2014-03-04

こんな夢を見た。

高校生カップル繁華街にいる。

二人はまだコトを致していないが、互いにそろそろ時期だと考えており、ラブホに入りたいと思っている。

二人は互いが制服姿であることに気がつき、繁華街の安い洋服店で買った私服に着替える。

準備は整ったが、最後の一歩を踏み出せず、二人は繁華街を行ったり来たりする。

私はそんな二人が、生徒指導の教師に見つかりはしないかとひやひやしている。

と、その時、なぜかそれとわかる、教師の携帯電話の着信音が道に響き、やがて私に朝を告げるアラーム音に変わっていった。

私はモテぬ。路端の自販機よりモテぬ。清い清い高校生時分には、夢に見た体験など起こりようも無かった。

あの二人は先生に見つかったのかしらん。それとも見つからずに、遂に思いを成就させたのかしらん。

起床後もいたずらにときめく胸を押さえながら、私は今日会社へと向かうのであった。(完)

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140304083202

記事への反応(ブックマークコメント)