2013-12-05

進撃の巨人がつまらないと思う理由

今更だけど進撃の巨人を読んでの感想を書こうと思う

8巻か9巻まで読んだかな

まず、主人公エレンの動機は家族や仲間を殺された憎しみという認識であっているだろうか

この憎しみの裏付けが致命的に浅いのである

この作品ではモブ淡々と死んでいく

死を無感動に、淡白に、ただの事象として描写する手法は好きだが、

そのように描いた死を根拠として主人公の憎しみを想像しろというのは難しい

キャラクターの描写が浅いという問題点にも通じる

読者に大きな絶望感や衝撃を与えるにはリアリティ必要である

私達と通じる、共感できる、ある程度のリアリティが無いとその想像すら出来ないのである

当然だが私達の世界人間にはそれぞれの人格があり、その人の人生がある

殺されるキャラクターにその人格人生を感じられなかったのだ

ただただ殺されるためだけに用意された木偶だという印象しかない

その感情も造形も全てが作り物だ。これはモブキャラに限った話ではない。

作品によってはその演出も有りだろう

ただこの作品については、憎しみという感情物語の根幹の部分にある

そこをないがしろにしては物語自体が崩壊してしま

事実、読んでみて全編に共通する「一本筋」のようなものが感じられなかった

主人公が怒り、巨人を「駆逐」する

その動機である感情の部分が薄っぺらいままでは全てが茶番

リアリティという側面から、この世界技術について見てみるとやはりちぐはぐさが目立つ

私も素晴らしいガジェットであると感じた立体機動装置だが

ガスタービンを利用してワイヤーの射出と巻取りを行い3D的な動きを可能にするスゴイ機械である

もちろん漫画なので少々の無理はあるが、これについて言及する必要はない。よく出来た道具だ

問題は、そのような技術があるにもかかわらず

戦車装甲車存在せず、一切の技術進化放棄してる舞台設定だ。

単純に熱くなりそうなシーンで萎えるのである

キャラ特攻した!死んだ!!第三部完ッ!となっても

「いや、その前にやることがあるだろう」と思ってしま

身一つで殴り込みをかけるというのは熱くなれるシーンの鉄板だが、

それにはそこに至る過程というのが非常に重要ではないだろうか?

戦車装甲車を出せとは言わないが、軍のような組織がある以上、

立体機動班だけで何とかしろというのはあまりにもお粗末である

まり、機動班以外は何の努力もしていないのか?という事だ

戦いにおいてはまず命の失うリスクの低い方法から取っていくのが定石である

人間だって資源なのだから無駄遣いは出来ないはずだ。それをこの世界は全て無視している

それでも最低限の技術しかない、例えば武器が槍しかないような世界ならそれも仕方ないだろう

だがこの世界には立体技術装置を作る技術がある、大きな壁を作る技術がある。

その世界の中で巨人一匹に生身で向かう様子はもはや見ていて滑稽である

まずこの世界があって、そこで人間活躍しているという図式が成り立っていない

人間活躍させるために用意されたご都合主義の箱庭である

ここでもまた作り物のにおい邪魔をしてくる


作者自身とこの漫画に大きなギャップがあるように感じる

思うに、人間を描くのが得意ではないのではなかろうか

もっと作者の良さを活かせるアプローチがあるのではないか

編集担当意図はどうなのか知らないが

非常にもったいない才能の使い方をしていると感じる

いっそキャラクターという枠を壊して、もっと俯瞰で見た進撃の巨人を読んでみたい。


そんな作品の中でも唯一魅力のあるキャラクターがいた。

ハンジという人物だ。

この人物は内面が複雑で非常に面白いキャラに仕上がっている。

一見全く理解できない行動をとっているが、

巨人に対する残虐性や研究対象としての愛情など、ひとつひとつをとって見れば非常に理解しやす

その感情が全て混ぜ合わさり、ジレンマに似た感情があることが想像できる

今この人物が何を考えているのか、どういう意図があるのか

一辺倒ではないキャラクターのそれを想像するのはとても楽しかった

巨人への見方一つとっても、人間ごとに違う見方がある筈なのである

畏怖の対象、愛情の対象、憎しみの対象、偶像として、あるいは崇拝の対象

もっと複雑で人間味のあるキャラクターがせめてあと2,3人でも居れば…と考えると

歯がゆく感じてしまう作品だった

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20131205140524
  • http://anond.hatelabo.jp/20131205140524

    自分でモノ作れない奴はせいぜいオナニーのおこぼれにあずかってかろうじて生きてろよ

  • http://anond.hatelabo.jp/20131205140524

    また出たよリアリティ(笑) 釣りかと思うくらいつまらない

  • http://anond.hatelabo.jp/20131205140524

    結局何もかもが薄っぺらいんだよね。 特に技術の発展のちぐはぐさは顕著。 そして設定が薄っぺらければ、読者も薄っぺらい。 設定の矛盾や詰めの甘さを伏線だと思ってありがたがっ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20131205140524

    ただおめーらが気に入らないのを「薄っぺらい」に言い換えてるだけじゃねーか 作品批評で「薄っぺらい」っていう単語を使う奴の意見は全くアテにならん

  • http://anond.hatelabo.jp/20131205140524

    ハンジ萌え~ってところまで読んだ

  • http://anond.hatelabo.jp/20131205140524

    進撃の巨人については、1巻がピークだったように思う。 最初に巨人という絶望感あふれる生き物が出てきて、こんな生き物に対してどのように対抗していくのだろうかとワクワクしなが...

  • http://anond.hatelabo.jp/20131205140524

    考えて読むもんじゃない けいおんと一緒であたま空っぽにして萌え~って読むもんだ

  • http://anond.hatelabo.jp/20131205140524

    「つまらない作品」に便乗して稼ぐはてブの味、さぞかし美味しいんだろうなあ

  • きづいてないんだろうな。

    anond:20131205140524 この世界のちぐはぐさってやつに。

  • 青二才さん、8巻まで進撃の巨人を読んだの巻

    http://anond.hatelabo.jp/20131205140524 http://tm2501.hatenablog.com/entry/20130514/1368534063  から何も進歩してねぇ! もしこれ書いた増田が青二才と別人物だった場合、8巻まで読んで1巻までしか読んで...

  • http://anond.hatelabo.jp/20131205140524

    釣り……だよな。 あまりにも勘違いしてる点が典型的すぎる。 まず、主人公のエレンの動機は家族や仲間を殺された憎しみという認識であっているだろうか まずその認識からして間...

  • 2クール目のOPが好きです

    http://anond.hatelabo.jp/20131205140524 まずリアリティがないというのは説得力に欠けるという意味。 現実ではあり得ないという意味に取り違える人が多い気がする。 進撃の巨人の世界観が説得...

  • レーザー水爆ミサイルってダサいじゃん

    http://anond.hatelabo.jp/20131205140524 これすごく分かる。 例えば、「レーザー水爆ミサイル」っていう単語が出てくる昔のSF小説があるって聞いて読みたい? なんか痛い感じするじゃん。ああ...

  • 進撃の巨人がつまんない理由は

    http://anond.hatelabo.jp/20131205140524 そりゃおめー、 「とりあえずキャラ一杯出して作者が動かし辛かったり、話に絡ませられなかった奴をとりあえず殺す」 みたいな話の作りだからだろ それ...

記事への反応(ブックマークコメント)