2014-08-02

アニメオタクばかりでつらい

生まれてこの方、漫画アニメに興味を持ったことがなく、そういう趣味はあったとしても、小学校卒業するころには卒業するべきだと思って生きてきた。

しかし、ネットとかを見ていると、あまりに「大きなお友達」がアニメ話題で盛り上がるのがつらい。

日曜日の朝にはアニメの実況でツイッタートレンドが埋まるし、アニメ好きを公言するアイドルとかも現れるし、

あげくのはてに、政府までも、アニメ日本の文化として海外積極的に売り出そうとか言い出す始末。

こいつら本当に頭大丈夫かと思う。

まり言いたくないけど、最近日本社会が幼稚に見えるのは、アニメとかに影響をうけすぎているからなのではないか。

(そして凶悪犯罪者の家からアニメポスター発見されると、「アニメ関係ないだろ!」と言って顔を真っ赤にして怒るし。)

そもそも子どものものであるべきアニメを、子どもは寝ていなければならない夜中にやること自体、間違っている。

大きなお友達」をターゲットにして、本来視聴者層である子どもたちを完全無視したマーケティングって、ありなの?

いい歳をした大人ならば、もっと他にたしなむべき趣味はあるはずで、

アニメ漫画ゲームうつつを抜かすことが恥ずかしいことだということを、いい加減気付いてほしい。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140802002012

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)