2012-06-17

家族会議したことで、薄々感づいていたことがはっきりした。

http://anond.hatelabo.jp/20120616122645

とても長い話し合いだったので、なるべく簡潔に書く。

 

  • 父の発言

息子が事業を継がなかった場合、娘婿に継いで欲しいと思っていた。

より将来性のある婿をもらうために、女の魅力を磨いて欲しかった。

娘にそれを中傷と受け取られているとは思わなかった。

 

  • 母の発言

夫が娘の教育投資に反対していた時、説得したのは私。

より将来性のある婿候補は良い学校に居るから、娘も良い学校に言ったほうが良いと夫に言った。

本音は、娘の学びたいという意志を尊重したかった。

 

  • 父の発言

本当は息子に教育投資をしたかった。しかし息子が応じなかった。

馬鹿だと繰り返し言ったのは、そうすれば悔しがって勉強するだろうと思ったから。

従業員から馬鹿にされないよう、立派な学歴を持っていて欲しかった。

 

  • 弟の発言

自分経営者に向いていないし興味も無い。

父が跡を継がせたがっているのは感づいていたから、それ以外の方法で生きる方法を考えてきた。

小学生の頃、少年スポーツチームの監督に、実業団という道を教えてもらった。

実業団に入れなくても、スポーツで実績をあげていると企業の受けが良いので、会社員として生きていくつもり。

 

  • 父の発言

勝手に高校を決めた頃から、息子には継ぐ気が無いのではとわかっていた。

から娘には大学在学中に婿を決めて欲しいが、彼氏が居るそぶりも無いので心配だった。

 

  • 私の発言

結婚するつもりは無い。

仮にしたとしても、経営者として的確かどうかを基準に配偶者を選ぶつもりは無い。

 

  • 母の発言

夫は娘を大卒後に事務員として雇おうとしていたが、娘が外に出たがっていることもわかっていた。

息子も、夫より少年スポーツチーム時代監督を信頼していて、外に出たがっていることもわかっていた。

 

  • 父の発言

二人とも出て行くなら会社の将来はどうなるんだ。

 

  • 弟の発言

向いていて望んでいる人間に託すべき。

父が会長になった会社社長をやるのは、御免。

 

  • 私の発言

弟と同意見。向いていて望んでいる人間に託すべき。

私は、父や弟や夫の部下になりたくない。就活をして外の会社就職したい。

 

  • 父の発言

育てた恩をこのような形で裏切られるとは思わなかった。

 

  • 弟の発言

正社員の口があるなら高卒就職も考えている。

20歳を過ぎれば養育義務も無くなる。就職して家を出たら、血のつながりのある他人。

 

  • 父退出

 

  • 母泣く

 

  • 弟退出
トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20120617124645

記事への反応(ブックマークコメント)