2014-10-15

徒然草第68段は絶対におかし

普段大根を体にいい薬だとして毎日2つずつ食べている押領使がいた。

ある日そこに敵が現れたんだが、勇敢な2名のつわものが突如現れて敵を撃退した。

押領使は何者か? と二人に問うと、「普段食べていただいている大根でございます!!」と言って去って行った。

ああ? これぜってーおかしいだろ。

健康のために食べているご利益が、なんで敵兵を撃退するつわものとして登場するんだよ。

押領使病気になった時に、二人の美少女(それぞれタイプが違う!初代プリキュアみたいな!!!!!!!!!!)が来て、

一生懸命看病してくれる、ってなら理解できる。よくわかる。

けれど物理的なピンチを助けちゃダメだろ。

と考えるのが平成人の考え。14世紀人はこれでいいのだ。未来人はこれをまたどうかんがえるだろうか。

こういう意味でも古典ってのは面白いのだ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20141015213352

記事への反応(ブックマークコメント)