2014-06-28

虐待幸福経験の空白と

まり煮詰まっている。自分の子どもたちを優先順位の一番に出来なくなりそうでヤバいから精神安定剤的にカキコしようと思う。長文申し訳ない。

私は某宗教で育った。アメリカの再臨派から分かれてるのに唯一無二のキリスト教ってうたってるやつだ。

小さい頃から鞭でぶち回されるのは当たり前だったし幼稚園も行っていない。伝道活動に連れ回される中、幼稚園の前を通った。垣根越しに園内を覗いたことがある。にぎやかで楽しそうな世界だった。子どもながらに心臓がぎゅっとつかまれる気がした。

その時代信者は週三日の集会、週五日の午前午後の伝道活動が当たり前だった。子どもは親と一緒に連れ回された。終わりが来る、とずっと言われ続けていた。高校なんて考えなくていいし、仕事伝道活動を最優先にしてと言われていた。

小学校に上がってから学校はとても楽しかったが、出来ない行事も多かった。日本の伝統行事誕生日クリスマス……。御神輿クラス作成する中、先生に言い、私は一人椅子で本を読んでいた。先生への証言は気の重い作業で、でも仕方なかった。校庭で校歌ダンスがあった時は、一人で膝を抱えて木陰にいた。

私は音楽が好きだった。高学年になってマーチングバンドに入りたかったし、少年団のソフトボールに入りたかった。

だが、諦めざるを得なかった。世との交わりになるし、優先すべきは放課後伝道活動と集会だったからだ。

中学校になり、私は部活に入りたかった。本当にどうしても入りたかった。この時は多少抵抗したが、会衆の長老を含めて親の説得に負け、仮入部した部活自分から取り下げた。応援してくれた先生同級生に、本気ではないと思われ、信用をなくした。このとき多分全力で抵抗していれば順調に年齢通りに社会生活を送れたのだろうが、洗脳も強かったし、親を愛しすぎていた。組織を出るなら殺すと言われ、それに負け、無力感とともに青春を送り始めた。

その後10年思い出したくもないような宗教漬けの日々の後、その宗教を辞めた。

幸いな事に結婚も出来た。子どもにも恵まれた。やりたい場所でやりたい仕事をし、そのためにやりたい勉強をし、好きな家を買って暮らしている。

子どもはまだ小さい。4歳と1歳だ。平日は、保育園に預けている。とてもいい保育園で、子どもたちに毎月の行事をしてくれているし、園も季節感のある飾り付けになっている。リトミック英語、図工に体育など年齢に合わせた遊びながらの教育もしてくれている。給食もおいしい。ほんと楽しい場所だ。

ふっと気を抜くと、最近子どもイライラしている。子どもを応援する母親になりたい本心がある一方で、私は人生を取り返したくてたまらないし、たくさんわがままを言える子どもが羨ましくて仕方がない。子ども嫉妬するのは馬鹿げていると理性が思う一方で、私の中の子どもが、楽しそうな上の子を虐めたがっている。

の子の2歳後半から3歳にかけてのイヤイヤ期には本当に手を焼いた。自分は大人しい子だったし、常に人目を気にしていた。公園で泣きわめかれたりお店で転がれる気持ちがわからなかった。あまりにもひどいとき、とうとう手をあげてしまった。小さい頃の自分を叩いたようで、夜中吐いて泣けて反省した。だが、その後も元気がよく、私も我慢しすぎて階段から付き落としそうになるよりは、躾の範囲で言い聞かせてその場で服の上からお尻なりひっぱたいた方がよっぽどカラリとお互いのためにいいのではないかと、何度かはしているうちにイヤイヤ期が収まってくれた。

まずいのは、夫はこういう葛藤理解できるはずもないという事だ。夫は育ちがよく、彼の母親は始終笑っている人だ。子どもも夫も動物も可愛がって楽しむ人だ。

の子どもが赤ちゃんだった頃、何のためらいもなく行えた誕生日会。幼児期になってから辛くてたまらない憂鬱な会になった。

子どものイヤな面が私に似ている。それがまた私を責め立てる。自分性格のせいで親からの自立が遅れ、上手くいかなかったのは単に自分のせいだったことに気がつかされてしまった。

気分が沈んだ日は、疲れているから、と言い訳にして、子ども放置した時間けが過ぎていく。子どもとの今日一日はかけがえのない日だと分かっているのに。エネルギーのあまっている子ども休みの日に一日外に出さないで、たまった家事の解消にあてたりすると、もうへこむ。

さて、今朝のことだ。仕事で昇進し、今度はチームを動かすほうになった。チームワークについて、常日頃年下から学ぶ事が多すぎて、自分としては自信がない。学生時代部活が出来たら経験になったに違いないと思ってしまう。だからつい、夫に学生時代部活が出来なかった事がいつまでも経験の少なさとして尾を引いていると愚痴ってしまった。すると

『おれも男子校だったからずいぶん経験が欠落したと思う』

と言われ、ついお互いムキになってキレてしまった。だが、こうして文章として起こしてみると、そんなに重いものを裏にして話す方が悪い気もしてきた。

午前中、悲しすぎて棒に振ってしまたから、せめてこれから子どもたちにも夫にもいい一日になるよう頑張ってみようと思う。

だが問題の本質は、分かってほしい人に分かってもらえないと、子どもだんだんしづらくなっているという事だ。だがそれも他力本願な甘えでしかない。

こうやって読んでくださった皆様、ほんとうに貴重な時間ありがとう。なんとか、うまいこと頑張ってみるよ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140628152439
  • http://anond.hatelabo.jp/20140628152439

    なんというか、ご同情申し上げるほかない。 子供へのそういう気持ちは、例え理不尽と自覚していても暴走しかねない危うさがあると思う。 この文章を旦那さんに見せてはどうだろうか...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140628152439

    夫にキレるのがすごく危うい。 夫は貴方に同調してくれていたし、真剣に悩んでいたであろうからそういう回答になった。 しかし貴方は「私ってホラ可哀想でしょう!悲劇のヒロインな...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140628161346

      とまあ、この手の見ず知らずの他人様に完璧を求める意見はスルーしたほうがいいと思う。 つらい事はつらいといっていいし、憎いんだったら許さなくても別にいいんじゃ。 こうじゃな...

      • http://anond.hatelabo.jp/20140628194518

        求めているのは、完璧、なのかね? 単なるコミュニケーション不全への指摘だけだと思うんだけどね。 コミュニケーションが不足していて、それは自分側で、そしてそれに自覚なく相手...

      • http://anond.hatelabo.jp/20140628194518

        賭けてもいいけど、この人多分、男女逆だったら今の夫の立場の方を「悲劇のヒロインぶって!!」と言うよ。 要するに、男側に非があるような光景見ただけで、呪文の様にこの言葉を唱...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140628161346

      お前全然わかってねーよ。 増田の文章を読めよ。 誕生日もクリスマスを祝うことが禁じられた子供時代ってどんなもんかわかるか? 友達の誕生日会やクリスマスパーティにも行けない...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140628152439

    自分に欠落があると思うと、そのことで人に迷惑をかけてはいけないと考えるあまり、よけい完璧主義的になってしまうんだよな。 他の人にも普通にあるような欠点でも、すべて自分の...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140628152439

    増田に書いてしまう程にはご自身のことを理解されたいと思っているのであれば、一番身近な人にもそれを伝えようと努力してみる価値はあるのでは。きっと理解されるはずもないとい...

  • anond:20140628152439

    書いてある教義から同じ宗教で育ったと思われるのをみて、どうにも見ているだけでいられなくて初めて書く。 私も自分が小さいころに母親がその宗教に入り、物心ついたときには誕生...

  • 虐待と幸福と経験の空白と 2

    一週間前、『虐待と幸福と経験の空白とhttp://anond.hatelabo.jp/20140628152439』を書いた者です。 反応をくださった皆様、ありがとうございました。 母親なんだからちゃんとやれ、というお叱...

記事への反応(ブックマークコメント)