2014-11-10

鈴木大介氏の著作『最貧困女子』を読みました。

鈴木大介氏の著作『最貧困女子』(幻冬舎新書ISBN-13: 978-4344983618)を読みました。

売春などを生業としつつ、風俗世界からも、福祉からもの世界から排除されている女性たちに関する本です。

もちろん、現在のことを書いた本です。

感想を書こうと思ったら、ぜんぜん指が進まない。

読んだ直後はそうでもなくって、スラッと書けると思ってました。

何がそうさせたのか?

それは、たぶん全編に渡って通奏低音にように響く、著者である鈴木大介氏の絶叫ではないかと思います

本音を言えばルポライターとしての僕の心情は、もう限界だ。”(p.210)

当事者である女性たちに共感するのではなく、彼女たちのことを、見てしまった者、知ってしまった者としての苦しみが吐露されていました。

自分自身、短い間でしたが、かつて風俗業界の周辺で働いていたことがありました。

障害者福祉現場でも働いていました。

そして、どこでも、あっと言う間に「適応」という名の心の麻痺完了させました。

風俗世界で、絶え間ない選別が行われていることを知っています

障害者福祉世界で、それまでの生活の中で培ってしまった「面倒くささ」ゆえに居場所が見つけられない人を知っています

そのことに対して、「そういうもの」と思ってしまった自分がいます

仕事をしてお金をもらうため、そんな自分を維持するための防御として。

本の全編に渡る絶叫は、鈴木氏の「適応」しないぞ、という叫びのように思えました。

はいえ、本の記述は決して感傷的ではなくあくまロジカルです。

ロジカルでないと、見えなくなってしまうのが、最貧困女子からです。

幼少期には、家庭からはじき出され、それと連動して児童福祉から「見捨てられ」、

少女期には、地元女子グループからはじき出され、何より地元からはじき出され、

成年になって、風俗世界からはじき出されてしまった、

そんな絶え間ない選別と排除の結果、最貧困女子が生まれていると、鈴木氏は書きます

そのプロセスを実に丁寧に記述します。

丁寧に記述することで、鈴木氏は「でもそれって自己責任でしょ」というエクスキューズを封じているように思えました。

自己責任論は、ありとあらゆる立場から発せられていて、そのひとつでも「あり」としてしまえば、最貧困女子存在が見えなくなってしまう。

その不可視を最大の問題にしています

個人的に読んでいて辛くなったところは、彼女たちの成功体験と失敗体験についてのところでした。

失敗体験の話からいきましょう。

”だが問題は、その補導時の対応だ。基本的に、警察少年課や地域少年補導員、児童相談所などは、万引き少年少女補導時には親や施設先生などの保護者を呼び出すという、杓子定規対応しかしないことがほとんどだ。確かに少しは話を聞いてくれるから少女としても、『この人は頼れるかも』と淡い期待を抱くが、最終的な対応である保護者の呼び出し』『虐待する親のいる家や居心地の悪い施設への送還』は、彼女らにとっての裏切り行為となる。これがいけない。”(p.88-89)

緊急的に福祉対象となるべき状況にあるにもかかわらず、当事者自身が、頑なに福祉による救済を拒否する心情の根底には、上記のような幼い時期の失敗体験(福祉行政は助けてくれない)が横たわっている。

失敗体験は、強力に刷り込まれて、福祉による救済への反発力として働きます

次に成功体験です。

家と地元からはじき出された女の子は、路上に出ます。さしあたって必要ものは、毎夜の安全で温かい場所(居場所)です。

それを与えてくれる人間は、まず第一に買う男であり、風俗スカウトであり、アウトローセックスワーク関係者たち。

彼らは対価として、彼女たちの肉体と尊厳要求します。

(ああ、また書くのが辛くなってきた。)

彼女たちが、そういう方法で居場所を確保できたことは、成功体験となります

失敗体験と同様に、成功体験も、強力に刷り込まれて、肉体と尊厳犠牲としてその日その日をやり過ごすことへの親和力として働きます

ただし、その対価の価値が「若い女だったから」に過ぎないので、年齢を重ねたり、さら若い女性が現れて相対的若さを失ったりすることで、簡単に崩壊してしまものです。

しかし、そこに立ち止まって、こだわってしまう。

障害者福祉特に就労支援世界で、よく言葉にするのが、まさに成功体験と失敗体験です。

社会に出たことのない人や、何らかの事情社会からはじき出された人に対して、自信と経験を身につけてもらう方法として、とにかく小さいこから成功体験を積み重ねるということをします。

それを繰り返すことで、社会へ出る(戻る)ための基礎体力をつけてもらいます

はいえ、本当にそれがいいのかどうかは、当人しかわかりません。

支援する側として、この手法ですら相手によっては押し付けではないかと思ってしまうこともあります

彼女たちのケースに目を通すと、成功体験と失敗体験は、(それが外野人間が望んでいるベクトル正反対だったとしても)やはり強烈に人の心に作用するものだと、図らずも証明されてしまったような気がしました。

この本で鈴木氏は、後半で風俗セックスワークで働く女性を分類し、状況を少しでも改善するための方策を提案しています

幼少期には、子供たちが、夜でも居ることができて、ご飯が食べれて、ゲームができて、年長者になってもウザくならない(重要!)、シンプルに「居たくなる居場所」を作ること。

思春期には、街で出てしまった少女たちを「家に帰す」に終始することのない、「『少女自身による独立』への意思」を尊重した支援を行うこと。

また、少女たちが恋愛依存やすいことを肯定して、自爆的な失敗をしない恋愛ができるような「恋活」の重要性。

そして、それら全てを踏まえた上で、支援制度が整わない間の、苦肉の策としての「セックスワークの脱犯罪化・正常化社会化」。鈴木氏は、本文中で、明確に未成年者のセックスワークを「非人道的」と否定しているので、まさに苦肉の策として提案しています

そして鈴木氏は、これらの提案を、専門家でもない一介の記者が考えた稚拙な提案と、何度も何度も前置きしながら書いているのです。

その前置きの中からも、冒頭に書いた鈴木氏の絶叫が聞こえてくるようです。

「この本を読んだ」という事実を、自分自身無視できない、どこかに公開して残す必要があると感じました。

以上、『最貧困女子』を読んでのエントリを、とりあえず書き終えるものします。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20141110054536
  • http://anond.hatelabo.jp/20141110054536

    配偶者控除なくして、パートタイマーの賃金あげるような動きが必要。 今のパートタイマー主婦は旦那の稼ぎがあるから「配偶者控除あるし130万円でいいや」って人おおすぎ。なので女...

    • http://anond.hatelabo.jp/20141110073745

      元増田の言う本に出てくるような、親からも仲間からも社会からも見捨てられた未成年の少女は パートタイマーとしてすら働けるわけがないだろうに。 内容なんぞろくすっぽ読まず、た...

  • http://anond.hatelabo.jp/20141110054536

    良い文章だなぁ。増田の意見も聴きたい。

  • http://anond.hatelabo.jp/20141110054536

    親との折り合いがつかないのなんて女子に限らず男子も同数いるはずなんだが、 そこに全く焦点が当てられていないどころか本のタイトルからして完全無視されてるのが気になる。

    • http://anond.hatelabo.jp/20141111095924

      男子はいくらでも問題にされてるから今更だろ。 今まで焦点が当てられなかった女子に敢えて焦点を当てた本と言う意味で新しいんだろ。

      • http://anond.hatelabo.jp/20141111100543

        えっ、されてる? この本だと「まともな衣食住も確保できずセックスワークに従事する10代後半〜20代前半くらいの女子(少女)」について綴ってると思うんだが 同年代で同じような条...

        • http://anond.hatelabo.jp/20141111101148

          若年ワープアについての書籍なんか山ほどあるだろ。

        • http://anond.hatelabo.jp/20141111101148

          「不良少年」「家出少年」と言う枠でウン十年前から問題視されているね。 男の子の場合はセックスワークじゃなくて893とか犯罪系か。 全然目新しくないから新書じゃ無さそう。

        • http://anond.hatelabo.jp/20141111101148

          同著者が原作の漫画「ギャングース」でも読んでたらええねん。 実際のところ、青年誌のあらかたは反グレ少年を主人公として扱った作品がほとんどやで?

          • http://anond.hatelabo.jp/20141111101956

            「不良、半グレ、ヤクザ、チンピラ、暴走族」ってのにフォーカスするのと 「貧困」ってのにフォーカスするのは全然違う気がするんだけど。 前者だって貧しいかもしれないけど見て...

            • http://anond.hatelabo.jp/20141111111421

              だから、男の場合は貧困からヤクザなどの裏稼業に身をやつす人が多いっていう話よ。 性別によってどういう職業になるかは変わってくるけど、家族や社会から見捨てられた人間はいず...

              • http://anond.hatelabo.jp/20141111111825

                横からの勝手な予想だが、恐らく「貧困男子もいるのに女子ばっかりずるーい!男性差別だ!」みたいな事考えてるんじゃないのそいつ まず近頃「貧困女子(=最低賃金のフリーター...

                • http://anond.hatelabo.jp/20141111113239

                  行間読みすぎる変な癖つくと実生活で支障出るから矯正したほうがいいぞ。 まあそれはいいとして。 どっちかっていうとバズワード利用して部数稼ごうって商業体質が、 性別(あるい...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20141111113943

                    敢えて「貧困『女子』」と付けなければ女子の存在が自動的に無視される、という現実があるから わざわざタイトルに『女子』を含めているわけで 『女子』を含めない方が「貧困層には...

                • http://anond.hatelabo.jp/20141111113239

                  どうでもいいが「予想」は未来を想像することだ

            • http://anond.hatelabo.jp/20141111111421

              普通の貧困じゃなくて最貧困がキーワードなんやろ? そんなん半グレに行きつくのは当たり前の論理やがな。 普通の貧乏人を扱った作品はそれこそ、日常系のカテゴリで山ほどあるか...

        • http://anond.hatelabo.jp/20141111102131

          http://anond.hatelabo.jp/20141111101148 http://anond.hatelabo.jp/20141111101627 http://anond.hatelabo.jp/20141111101956 「同じような条件の男について語った本ある?」 「同じような条件じゃなければ山ほどあるよ!...

    • http://anond.hatelabo.jp/20141111095924

      需要と供給 少女のセックスライフを書くから売れる。

    • 売れない本は出ない

      http://anond.hatelabo.jp/20141111095924 男の貧困層の場合はヤクザや暴走族と絡めれば「売れる」し、女の貧困層の場合はセックスと絡めれば「売れる」。 ただそれだけのことだし、鈴木大介です...

記事への反応(ブックマークコメント)