2013-05-07

「昔は15、16で嫁入りしていた」

昔の女は昔は15、16で嫁入りしていた…と、鬼の首をとったように言う男たちが2chtwitter界隈に多数居るが、

当時の男も12から15歳くらいで元服、つまり成人して社会の一員となり、

一人前の男として重要責任と義務を負っていたことを忘れてはいけない。

現在の男が一人前になる年齢は、22歳だろう。大人になる年齢が5~10年も遅れているんだよ、当時と比べたら。

 

結婚は、上級武士だと20代前半、下級武士だと30歳前後で行っていた。差が生まれる理由は、親の生活費

妻が内職をしてくれる町人の家と違って、武家専業主婦が基本だから

充分な俸禄をもらっている武家は、親の生活費のことなど考えずに適齢期(20代前半)のうちに妻を迎えられるが、

家計が厳しい武家は、両親が亡くなって食費と部屋に余裕が出来るまで妻を迎えられなかった。

妻子が欲しいなら両親が死ぬのを待たなきゃいけない…。貧しさとは辛いものだね。

 

当時の基準では、若いうちに結婚できる男ほど上流、結婚が遅れた男ほど下流、という認識だった。

政略結婚では1011歳での婚約も当たり前だし、生後一か月での婚約なんて話もある。

上流であるほど「家」の利のために生きなければならないのは当たり前のことだった。

家に支配されることが上流の証であるとも言える。

 

また、上流の武家の男は再婚も可能だけれど、一般の町人はなかなか再婚できなかった。

江戸は全国から次男坊三男坊が集まり、男女比が3:1だった街。

添い遂げる夫婦は4組に1組しか無く、離婚した妻にはすぐ貰い手がつくが、離婚した夫の多くは生涯一人身となった。

「男やもめに蛆が湧き、女やもめに花が咲く」と言われたのは、夫と離別した妻が「女」に復帰するのに対し、

妻と離別した夫が「男」として返り咲く機会がほぼ与えられていないことにも理由があった。

 

処女にこだわるのは日本の古くから価値観だと主張する男も居るようだが、別にそんなことはなかった。

家康側室・茶阿局は農民の未亡人だし、お亀の方は最初の夫と死別後、別の男の側室になり、その後家康側室になっている。

西郷局も、最初の夫と二番目の夫に死なれた未亡人。その後家康側室になった。

当時の女性は、若いうちにさっさと嫁ぐし、夫が死んだらさっさと次の男に嫁ぐし、よく子供を産む。

家康側室たちも、何回か結婚してそれぞれの夫の子を産んでいたりする。

なぜそうしていたのか。当時の男は戦でポンポン死んでいた。何かあったら責任を取るだのいって腹を切らされていた。

元服したらいつ死んでもおかしくないというくらい死にまくっていた。

元服前、子供の頃にも病気などで死にまくっていた。

から早く嫁ぎ、早く子をもうけないと、家が途絶えてしまう。その危機感で熱心に子づくりしていたのだろう。

現在の男はそこまでしょっちゅう死なないので、早く子を作らないと!という危機感が薄い。

 

そのことを踏まえると、少子化対策にはリミットを設けて危機感をあおるのが最も良い方策であると思う。

たとえば、40歳を過ぎての初婚を法律で禁じてみてはどうだろう。

30代のすべりこみ婚が激増するだろうし、20代も焦って婚活に励む人が増えるだろう。

江戸時代平均寿命は40前後。死というリミットが先延ばしにされた分、法律で切るのが有効なのではないだろうか。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130507112833
  • http://anond.hatelabo.jp/20130507112833

    なんでもいいから、身なりを整えて合コン行け。

  • http://anond.hatelabo.jp/20130507112833

    そういう人工的な人口対策が決してうまくいかない、かえって深刻な社会問題をひきおこすのは、ベビーブームや、中国のいびつな人口ピラミッドで証明されている。 欧米は人口ピラミ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130507112833

    どいつもこいつも、大学行って遊んでる時点で、社会構造は歪むわけだ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20130507112833

    結婚してても仕事が忙しくて子作りなんてする気力ないわ 意味不明なこと言ってないで部屋から出ろ

  • http://anond.hatelabo.jp/20130507112833

    http://anond.hatelabo.jp/20130507112833  成人としての責任が、今の男子は昔より10年くらい遅くなってるっていうのは非常に賛同。  で、それ以外の部分でチラッと気になったので追加記入。 ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130507112833

    ただ、それだと、成人病などの因子や学歴などがわからないまま結婚することになる。 若い時点での見た目、金遣い、健康状態がよければ子孫を残せる率があがるが、そのあと成長幅を...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130507112833

    40歳を過ぎると男性精子も劣化するんだって。 肌の新陳代謝が弱くなるのと同じで、遺伝子のコピー能力が衰えてバグが出やすくなる。 その子どもは、うつ病や統合失調症など精神疾患...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130507112833

    昔の話とか何かのたとえみたいに出す必要とかあるの? 民族とか権利とかの話になるとよく昔話をもってくるけどさ ふまえたらしき答えもリミットを設けた上での自由意思とか意味...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130507112833

    最後に超展開でワロタ

  • なぜ男性の結婚年齢か上がったのか、というと女性の年収が上がったからですよ

    http://anond.hatelabo.jp/20130507112833 ほとんどの女性は『自分より年収が低い男性をパートナーに選ばない』 これはハイパーガミー、あるいは上昇婚として知られる。 だから女性の年収が高...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130508123809

      ATM婚活と言います。ちなみに、女性の化粧はサギノミクスです。 っていうか、大人になったら化粧は常識とか化粧品会社の陰謀だからねアレ わたしは風俗嬢ですって人にだけ許可す...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130507112833

    江戸の話をしてると思ったら「当時の男は戦でポンポン死んでいた。」ってどういうこと? 女は夫と死別したら後家さんとなって再婚は殆どできなかったような話も聞いたような気がす...

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)