2015-06-26

[] Corrupted Blood事件

Corrupted Blood事件MMORPGWorld of Warcraft」で起こった仮想世界におけるパンデミック現象

「Corrupted Blood」はあるインスタンスダンジョンボスが使用する攻撃魔法で、3秒間持続し対象に毎秒ダメージを与えるとともに

周囲にいるキャラクターに同じ効果感染させる。

2005年9月13日、あるプレイヤーによりこの「疫病」がダンジョンの外に持ち出され街へと持ち込まれた。

NPCにも感染する」「HPの多いNPCや高レベルプレイヤーにとっては死ぬようなダメージではない」という性質から

隣り合うNPCが互いに移し合うことで維持され、移動する高レベルプレイヤーによって媒介されて、わずか3秒の持続時間しかないにも関わらず大きな広がりを見せた。

これにより甚大な被害を受けたのはダメージに耐えるだけのHPを持たない低レベルプレイヤーで、ゲーム内の街には死体の山が築かれた。

運営会社は当初プレイヤーへの自主的避難隔離の呼びかけにより解決を試みるも、呼びかけを無視する者や

しろ意図的感染を拡大させようとする者などもいて、数日経ってもまったく事態が収まる気配はなく

最終的にはサーバーをダウンさせ「疫病」をダンジョン外に持ち出せないようゲームに変更を加えることで事態は終息した。

この仮想世界における疫病の蔓延は、BBCなど一般のメディアでも取り上げられ、疫病の研究者生物兵器テロ研究者から

興味深いモデルと見なされ学術誌に論文が発表されるなど注目を集めた。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20150626144159

記事への反応(ブックマークコメント)