2013-09-18

天職は見つけない方が良い

僕は漁師の家に生まれた。

当然の様に跡取りとして育てられ僕自身も漁師となり家業を継ぐのが当たり前だと思っていた。

小学校の頃の文集へ将来の夢に漁師と書いていた。

祖父や父から漁師技術を学び取り、中学校へ上がる頃には多少の波風があろうと岸壁へ船を着けられたり、漁網の補なんてお手の物になっていた。

  

僕は小さな頃から「力持ちだ」と褒められるのが何故か無性に嬉しくて多少辛くても重いもの調子に乗って運んだりしていた。

家業毎日筋トレをするようなものから、その甲斐もあってか身体は同年代の子と比べて大きく筋骨隆々を地で行くような成長をした。

ただ僕は末弟長男であり他の兄弟は全て女兄弟であり、ちょっとだけ気が弱いところがあった。

  

実家のある場所田舎ものヤンキーがハバを利かせており、身体が大きな僕は多少の威圧感があったのかよく喧嘩を売られた。

兄弟の中で育った僕は殴り合いの喧嘩の仕方なんてわからず(喧嘩の買い方や売り方すらわからない)、気も弱いのでいつも相手を抑えつける戦法で事なきを得ていた。

  

しかしある日僕は人生で初めて喧嘩で人を殴ってしまった。今でもその感触は覚えていて、拳を思いっきり振り抜いた感触は「ガボッ」といったものだった。

僕が殴った相手はその場で崩れ落ちる様に倒れ、死にはしなかったけれど歯と顎は粉砕という重症だった。

相手へ重症を負わせたことで父は学校まで急いでやってきて、怒り狂い僕を何度も殴って蹴った。父も大きいので3人の先生がやっとのことで父を止めた。

  

僕が家に帰るなり母は言った。「あなたはもう絶対に喧嘩をしてはいけない」と。僕自身もあの感触の恐怖がありもう喧嘩しまいと心に誓った。

それから僕はどんなに喧嘩を売られても殴られるだけにして抵抗をしないようにした。できる限り他人へ威圧感を与えないように常に笑っていることを心がけた。

常に笑っていると人は集まってくるもので、僕の学生生活は今まで以上に充実したものになっていった。

  

中学3年生となって進学を考えるようになり僕はそこでも夢を追って船乗りになるための高校へ通うことにした。

色々調べると「水産高校」の他に「商船高専」や「海上技術学校」があることを知った。このどれもが卒業すると高卒以上の資格を得られた。

僕はそこで「どうせ乗るなら一度はデッカイ船に乗ってみたい!」と考えて商船高専海上技術学校パンフレット自分で請求し親と担任先生に見せた。

  

実家漁村では前例がない、そして僕の母校の中学校でも前例のない進学先だった。

後を継ぐたいていの漁師の子地元から近い水産高校普通高校へ進学するのが定番だったからだ。

親と相談した結果、商船高専都道府県すら変わってしまい何かあっても直ぐに行けないので同じ都道府県である海上技術学校なら良いという承諾を得た。

  

担任へ親の意見を伝えると「君の成績なら推薦も可能」ということなので推薦をしてもらうことにした。

実は悪い同級生と付き合いを持たなくなったので生徒会運動部、そして勉強でそこそこの力を得ており、推薦は難しいけど地元では一番の進学校へ余裕で受かる成績だったのだ。

担任は「多少もったいないけどウチのクラスの子の枠が1つ増えたと思うのなら」ということで推薦を了承してくれたのだ。

  

海上技術学校へ危なげなく進学した僕は学生寮住まいだったので先輩からちょっとだけ悪いことを教えてもらいながら海の知識と技術を真面目に取得していった。

それもこれも「大型船の新しい技術を何かしら漁師家業へ活かせたら」という考えのもとに頑張っていたからだった。

  

実際に海上技術学校で学んだ船舶機関に関する知識と技術は、夏休み中に実家漁船を整備する点で非常に役立った。今まで細かい部分であれ業者に頼んでいたのでコストダウンが出来た。

エンジンの買い替え時期には従来型2サイクルエンジンから新型4サイクルエンジンへ切り替え、燃費向上という結果も得られて、この流れは他の漁師の家にも波及した(漁師にとって燃費は非常に厄介な問題)。

新しく使われるようになった素材も海上技術学校へ通っていると僕の耳に入りやすく、僕は実家勉強の成果をどんどんフィードバックしていった。正確な数字を今はもう出せないが掛かっていた経費は2割程度下がっただろう。

  

就職する時期になり海運企業では大手国内貨物船へ就職できた。乗れるようになった船も全長100m超(排水トン4000G/T超)の国内ではかなり大きい方のものだ。

日本全国津々浦々まで行けて航海中は各海域漁船が見れ、詳しい先輩上司にその漁船情報を教えて貰って僕は非常に勉強になった。この知識を思う存分に実家フィードバック出来る日が待ち遠しかった。

こういった海の知識だけでなく経営や経理の重要性も社会人となってよく理解できたので、上陸の際に本屋へ行っては経営の本や簿記の本を買い込んで勉強した。

  

船乗りになって7年、僕は引き止める仲の良かった先輩上司機関長船長に頭を下げて会社を辞めて実家へ戻った。

実家へ戻って1ヶ月後、僕は絶望することになる。

家業を手伝いながら漁師の生の感覚を思い出しているとある日両親から呼ばれた。そして父は何度も躊躇しながら僕へ次の言葉を言い放った、

  

漁師は継がせない。俺の代でたたむ。お前が中学生の頃から考えていたことだ。漁師は今後儲からない生活が出来ないんだ。すまない漁師をしてもらうにはいかない」

  

何を言われたのか全く理解できなかった。信じられない言葉を耳にして僕の思考は完全に停止した。何を馬鹿なことを言ってるんだこの人達はと思った。

あり得ない。中学生の頃から?今更?僕は自分人生漁師になるために今まで頑張ってきたんだぞ。会社辞めるのも伝えたはずだ何で?おかしいだろ。

思考が動き出すと僕の頭の中は疑問でいっぱいになった。

  

社会人になった僕は家業が傾いていることには気づいていた。そのため僕が戻るまではと考えて35万あった手取りから僕自身の小遣いとして5万円だけ抜き、ボーナスが出ても5万円だけ抜き(ボーナスの月は小遣い合計10万円)、残りは全て実家へ収めていた。7年間毎月だ。総額1000万はくだらない額を納めたはずだった。

  

海上技術学校時代独立行政法人化したとは言え、国から金が出ていたので授業料は数千円で格安、寮費もかからない。僕の学費も相当安いはずだった。

例え僕に黙ってた漁業から大きな借金があったとしても、漁師が借りられる限界はあるし、まだ残高があっても10年以内には余裕で返せるレベルの金額のはずだ。

ヤクザみたいな借金取りが来た記憶はない。ヤミ金の筋はない。全くわからない僕が継げない理由が全くわからない。

  

税制対策に漁業法人化することを考えてた。銀行から融資も受けやすくなるはずだ。同様の漁業法人化した漁師の家の情報も集め、実際に各地の漁師からノウハウを教えてもらってた。

今後は今以上に収支の負担が間違いなく減る。僕はこの家の子だ。祖父や父の堅実的な仕事ぶりを見て育った。ドデカイ賭けに出るなんて気の弱い僕には勇気も無いから大型投資とかしたりしない。

  

なんでだ。なんでだ。なんでだ。父さん母さんなんでだよ!なんで儲けられないの一点張りなんだよ!

1週間待ってくれよ事業計画だって直ぐに作ってやるよ。他県では新しい漁法の研究や水質改善研究も進んでて、それを地元大学と一緒になってやろうよ。国の補助金も出るんだよ。

僕は皆と笑っていたいんだ。父さんも母さんも泣くなよ。僕を怒らせないでくれよ泣かせないでくれよ。いつもみたいにヘラヘラ笑っていたいんだよ。お願いだよ!!!

  

空っぽだ。僕は空っぽになった。

見えていた道筋が無くなり、どうして良いか全くわからない。父や母が引いていたレールを僕は信じて進み、そのレールを自ら強化していたら、突然その先のレールを両親は取っ払った。

家業の手伝いもその日から禁じられ何もできなくなった。

  

数ヶ月間無職で居た僕は貯蓄も底を付き始めて再び海運企業就職した。新卒で入った海運企業よりもずっと小さなところだ。

だけどやる気がでない。仕事に身が入らない。つまらないミスを何度も繰り返し、人間関係を悪くして結局数ヶ月で辞めた。

次の会社も、その次の会社も同じように辞め、僕は海での生活自体を辞めてしまった。

  

派遣に登録をし、土木解体などガテン系仕事をよくやるようになったが気持ちはずっと上の空だった。

実家に居ると涙が出てくるので再就職した辺りから実家を出ていて一人暮らしを始めていた、

  

ただ、家事のやる気がでない。学生時代新卒の頃は口うるさく掃除教育された甲斐もあり、先輩上司から「お前はきれい好きだな」と言われるような人間だったのに、この頃はTVに出てくるような「片付けられない人」の部屋のようにゴミで溢れかえっていた。

どうでも良い、そんな感情が常にあり、そしてそんな風にしかできなくなった自分嫌悪するようになった。

でも実家への送金はやめなかった。ちょっとでも両親を助けたかった。自分貧乏しても両親に辛い思いはさせたくなかった。

  

ある時僕は一人の女性出会う。年齢は同じだけど学年は一つ上の女性だ。

そこまで可愛くはないけれど妙に馬があった。その女性は賢く、僕のする昔読んだ本から得た小難しい話を黙って聞いて、更に自分意見を返してくる。僕が学生時代から苦手だった英語留学経験もありペラペラ尊敬できた。そんな女性だ。

  

つの間にか男女の関係となり、僕は「家事ができないんだ」とちょっと嘘をついて告白したら彼女はいきなり僕の部屋に掃除業者と共に来てあっとう言う間に部屋を掃除してくれた。

「良い?今の状態を出来る限り維持すること。出来ないんだったら私に言って」そう頬を膨らませて言った。

こんなに素晴らしい女性と付き合えたのに僕は家事が上手く出来ないままで、職を転々としている状態だった。

  

ある新しい職場比較的話すリーダーが僕に言った。「お前頭がオカシイと思うぞ。お前の様子を見ていると脳の病気を疑わずには居られない」

それから僕はよく考えるようになった。僕は頭がオカシイのかと。

  

彼女相談したら少し考えた様子を見せ、数時間後にいくつかのURLを僕に示してきた。精神異常のセルフチェッカーみたいなWebサイトだ。

それで彼女と一緒に検査してみたら何処のWebサイトでも「重度の鬱」という診断結果になった。

僕は彼女に言った。「これでこのまま医者に行ったら僕は鬱を自覚してダメに成ってしまいそうだ。だから医者へは行きたくない。鬱の証明書なんて要らない」と。

彼女は「あなたが行く必要があると思った時に行けば良いんだよ」と言った。

  

そこから僕は何度も職を転々とする。自分を鬱だと疑いながら職を変え続けた。

僕は悪いやつだ。こんな状態なのに彼女を独占したかった。結婚したいと物凄く強く思うようになっていた。

そして僕は彼女実家へ連れて行った。

  

結果は両親や女兄弟から大反対された。

僕の今の状況で結婚しても上手く行かないというのだ。彼女は色々と罵倒された「水商売女か?」とかそういう系のかなりひどい罵倒だ。

そして実家が結局何が言いたかったといえば「二人が結婚生活を始めてこちらへの送金が止まるのも困る」という話だったのだ。

  

僕はその時完全に察した。「あぁ儲けられないんだな」と。

そういうことだった僕は漁師よりも海運の船乗りをやってたほうが実家は儲かるのだった。外で金を作って実家に入れたほうが実家は安定して儲かるのだった。

僕は実家の金づるだった。全く気づいてなかった。僕の送金が両親を金の亡者に変えていた。

  

その夜、僕は実家を離れる時に実家との縁を完全に切った。

  

今まで居たアパートを引き払い、携帯電話の番号を変え、彼女以外の全てのアドレス帳を削除し、地元から県外へ僕は引っ越した。

全てにケリをつけようと精神科受診し、やっぱり鬱だと診断されて薬を処方された。

欝だと診断された瞬間、涙が溢れて止まらなくなり医者先生ものすごく迷惑をかけてしまった。

  

今は新しい仕事につき鬱を治そうと受診しながら彼女との結婚のためにお金をためている。もう海には戻らないけどね。

  

これが天職に生きようとした僕の人生だ。

天職を探し続ける人へ僕は言いたい。天職は失った時に他の選択肢が無くなる職業なんだ。

きっと続けられる仕事というのはちょっと辞めたいくらいの仕事なんだよ思うよ。僕みたいにはなるな。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130918010603
  • http://anond.hatelabo.jp/20130918010603

    ありていに言って不愉快な文章だな。 「漁師」はあなたになにか悪いことでもしたのか? 海があなたに嫌がらせでもしたのか? なにもしてないじゃないか。 あなたの両親があなたか...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130918010603

    最低でも2500万以上の仕送りを「1000万はくだらない」などと杜撰な表現をしている時点でご察しの経営センス 父親が正しい

  • http://anond.hatelabo.jp/20130918010603

    携帯小説採点。 推薦は難しいけど地元では一番の進学校へ余裕で受かる成績だったのだ。 大抵の場合、推薦の方が試験で入るより大変だ。この部分の文章がどれに対応してるか分か...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130918051234

      突っ込んでみる。 公立高校にも推薦はある。地方によっては普通にあるので調べてみると良い。 国内大手の海運に高卒で現業職として入ったなら7年目危険手当等コミコミで35万は割と...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130918055305

        突っ込んでみる。 公立でも推薦はあるが一部の特殊な学科だったり、結局スポーツ推薦っぽいものだったり。 地域トップ校で推薦で行ける所なんてあるのだろうか?あるならすいません...

        • http://anond.hatelabo.jp/20130918065520

          えーと、推薦の話から始めると このシステムを採用してる場所はとりあえず北海道で、漁民の町として俺の地元の例を出すと。 内申点が推薦の非常に大きいポイントを占める。つまり、...

          • http://anond.hatelabo.jp/20130918071525

            担任へ親の意見を伝えると「君の成績なら推薦も可能」ということなので推薦をしてもらうことにした。 実は悪い同級生と付き合いを持たなくなったので生徒会や運動部、そして勉強...

            • http://anond.hatelabo.jp/20130918074031

              え…。 いやあの、高卒初任給で25ある大手企業は存在しなくて、 でも7年目で手取り35は海運業なら別におかしくないってのにご納得いただけませんか? ご自分でちょっと調べれ...

              • http://anond.hatelabo.jp/20130918074949

                大変だね、やっぱり推薦取れないだけのことはあるか。 海運業ってその業界全体では給与高いだろうけど、 そもそも船乗りの給与ってわけでもないし、船乗りでも高給取りは上級資格者...

                • http://anond.hatelabo.jp/20130918082749

                  本職っぽい人の解説が出たのでそれ読んでくれよ。 ホントにそーいうカーブ描くのよ、特に上位三社ならもっと高給でもおかしくないのよ。 んで、平日の朝から増田に関しては超お互...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20130918093603

                    その本職っぽい人がそれは ヤンキー高から東大主席合格者が出る、5流大からメガバンクへ就職する、代アニ出でジョブズ と例えてるんだが。これは不可能と言う意味なんだが。 そし...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130918010603

    元記事を解説しよう。 元記事の増田と同様に、漁師の次男坊である俺は海上技術学校を経て海運業界ヘ就職している。 取り敢えず前提として、漁師の子が大型船の免許を取得しようと...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130918084505

      3ヶ月に一回益田に帰ってきてどうですか?

    • http://anond.hatelabo.jp/20130918084505

      そのどっちでもない選択をするとか俺には理解できない。元記事の増田よりこの両親は頭オカシイ。 田舎のおっさんなんてこんなもんだよ。 単純に頭が悪い。頭の悪さが度を越してい...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130918084505

      まぁ、実際は川崎汽船子会社の 「川崎近海汽船」みたいな「国内(を運行する)大手」っていう 超解釈の可能性もあると思わない?

    • http://anond.hatelabo.jp/20130918084505

      とても面白かったが結論は全然わからん あなたも次男だから家は継げなかったけど海の仕事が天命で海の仕事し続けてんでしょ? 元増田も不可解な親のせいで家は継げなかったけど、な...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130918084505

      そんなに凄い資格持ちなら体調が戻ったらすぐ開運業界に戻ってまた働けばいいだけじゃん。地元の漁師は他の誰かがやってくれんだろ。

      • http://anond.hatelabo.jp/20130918155605

        これ、資格がスゴイパターンじゃなくて 就職先がスゴかったパターンだと思う。 最初の大手やめちゃった元増田なんて、 一流企業辞めて再就職探してるリーマンと一緒で ほぼほぼ無価...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130918084505

      漁師の話じゃなく船乗りの話なんだね・・・ 勝手にがっかりするのはどうかと思うがやっぱりちょっとがっかりしたw

  • http://anond.hatelabo.jp/20130918010603

    元増田の文章がおかしいって噛みついてる人は、元増田が「治療中の重度鬱病患者」だという設定をお忘れじゃないですか。 ふつうに考えて、完璧に整合性のある文章が書けるほうが嘘...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130918010603

    途中までしかだるくて読めなかったけど、もういっぱしの大人なんだから 自分で漁師になればよかっただけちゃうの?

    • http://anond.hatelabo.jp/20130918100356

      横だけど、 独力では漁船買う為の担保も用意できないだろうし(親が協力してくれるなら家や土地を担保にできるだろうけど) 漁業権とか組合とかいう面倒くさいもんがあるだろうし、...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130918010603

    とにかく長い上につまらん 漁師が天職だと思ったのか、それを続けたのかすら全然わからんで読み進む気にならない

  • http://anond.hatelabo.jp/20130918010603

    増田は天職って言ってるけどちょっと意味が違う気もする。 純粋に自分がしたい、という要素が薄いように見える。親の期待にのっかってる部分が多いというか。 そういうのは天職っ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130918010603

    携帯小説採点書いた人は恥ずかしくて悔しくてたまらないのだろうけど おかげで素晴らしい解説者が何人もトラックバックしてくれたので あなたの突っ込みは的外れでも無益ではなか...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130918195849

      それに対するさらに的はずれな採点をした人はもっと恥ずかしいだろうけど お顔真っ赤でこんなことを言ってさらに恥ずかしいと思う

  • 漁業法人について調べてみた

    天職は見つけない方が良い http://anond.hatelabo.jp/20130918010603 ここで少しだけ触れられていた漁業の法人化 調べてみるとどうやら比較的新しい概念らしく「漁業法人化」という言葉は3.11震災...

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)