2013-06-14

無責任に「産め」と言うのは男と経産婦ばっか

ろくに話も聞かずに未婚女性に対して無責任に「産め産め」言うのは、2、3人の健常な子を産み終えて、あとは育てるだけの経産婦ばかりだ。

健常な子ばかり持てて良かったですね。あなたは良かったですね。でも他の人にもそんな良い結末が待っているとは限らない。

健常な子が生まれるか、重度障害の子が生まれるかなんて、突き詰めれば運。

風邪をひかないよう、風疹にかからないよう、薬を飲まないよう頑張っても、若いうちに妊娠しても、障害児は生まれるとき生まれる。

(そもそも育児休暇制度産後しか適用されず、感染症患者がうようよ居る満員電車妊婦を放り込む仕組みも、障害児を増やすマジキチ環境だと思う。こんな状態で首都圏子供が増えるものか。)

 

障害児が生まれたとき、実際にリスクを負うのは母親ばかり。

しつけを頑張れば障害者枠で社会人になれるかもしれないレベルの軽度の障害なら、父親が離婚を選ばないこともある。希望が見えるからだ。

しかし一生三歳児レベルの知能から成長せずお漏らしを繰り返すなど、社会参画が絶望的なレベルの重度障害になると、多くの父親が離婚して「自分人生のやり直し」を図る。

母親の一生はずっと育児に費やされる。いや、これを育児と呼んでいいんだろうか。

重度障害児の育児に、「子供が大人になっていく喜び」は無い。子供死ぬまで一生続く下の世話。これは子供介護と言っていいんじゃないだろうか。

父親から養育費をもらえるという意見もあるだろう。しか現実的じゃない。

有名人大金持ちの男は余裕があるし体裁があるから高額な養育費を払うが、月収30万くらいの普通の男は養育費を踏み倒すようになる。

男が再婚すると回収は尚更難しくなり、「新しい家庭を維持できないから」という理由で口座からの回収も行えない。

 

重度障害児の母親シングルマザーは非常に多い。

父親はDQNとは限らない。普通会社に勤める、普通男性が、母親ごとわが子を切り捨てる。

そんな現実がある中で、子持ちの男や、子の居ない男が、女に対して無責任に「産め」と言う。

「産んだら子供を持つ喜びがわかる」「できない理由を聞いているんじゃない、話は産んでからだ」「産みたくないなんて女失格だ」

平気でこんな主張をし、気持ちいい中出し一発で女を孕ませておいて、障害児が出来たら離婚しオサラバだ。

産め産めとうるさい男なんてこんな人間性の奴らばっかりだ。リスクが無いか無責任物言いができる。

お前らみたいなゴミは生まれる前に中絶されれば良かったのに。

せめて事故病気にでもかかって睾丸が二つとも駄目になればいいのに。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130614192016

記事への反応(ブックマークコメント)