードです。

そして世間体という正しさを朴訥に信じきった弱い男の悲運でもあります

この話のメッセージは悲哀ではなく怒りであり、ブックマーカー大衆無駄な生真面目=主人公の愚かさにあります

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160108123606

記事への反応(ブックマークコメント)