2015-05-26

フェミが叩かれやすいたった1つの理由

全く異なる考えを持った人たちが、フェミを名乗って好き勝手言ってるからです。

いわゆる、フェミは1人1派というやつね。

から、あらゆる層からヘイトを集めやすく、フェミ叩きが目立つ(ように見える)。

しかし、フェミ叩きを紐解いてみると、その時々で右だったり、左だったり、男性ヘイトだったり、

フェミとは直接関係ないその人自身の考え方が叩かれてる場合殆どです。

問題発言主がフェミと名乗っているので、「フェミが○○と主張してる」という形で反発されやすいことと、

そういった反発を受けて今度は発言主とは正反対の考え方を持ってるようなフェミまでもが

フェミ批判されてるぞ!」と参戦してきて、最初論点なんかどっかいって、極めてワンパターン

泥仕合的罵り合いで終わってしまうことですね。

話は変わりますが、弱者男性論争で個人的に興味深かったのは、フェミが普段とは逆の立場に置かれたことですね。

フェミを攻める弱者男性の側が特定の個人ではなく、各々が弱者男性を名乗って(あるいは代弁して)

いろいろ主張してるので、フェミが「弱者男性とはどんな人なのか」、「要求はなんなのか」と当惑していたのは、

見ていて少し可哀想でもありました。

この声に答えるなら、弱者男性実態も、要求も、特定することは不可能なんじゃないのかなぁと。

弱者男性というのは、結局誰でも名乗れる自称で、そこに何かしらの共通的見解はないでしょう。

もちろん書いてる当人には何かしらの主張はあると思いますし、掘り下げれば出てくると思いますが、

それをイコール弱者男性の主張とみなすことは不適当ですよね。それはあくま個人的見解ですし。

そういった点では、弱者男性というのは形式的にはフェミ的で、ただでさえフェミが関わると話が

発散しやすいのに、弱者男性までそうであっては、まともに議論などできるわけがないよなぁと

眺めていて思うわけですね。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20150526232653
  • http://anond.hatelabo.jp/20150526232653

    ネトウヨを自称するような人でも「在特会はちょっと・・・」って人多いのに、 あいつらマジでヤバい奴も平気で仲間に迎えるもんなぁ。 まあ、それが「女社会」が「男社会」に劣る、...

  • http://anond.hatelabo.jp/20150526232653

    男性規範逸脱への蔑視でまとめられるし蔑視をやめろと指摘されたフェミニストの大半の「恋人が欲しいだけ」「人生がうまくいってない苛立ち」という差別的スタンスが困惑とか都合...

  • http://anond.hatelabo.jp/20150526232653

    上野千鶴子ってフェミニズム的にはどんな扱いなんだろう。 フェミニズムを代表する学者だと思われてるのか、それともまともな脳科学者がモギケンをみる時みたいにあんな人を代表だ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20150527071232

      議論で出る脳内快楽物質にハマってるフェミニストはネトウヨと似た匂いはするな 知的さに憧れてるだけなのでいかに相手の発言を否定するかしか興味がないという

  • http://anond.hatelabo.jp/20150526232653

    オタクバッシングも同じ構造だな。 ぬるぬると批判できる相手として、フェミとかオタクはやりやすい。 ラブライバーなんて記号も、鉄オタもそうなんだけど、大抵こういう論調は否定...

  • http://anond.hatelabo.jp/20150526232653

    こういうエントリ見ると、この人も含めて、ネットでフェミニズムに言及してる人のほとんどは フェミニズムの文献を一冊も読んだこともなければ、その歴史について何の知識もないん...

  • http://anond.hatelabo.jp/20150526232653

    上野千鶴子さん、こんな人が中心人物として振舞ってることは日本のフェミニズム界の不幸、と思う人も多いです。 特に批判されたのは、上野さんの異性愛中心主義的、ホモフォビア...

記事への反応(ブックマークコメント)