2014-06-18

全てやめて実家に帰った。

上京したのは18の時。

目標や夢なんか何も持っていなかった。

勉強スポーツも何一つ真剣に打ち込んだこともなかった。

子供の頃から母親には「あんたは大抵のことがそれなりにできるけど、なにか一つでも真剣に打ち込めるものを作らないとダメだよ。」と常々言われていたが、その頃の自分はどれも上手く出来ている実感は持っていなかった。

今思えば確かに「それなり」にできていて、得意科目だった英語は周りの同級生必死で家で勉強してようやく偏差値60ぐらいだったのに、一切家では勉強せずにビートルズの曲と歌詞・和訳をすべて暗記しているだけで偏差値70オーバーだった。

つい最近にはじめてテストをやって知ったが、IQ無駄に134もあるらしい。

高校卒業後は入試科目が国語英語だけのFラン大学に進学した。

大学に入って軽音サークルに入ると、高校時代までは出会ったことがないようなタイプ人間がたくさん居た。

僕が在籍していたサークル大学軽音サークルでは珍しく、オリジナルバンド、いわゆる外バンを多数抱えるサークルだった。

一番多い時には30近くのバンドが学外で活動していた。

楽器を始めたのが高校2年生の頃で、そもそも不器用でそれほどうまくなかった僕はサークルでできた友人たちとコピーをやることすらままならない腕前だった。

それでもあまり個性的で魅力的な彼らと遊ぶことはそれまでに経験したことがないような楽しい時間で、知らない音楽を教え合ったり集まって練習したり、悪ふざけをしたりとこれから人生も含めて二度と訪れないかけがえのない時間だった。

サークルの先輩に大学2年になる頃にバンドに誘われた。

全く自信がないから初めは断っていたが、ある日何故か承諾してしまった。

未だに自分がどういう心境だったのか理解できない。

とにかくこの決断が僕の人生を大きく変えた。

そのバンドは加入した時点では大学付近ライブハウスで月1ぐらいのペースでライブをやっていたぐらいのよくあるアマチュアバンドだったが、リーダーである件の誘ってくれた先輩というのが天才的なソングライティングの才能を持っており、かつ、人間関係を築く天才だったため加入してから瞬く間にCDを全国のレコードショップで発売するまでになった。

それに伴い、ライブの回数は増え、レコーディング地方遠征する機会も多くなっていった。

大きく変わっていく生活に僕はなかなか慣れず、また、もとよりやる気を出すのに凄くエネルギーが要る(この時は気づいていなかったがADHDだということが後で分かった)ため行動力は鈍り、授業にはどんどん出なくなった。

その分、楽しくバンド活動をやっていたのかというと、そうでもなかった。

バンドの活動の幅が広がるにつれて、自分の下手さが足を引っ張っていると思い込んでしまい、プレッシャーを感じていた。

ただ下手くそなだけだったらどれだけ良かったか。運が悪いことに、僕はどうやらアレンジセンスがあったらしい。

センスだけは代えが効かない。いつの間にかバンド必要不可欠な人間になってしまっていた。

そんなこんなで加入して3年目。ついには大学中退した。

もうこうなったら練習してうまくなりさえすれば良かったが、この頃にはギターを弾くことが苦痛とさえ思うようになっていた。

それでもライブは決まっている。

学校にいく必要もなくなったので更に本数は多くなり、その次の年には年間とおして4

日に1回というペースでライブをやった。

これだけやってればそれなりに認知度も上がってきて、ファンだと言ってくれる人も多くなった。

そういった人たちに褒められたり応援してもらう度に自分が下手すぎて死にたくなった。

なおさら後に引けない状態になっていった。

もう自分の都合だけではなくなってしまっていた。

しかしたら他のメンバーも同じような気持ちだったのかもしれない。

3枚目のアルバムリリースしようとする頃にリーダーがついに心折れた。

「このCDを出してどうにもならなかったら、終わりにしよう。」

一番身近で一番頼もしい仲間が夢を諦めた直後だった。

メンバーの誰も反対はしなかった。

その後の1年間はそれまでが嘘だったかのように必死で練習して曲も作ってレコーディングした。

よく肩の荷が下りたというが、そんな感覚だった。

あっという間に1年が過ぎて、バンドは活動停止した。

その後、知り合いのバンドにうちでやってくれと頼まれた。

初めはもうバンドはやるつもりはないと断っていたが、あまりのしつこさで折れてしまった。

その1年間で多少自信をつけていたせいもあるかもしれない。

その後はまた同じようなことを繰り返した。

学習しないやつだ。

2つ目のバンドに加入して3年目。

就職していたが、社長とソリが合わなくて喧嘩して辞めることになったので、これを理由にして実家に帰ることにした。

バンドも辞めた。

この10年間は一体何だったのだろう。

幸いにも初めのバンドをやっていた頃に働いていた会社ウェブマーケティングスキルを身につけていたので、田舎賃金が安いとはいえ全く生活には困っていないどころかちょっと本気を出せばそれなりに余裕のある生活すらできる。

ただ、生きている実感がまったく無い。

実家に戻って2ヶ月ほど。思い出すのは大学時代の友人たち。

むちゃくちゃなことばっかりやっていたけど、音楽をやる時だけはみんな真剣だった。

就職した後も次は仕事真剣で、中には28上場企業副部長クラス地位を得ていたり、だれでも知っているような会社営業所長になっていたりする奴もいる。

こう言うとアレだが名前書ければ入学できるようなFラン大学出の人間出世コースじゃない。

仕事の話を聞いてもやっぱり彼らのやること考える事は真剣だ。真剣にやって来た結果が彼らにはある。

僕は到底彼らにかなわない。

別にお金地位も栄誉もいらないが、これから先も一度たりとて彼らのように真剣に何かに向き合うことができずに生きていくのかと思うと怖くてしょうがない。

俺も一度でいいからあいつらみたいに輝きたいんだ。

追記

たくさんの反響を頂きました。

後で読みなおしてみると書きなぐった感がすごくてとても読みにくい文章でした。すみません

急に誰かに聞いて欲しくなって勢いで書いたので・・・

いろいろな意見を頂いて、自分の中で今後どうやって行くのか決意が出来ました。

以下のエントリ決意表明として記させていただきます

http://anond.hatelabo.jp/20140619160649

読んでいただいた方、意見を頂いた方ありがとうございました。

いつかまたいい報告ができればと思います

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140618183147
  • http://anond.hatelabo.jp/20140618183147

    「それなりにやる」ことに罪悪感を持ちすぎじゃないのか 傍から見りゃビートルズから入ってバンド活動に精を出した、十分本気を経験した人間にも見えるが

  • http://anond.hatelabo.jp/20140618183147

    音楽を本気でやってたんじゃないのかな。 たぶん、この増田は本気で取り組む、且つ、それを社会的に評価してもらいたいんだと思う。 ただ思うのは、輝いて見える人がかならずしも...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140618183147

    3枚目のアルバムをリリースしようとする頃にリーダーがついに心折れた。 「このCDを出してどうにもならなかったら、終わりにしよう。」 一番身近で一番頼もしい仲間が夢を諦めた...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140618183147

    得意なこと(=頭を使うこと)で負けると真剣になれるよ。 トレーダーになってみないか

  • http://anond.hatelabo.jp/20140618183147

    ただ下手くそなだけだったらどれだけ良かったか。運が悪いことに、僕はどうやらアレンジのセンスがあったらしい。 センスだけは代えが効かない。いつの間にかバンドに必要不可欠...

  • 高IQの人の特徴です

    http://anond.hatelabo.jp/20140618183147 自分もIQ130超。子供の頃から何となく色々出来たのに 大して努力していないため「出来ていない」と、これまた何となく思っていた。 審美眼が異様に厳...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140619061647

      ちなみに今でもTOEIC満点近くても「英語ができない」と思っている。 いや、実際「TOEIC満点近い」程度は全然英語できないと言っていいレベルだぞ。

    • http://anond.hatelabo.jp/20140619223948

      ちなみに今でもTOEIC満点近くても「英語ができない」と思っている。 95%出来る、というのが出来ると考えられないんだよなどうしても。 http://anond.hatelabo.jp/20140619061647 これはどう読...

      • http://anond.hatelabo.jp/20140619225525

        お前さ、ちょっとずつ主張を修正してんじゃねーよ いや、実際「TOEIC満点近い」程度は全然英語できないと言っていいレベルだぞ。 そんな尺度を出してくる時点で英語できない奴で...

        • http://anond.hatelabo.jp/20140619231302

          いやそれ主張を変えてるのお前だろ。 「満点=出来るって思っているのは自分じゃなくて周囲の話だ。」なんて文章は元増田には書いてないぞ。 なんで引用記法でくくってんのw

  • http://anond.hatelabo.jp/20140618183147

    >別にお金も地位も栄誉もいらないが、これから先も一度たりとて彼らのように真剣に何かに向き合うことができずに生きていくのかと思うと怖くてしょうがない。 >俺も一度でいいか...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140619073654

      自己で完結できるようなのは、よほどのその道の達人か、怠け者だけだよ。 他人と比較することでしか、そうそう向上心は湧かない。

  • http://anond.hatelabo.jp/20140618183147

    これでも読んどけ。 http://blog.goo.ne.jp/namagusabose/e/57431cb0534923c6470f9c9aadc64036

  • http://anond.hatelabo.jp/20140618183147

    Fランで教えていると毎年一定数こういう学生がいる。「進学校出身」「本当はやればできる」「他大に編入したい」「他大に進学したい」 だいたい続かないし、素直に話を聞けないか...

  • 自分にできることを考えてみた。

    http://anond.hatelabo.jp/20140618183147 元増田です。 予想以上に反響があって驚きました。 袋叩きになるつもりで書いたのですが、以外にも優しい言葉をかけてくれる方も多くてなんだかやる気...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140618183147

    いつもの創作クン

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん