2016-01-03

箱根駅伝日本人精神論象徴してるようで本当に気持ち悪い

正月はやることがないから箱根駅伝を見ているが、何か本当に気持ち悪い。

ブレーキを起こした選手マスコミが嬉々として映して、それを

みんなが喜んで見て、選手意識朦朧となりながらチームのために根性で走るという構図。

日本過労死が多い理由は、箱根駅伝を見ればよくわかる。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160103104402

記事への反応(ブックマークコメント)