2013-02-24

長文を有難がるのは頭が悪い証拠

賢い人は文章を短く、簡潔にまとめられる。これを「編集能力が高い」という。馬鹿は長い文章しか書けない。これは、自分の頭の中で構成が出来てないからだ。だから、だらだらとどんどん長い文章になってしまう。

たとえば日常生活の中でも、説明下手の奴の話は要領を得ない。説明上手の人間は、テキパキと必要なことだけピンポイントで話すことができる。

コンピュータプログラムでも、なるべくシンプルで簡潔なソースコードが求められる。プログラム書くのが上手い人ほどシンプルコードを書くものなのであるプログラミングに不慣れな初心者は、無駄に冗長なプログラムを書く。そしてそういう簡潔ではないプログラムバグの宝庫だ。

文章を読む側にも問題がある。特にネットで長文を有難がる奴は、単に暇が潰したいんだ。お金を払わずに、なるべく時間を潰したい。それはまるで、小学生ゲーム屋さんの試遊台で遊ぶようなものだ。クオリティよりも、いか時間を潰せるかを競う。金は無いが時間だけはある。

そして、そういうネットユーザー読書をしない。読書をしないかネットの文章を読む。なるべく長い文章を読む。ふだんから読書をして日常的に勉強している人は、ネットで文章を読むことがあっても、なるべく簡潔に書かれた文章を読む。間違っても、はてなダイアリーの人気記事などは読まない。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130224013039
  • 理系学生のよくある勘違い|ただの通りすがり

    同じロジックで、「短文をありがたがるのは、頭の悪い証拠」という内容のものもかける

  • http://anond.hatelabo.jp/20130224013039

    面白い文章は適度に長いほうがいいよね

  • http://anond.hatelabo.jp/20130224013039

    文章の長短で質を計ろうとするのは頭が悪い証拠

  • http://anond.hatelabo.jp/20130224013039

    理屈っぽい。 お前、友達いないだろ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20130224013039

    たぶん、日本語がそうさせるじゃないかなと思う。 ソース示せなくて申し訳ないけど、英語の書籍を日本語に翻訳したら結構ページ数増えるって何かで読んだことある。 各言語の表現...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130224114709

      ページ数が増えるかどうかの要素は、単語数や文章量だけじゃないんじゃないの? フォントの大きさとかも重要では? WEBサイト見てると、日本語のページは文字が大きく、英語ページ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130224013039

    たぶん、日本語がそうさせるんじゃないかなと思う。 ソース示せなくて申し訳ないけど、英語の書籍を日本語に翻訳したら結構ページ数増えるって何かで読んだことある。 各言語の表...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130224013039

    ブコメ>twitter>ブログ>書籍

  • http://anond.hatelabo.jp/20130224013039

    増田にトラバ付ける増田外の個人ブログって何なの?

  • http://anond.hatelabo.jp/20130224013039

    頭が良かろうと内容が多ければ長文にならざるを得ないのだけど、その点は考慮外なんだろうなあ。 これじゃあ、スクラッチからHello worldくらいしか書けない程度の技術力なんだろうな...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130224183235

      1つの文章で、複数の事に言及するなってことじゃないの? ま、色んなことに言及しなきゃならない議論ってのも、もちろん、あるだろうけど。

  • http://anond.hatelabo.jp/20130224175755

    学歴だけが人生で唯一誇れるものだったんだね(にっこり 長文を書くのは頭が悪い奴とか言ってる奴がいるから、長文を書く君は論破してくれば。 http://anond.hatelabo.jp/20130224013039

  • http://anond.hatelabo.jp/20130224013039

    説明書を読むオッサン、講義を聴く大学生が言ってるならわかるけど 文章の種類の違いかなあ 体験談とか笑い話とか主張とか、そういうの簡潔にしたって無味乾燥でしょ 冗長もレトリ...

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)