2013-11-22

困っている人の情報発信力が低すぎると思う

私は現在起業準備中で、どんな問題を解決すればよいかを考えている。

世の中には困っている人がいっぱいいるのは自明だろう。

なのに、私がいくら調べても「この問題を解決してほしい!」と書かれたブログツイート全然見つからない。

世の中には困っている人がいるのと同じく、起業してみんなが抱いている問題を解決したい人が大勢いるのに、そういった人達はどうでもいいプロダクトを作って時間無駄にしている。

これは本当にもったいない。困っている人は無責任でいいから、「私たちはこんな問題を抱えています!誰か解決して!」と情報発信してほしい。

できればより具体的な方が助かる。

お金がないか仕事がほしい!」よりも

仕事を探すときハローワークの人は役に立たないからなんとかして!」よりも

もっと便利なお仕事紹介サービスが欲しい!」の方が誰かが解決してくれる可能性は高まる

困っている人が一番問題を認識しているはずだ。困っている人ができないのは、その問題を解決する手段を思いつき実行に移す行動力・資金力だ。

それは僕らに任せて!逆に僕らが出来ないのは、問題を認識することだから

からもっと情報発信して!そしたら解決してあげるから

みんなもっと困っていることをみんなに共有してほしいと思う。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20131122183152

記事への反応(ブックマークコメント)