2015-11-20

妻の元彼に頼み事をされた

妻の元彼から久しぶりに電話があった。

俺「もしもし?」

妻元彼「君の家の方角にハヤブサが飛ぶのを見た」

俺「それは文字通りの意味か?それとも何らかの…」

妻元彼「鳥類ハヤブサだ。君は見ていないか?」

俺「見てないが、心当たりはある」

妻元彼「カラスか?」

俺「そうだ。普段うるさいカラスの声が聞こえなくなった」

妻元彼「ビンゴと見ていいだろう。君にはハヤブサを守ってほしい」

俺「俺はハヤブサの守りかたを知らない」

妻元彼「ハヤブサ存在する痕跡を消す事だ。例えば羽根とかフンとか食べ残し小動物だ」

俺「俺にはそんなもの見分けられそうにない」

妻元彼「食べ残しはわかりやすい。小鳥ネズミの頭が食べられずに捨てられる」

俺「そんなものを拾っていたら、あらぬ疑いを受けかねない」

妻元彼「そこは慎重にやらなければならない」

俺「俺は不器用から無理だ。そもそも何から守ろうというんだ?」

妻元彼「悪い人間からだ。ハヤブサ高値取引される」

俺「こんな住宅地ハヤブサハンターがいるとは思えない。余計な活動はかえって目立つんじゃないか」

そんな風にして断ったものの、ハヤブサに肩入れする理由がなかったというのが正直なところだ。

このやりとりを妻に報告したところ、元彼に電話して、旦那に変な事させるなと怒っていた。

補足すると、妻元彼は自然保護活動家でも何でもない。たまたま見かけたハヤブサの姿に魅せられて、四六時中そのことばかり考えるようになってしまったらしい。

以上を書いた後、久しぶりにカラスの声を聞いた。ハヤブサは去ったのだろう。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20151120141725
  • http://anond.hatelabo.jp/20151120141725

    あー妻元彼な? 中国の長い戦乱の中でもあれほどの智将は中々いないと思うわ

  • 夜道で妻の元彼に出会った

    http://anond.hatelabo.jp/20151120141725 の後日のこと 仕事帰りに自宅近くの路上で妻の元彼を見かけた。 俺「こんばんは」 妻元彼「あそこにハヤブサがいる」 彼は5階建てのビルの屋上を指差...

  • 2015年 増田文学傑作選

    傑作選とは言ってみたものの増田文学を収集し始めたのは4月からだし見落としも多いと思う。とりあえず気になった作品を並べてみる。 葬式饅頭 http://anond.hatelabo.jp/20090409060156 いじさ...

  • 2015年増田10選

    増田文学や個人的な体験談を中心に。 順番は特に付けないが、俺的増田大賞は「ホモがFableIIIというゲームをプレイした話」にあげたい。 02/11 仕事終わって近所のスーパー行ったら 67 ...

記事への反応(ブックマークコメント)