2016-01-04

口説き下手だけど恋愛したい、というか恋愛結婚したい

何がどう下手かといえば

  • 意中の相手に「俺はお前と付き合いたいけど、今すぐ返事しなくていいから、俺と何回か遊ぶ間に決めてくれ」というメッセージを「それとなく」伝えられない
  • ↑が上手く行ったとしても、相手の「それとない」返事を、多分察せられない

要するに「それとなく」という微妙機微を伴うコミュニケーションが、恋愛に限らず全然ダメ

かといって、何回か遊んだら必ず告るみたいな機械的流れは勘弁。それで相手がNOだったら気まずくて死にたくなるから

そんな俺に残された道がお見合いor婚活サービスだったら嫌過ぎる(それで相手が見つかるかも分からないと来ている)。

しかも上手く口説いて相手からOKが貰えたとしても、結婚まで行き着く保証はないと。てか結婚はゴールじゃないし?


誰かこの無理ゲー攻略する方法を教えてくれ。


追記

頂いたブコメから、いくつか反論させてもらう。

傷付かずに恋愛結婚)しようってのが無理なんじゃ?イケメンとかで市場価値が高ければそれでもスタートはできるだろうけど、常に相手側にリスクとらせる関係なんて長続きしなさそうだし変化(トラブル)に弱そう。

「俺と何回か遊ぶ間に決めてくれ」「それで相手がNOだったら気まずくて死にたくなる」自分では決定しない。「お見合いor婚活サービス」ですらこんな奴はよっぽどの物好きじゃないと相手にしないよ。

「俺の友達でなく、彼女になってくれ」とアプローチする時点で、どういう持って行き方だろうがこちらもリスクを取っているのだが。

それに「付き合ってくれ」と言った所で、「俺を彼氏にするかどうか」は相手が決めること。

からいくらこちらが何を働きかけようと、最後最後は相手にゲタを預けるしかない。

確かにその決定だってリスクを伴うと思うけど、相手側にだけリスクを取らせるようなやり口だと思われるのは心外。


俺が望むのは、できるだけお互い気まずくならないよう、相手とのやり取りでそれとなく脈の有無を探り、尚且つ「ああ、この男は来るだろうなー」と気づかせることで、上手いこと好意を予告し、その好意に相手が余裕を持って対応可能な方法

てか、そういうのをすっ飛ばして、いきなり直球勝負で「君が好きだー!」と迫ったとして、相手に全くその気が無かったらどうなるよ?

俺が相手の立場だったらメチャクチャ驚くだろうし、その場で返答求めるような態度にドン引きするだろうし、断るにしても居心地悪すぎだろうよ。勿論断られる方だって後々の事考えたら超気まずいし。

から直球勝負なんてやりたくないの。男子中学生が校舎裏に女子を呼びつけて告るのとはワケが違う。


鉄道研究会の人が、口説く口説かないとか到底できそうにない恋愛慣れしてなさそうな人なのに、同じ鉄道研究会の入って来た女子とあっという間に付き合って結婚したよ。共通の趣味サークルとかで出会いを求めたら?

ああ、それね。

趣味嗜好つながりで知り合いになるのは、「友達枠」であればこれ以上無いくら理想というか、本当に申し分ないと思うよ。

それこそ趣味人の俺としては大歓迎。

でも、「彼氏」「彼女」としてその気になるかどうかは、他の知り合い方と大して変わらないんじゃないかな。

要は、双方「恋人枠」というミラクルが成立する確率が、趣味つながりだと高まるのか?という疑念を、趣味に明け暮れる俺としては抱いている。

何より「趣味嗜好に相手と共通する部分がある」なんて、あくまその人の一部分でしかないわけで、俺の経験だと、むしろ共通性にばかり目が行って、逆に色々見えなくなるリスクの方が重大に感じられている。

勿論、それを取っ掛かりに結婚まで行ったカップルは何度も見てきたし、素直に祝福するけどね。


さらに追記

ブコメに対して追記に追記を重ねていくとキリ無くなるので基本しない派なんだけど、どうしても気になるブコメがあったので。

「何回か遊ぶ」ってことが一番難しいと思うんだけど。ふたりきりで会うこと自体がその「メッセージ」でもあるし「「それとない」返事」でもあるんじゃないの?

その理屈で行くと、独身男性彼女ないし下心がある相手以外とは、女と2人きりで遊ぶことが許されないことにならないか?

てか、その気がない「異性の友達」であっても、2人きりで遊ぶくらいはごくごく当たり前なんだから、「ふたりきりで会うこと自体がその「メッセージ」」にはならないと思うんだけど。

少なくとも、俺の経験ではそんなの全くあてにならないという感じだわ。

何より、もし誘うことが「下心の表明」になるんだったら、これ程簡単なことはない。

2、3回連続で誘いを断られた時点で完全に諦めがつくし、見極めも容易だけど、実際ここまで綺麗に決まった試しは一度もないわけで。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160104205900

記事への反応(ブックマークコメント)