2014-09-07

10年前ネットサーフィンしていたサイトはもう残っていない

youtubeでなにとなく10年前好きだった歌手動画を見た。

すっかり存在を忘れていたけど久々に聞いてもやっぱり良いもんだと思った。

そこでふと、その歌手ファンサイトに通っていたことを思い出した。

歌手のファンであり、またそのファンサイトのファンでもあった。

10年前というとまだSNS流行しておらず、無数の個人HP存在していたように記憶している。

しかし、google検索ではようやく残骸であるサイトコンテンツページを見つけ出すのが精一杯だった。

管理人自作したであろう壁紙ギャラリー。私も使っていたのであろう、よく見覚えがある。

試しに他のいくつかのサイト検索してみたが、それらは一部でさえも見つけることが出来なかった。

名前を覚えているサイトはまだ良いほうで、9割以上のページは思い出すことすら出来ない。

ネット情報は一生残ると思っていたけれど、そうでもないんだな。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140907185553
  • http://anond.hatelabo.jp/20140907185553

    infoseekの無料HPサービスで作れれていたサイトなんか残骸も残ってないな。 infoseekがHPサービスを停止するアナウンスした時、とっておきたいページは、http://archive.org/web/ が保存してたか...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140907185553

    ネットは鳥頭化が絶賛進行中だったけど、SNSがその状況に歯止めをかけたかなあ……というところが前回までのお話。 情報がグーグルの手の指の間からサラサラとこぼれてゆく……

記事への反応(ブックマークコメント)