2015-11-02

おっさんは光の戦士になりたかった

子供の頃、光の戦士とか、勇者とか、割と世界を救いがちな属性を持った人間になれると思っていた。

少なくとも、勇者が所有する馬車の中には入れると思っていた。

ある朝起きたら、母親

あんた、今日誕生日ね。そういうわけで市役所(城)に行ってらっしゃい

なんて言われて、市役所に行ったら市長自らが出迎えてくれて

「キミは今から巨悪と戦わねばならない。そんな定めなのだ、たぶん」

とか言われて、地域振興券をもらって、ホームセンタープラスチックカラーバットを買って、冒険をはじめ、友達が2人くらいできる。

女の子がひとりと、男の子がひとり。

どんどん強くなって、紆余曲折ありながらも、諸悪の根源をぶっ倒し、根絶した後、テレビ新聞で持ち上げられ、世界中で有名になり、どこかの王族

「ぜひとも、うちの娘でももらってくだっさい」

とか言い出して、見目麗しき病弱な女性カーテンの影からこちらを見ている。結婚しますか? いいえしません。

そして、莫大な贈与、綺麗な嫁候補をすべて放棄したおれは、一緒に冒険をしたあの女の子を迎えに行って、山奥の村でひっそりと暮らす。

幸せな日々が続き、ある日薪割りをしているとヘリコプター政府要人がやってきて

「おれはもう引退したんだよ」

とか言って追い返す。しかし、女房

あなた世界危機よ、クライシスよ」

とか言うもんだから、再び剣を取り、世界を救いにでかける。次回作にご期待ください。

という輝かしい未来を信じて疑わなかった。

もちろん、巨大なロボットパイロットにもなれると思っていた。

それが今や、こうして深夜に匿名日記を書いている。

おれは、あの日なれると思った光の戦士にはなれずに、日陰の戦士になっていた。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20151102022114
  • http://anond.hatelabo.jp/20151102022114

              |             |  彡⌒ミ            \ (´・ω・`) また髪の話してる・・・              (|   |)::::      ...

  • 2015年増田10選

    増田文学や個人的な体験談を中心に。 順番は特に付けないが、俺的増田大賞は「ホモがFableIIIというゲームをプレイした話」にあげたい。 02/11 仕事終わって近所のスーパー行ったら 67 ...

  • 昨年、うんこを我慢していた増田ですが

    「2015年匿名ダイアリー云々」みたいな特集で、投稿した文章がいくつか紹介されていたので、ちょっぴり嬉しくなってこれを書いている。 去年、はじめて匿名ダイアリーを書いてみた...

    • http://anond.hatelabo.jp/20160102182005

      おっさんは光の戦士になりたかったって、スクエニの広告のパクリだよな オヤジは昔、光の戦士だったみたいなやつ 二番煎じすぎてつまんねー 何よりもつまんないのはちょっと注目...

記事への反応(ブックマークコメント)