2013-06-18

http://anond.hatelabo.jp/20130613154103

上の人の「子供を産むことは親の勝手で、子供にとっては理不尽しかない」って主張はそうだなあって思うけど、それにしても、なぜそんなにその面だけを声高に主張しなければならんのか、という気がするなあ。「親には、なぜ、私を産んだのか。何度も聞きました。その理由が私にとっては納得のいくものではなくて、余計に腹の立つものでした。」っていう思いをただ吐き出したかっただけじゃないの?

ただ、俺自身も、親に対して「なんで産んだ?」って気持ちはある。「なぜ産んだ」って聞いたことはないけど、母親に「なんで父さんと結婚したの」と聞いて「普通にお見合いで。あと仕事が辛かったから」と言われたとき脱力感ったら。村上龍の「55歳からハローライフ」に、「女は20代前半で結婚するのが当たり前の時代だった」みたいな表現があるんだけど、自分が産まれたことの根拠を問うた時、単に当時そういう時代だったから、って返事されるのは子供にはつらいもんよ。

まあ俺の場合は、思春期に家庭不和があったり性格こじらせちゃったりしたから、よけいにそういう「根拠」を欲しがりすぎる面もあるのかもしれんけど。「なぜ産んだ?」って聞いたときに、自分は父親と母親の愛の中に生まれたんだ、って感じられるような答えが欲しい、ってのはある。

まー30を前にした男が言うことじゃないけど。すべてを親のせいにしてそこでストップしても何も得られん。

あと蛇足。俺の父親がいわゆる団塊の世代なんだけど、その層向けに出してる週刊誌セックス特集の最近のエグさっていったらひどすぎる。「60代でもセックスできる」とかガンガンやって、挙げ句の果てに「20代とやってから死にたい」とか、もう身も蓋もない。「とりあえず結婚」したあげくに、実際はセックスレスのくせに勝手セックス妄想してる。60代のオヤジどもが。そんなことより奥さんと子供大事しろよ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130618010627

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん