2016-01-05

母が弱ってきた

だらだらと書くけどご容赦ください。

から電話があった。

将来に見通しが立たず不安になったそうだ。電話口で泣いていた。

父とは会話がない。無趣味で出不精な父はもうすぐ定年退職だ。恐らくずっと家から出ることはない。夫婦での旅行もしない。

自分を含め、兄妹は誰も結婚していない。恐らくこのまままでは誰も結婚しない

小学校同窓会では、周りは孫の話をしたりして会話が合わない。

父方の祖母の介護(老人ホームにいる)。父はあまり協力的ではない。

毎日パート勤め。帰ってきたら夕食を用意して犬の散歩。ちなみに犬も今年で15歳。足腰が立たない、目が見えない。

ふと、これらの暗い現実直視して辛くなったそうだ。

自分東京で1人暮らし仕事をしている、が、精神を病んで休んでいる。

こんなはずではなかったのだろう。

母としては「あたりまえ」と考えていた、結婚子供達は誰ひとりできていない、孫の顔が見れない。

子供精神を病むなんて思わなかっただろう。

の子供二人ではなく、精神を病んでる俺にしか泣き言をいえないとか…。

色々詰んでるなぁ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160105145211

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん