2015-11-25

2次元より安くなりつつある3次元性風俗

艦これはシコれる。というのを否定する異性愛好者の男性はまず居ないんじゃないかと思われる。

軍艦擬人化したという建前のフェティッシュデザイン2次元美少女キャラが半裸になる。エロい軍艦は年齢が無いので小学生くらいの見た目のキャラも居る。ヤバい

実は艦これDMM.comオンラインゲーム利用規約申し訳程度にR-18なので全裸性交シーンは全く無いがR-18であるしかDMMオンラインゲームのページに年齢確認らしい年齢確認は無いので知らなかったりこっそり遊んじゃってる未成年も居るだろう。

私が言いたいのは艦これが全年齢の皮を被った危険性的コンテンツであるというわけでは無く、性的欲求が一般人並の男性可愛い女性が服(露出が高くても低くても関係無い)を着た絵を見ただけで抜ける生き物であるという事実だ。別に艦これで無くともコロコロコミックなかよしのような児童誌のキャラですら抜ける。これについては進撃の巨人刀剣乱舞おそ松さん狂気乱舞立体軌道をしている女性の方々も納得できる部分があるのでは無いだろうか。

艦これ基本無料であるゲームバランスも昔はヌルかったため全然課金する必要も無かった。しかし、2014年ケッコンカッコカリというキャラクターとの擬似結婚という建前のレベル限界突破システム実装された辺りから、状況が異なってきた。

ケッコンカッコカリレベル限界突破だけでなく限定のボイスも聞けるのだが、ケッコンには必ず手に入る一つを除いて1人700円の課金アイテム必要だ。レベル限界突破必要なほど艦これを愛するユーザーはよほど貞操観念が無い限りたった1人とのケッコンで満足するはずが無いので、かなりの額を課金する事になる。また、期間限定イベントステージクリアしないと半年以上手に入れられないキャラクターも居るため、1季ごとにユーザー達の目には血がほとばしる。キャラクターを手に入れられない落胆や憤怒の余り引退したユーザーも少なくないと聞く。艦これキャラクターを愛でて抜くにはとてつもない時間お金必要とするのだ。艦これキャラ数は軽く100人を超えて現在は200人に近付いているが、10人とケッコンするだけで7000円、イベント攻略するために課金アイテムに手を出せば更に額は増える。これはDMM.co.jp販売されているエロゲー1本分を軽く上回る。

一方、DMM.co.jp販売されている三次元AVは高々3千円程度であり、しかも1〜3分程度のサンプル動画無料何度でも見れる。艦これは幾ら払っても本番シーンなど見れないと言うのに。

艦これに続いて最近流行っているのがグランブルーファンタジーだ。こちらも危険な程露出が高いわけではないキャラクターで抜くためにプレイしているユーザーが大半で、有名なのはエロゲー原画マン伊東ライフ氏だ。こちらはFlashを使わないブラウザゲームなのでPCだけではなくスマホでも遊べるが、艦これと最も違う点はキャラを手に入れる方法ガチャメインという事だ。ガチガチャゲーである課金額は艦これを更に超え月当たり数万から十万超えもフィクションにならない世界だ。高級ソープに行ける額を二次元に投じる男たちが実在する。

もはや性風俗ですら無い2次元コンテンツを相手に戦わなければならない3次元性風俗の将来が心配である

(とくにオチは)ないです。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20151125024012

記事への反応(ブックマークコメント)