2015-10-14

ホームシックの謎

ホームシックというものを感じたことがない。

世間一人暮らしというのは、そのうちに実家が恋しくなり、極端な例では連休があると実家に帰るらしいが、

私は全くそんな気持ちになれなかった。

家にいた頃からして、一番気楽なのは親が外出し、家に誰もいない時間だった。

好きな時に、好きなことを、好きなようにできる。

その終わりを告げる、車のブレーキ音を聞くのが、たまらなく嫌だった。

親との会話は苦痛だった。ちょっと気に食わないとすぐ怒る。

しかし会話に参加しなきゃしないで怒鳴るので、とにかく話を合わせなければならなかった。

親は野球が好きだったが、テレビで観ている間もやはりよく怒った。ひいきのチームが勝っても負けても怒鳴ってばかりいた。

個人的には野球に興味はなく、むしろ大嫌いだったが、困ったことに雑談によく出てくる。

から新聞を読んで、テレビを観て、いかにも興味のあるふりをしなければならなかった。

昔読んだ漫画で、バイト先の喫茶店相撲好きのヤクザが来るので必死相撲勉強したという話があったが、

まさにあんな感じである

正直言うと、たまに電話がかかってくるのも面倒だが、こちらは気楽だ。なんといっても顔色を伺わなくていい。

万一怒鳴ってくるようなら、いつでも適当理由つけて切れる。そう思うと、逆に向こうを思いやる余裕すら生まれた。

野球にはもう触れていないので、話には全くついていけなくなったが、適当に聞き流してごまかした。

離れて暮らしている分にはよい関係でいられた。

世間の毒親や虐待に比べれば、こんなものはぬるいレベルしかない。

しかしそれでも、いまだにホームシック意味理解できずにいる。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20151014032742
  • http://anond.hatelabo.jp/20151014032742

    出張や旅行で数日、留守にしたときに、 今の”家”に早く帰りたいと思ったら、それがホームシックのようなもの。 居心地の良い住処に対してしか、ホームシックは起こらないし、 病...

  • ホームシックの紛らわし方のコツ

    http://anond.hatelabo.jp/20151014032742 ここまでひどいことはなかったけどひとりでいるのが好きだったので弱かったけど 多少はホームシックにはなった。 そのときにやっていたこと。 目をつ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20151014032742

    俺もホームシックにならないし、子どものときにうれしかったのは共働きの親が家にいない時間帯だった 今も年に2回帰るか帰らないかだけど、驚くほど懐かしさを感じないんだよな む...

  • http://anond.hatelabo.jp/20151014032742

    うちの決まりは テレビゲーム1日30分までだったから 親が車で出かけたのを確認して ゲームを始め、車のエンジン音がしたら慌てて片付けてた。 ことを思い出した。

  • http://anond.hatelabo.jp/20151014032742

    10年くらい帰ってないし5年くらい連絡とってないや

記事への反応(ブックマークコメント)